FC2ブログ

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関節技にスポットを当てた異色のライト系プロレス漫画

 関節技リョナが好きな者にとって嬉しすぎる漫画を手に入れました!
 須磨ヨシヒロ『その気にサブミッション』です。1995年にヤングジャンプ・コミックスとして刊行されました。
 巻末の初出情報によれば、『週刊ヤングジャンプ』へ月1連載されていたようです。
 忍者の末裔がマスクで素顔を隠し、ストレス発散のため、関節技を駆使して女性と戦うシーンが満載の素敵な作品でした!
 美麗な作画の漫画が増えた現在、女性の描き方やセクシー描写に(口の悪い言い方になりますが)泥臭さを感じるものの、みやすのんき氏の名作「やるっきゃナイト!」を思い出させる、どこか懐かしい画風です。

ヤングジャンプ・コミックス『その気にサブミッション』カヴァー
(C)須磨ヨシヒロ/集英社

 本作が雑誌連載されていた当時の須磨氏は熱狂的プロレスファンだったそうで、「遺書(あとがき)」と題した巻末のコメントにて「月に1,2回は必ず観に行ってたし、毎週木曜日発売のプロレス雑誌、早売りで読みたくてよく水曜日の夕方に神保町の本屋まで行ってた」と述べています。
 しかし、同文中では「おタク色が強く、プロレス、マスコミもそれを思いっきりあおって」という点にイヤ気がさし、プロレス熱が醒めていったともカミングアウトしており、『ショー』ではなく『見せ物』という方向へ進み始めたプロレスを残念がっていました。
 穿った見方かも知れませんが、「クソ真面目な部分と、うさんくさい部分が見事なまでに同時存在できること」こそ「プロレスの魅力」(以上、カバー袖のコメントより引用)だと言う須磨氏にとって、本作は見せ物化したプロレスへのアンチテーゼに思えます。

 個人的な視点からの判定となりますが、コミックスに収録されている全8話のうち、関節技リョナという視点から楽しめるエピソードは2話だけでした。
 第一話「ROUND1.マスクマン登場!」、第四話「ROUND4.OB魂」です。
 前者では女子短大のプロレス同好会長を、後者ではガチ路線の女子大プロレス同好会メンバーを、それぞれ相手に複合関節技が披露されます。

「ROUND1.マスクマン登場!」より
(C)須磨ヨシヒロ/集英社
「ROUND4.OB魂」より 「ROUND4.OB魂」より
(C)須磨ヨシヒロ/集英社

 作風やテーマに好みが分かれるかも知れませんが、少なくとも、私は本作を「ちょっとエッチな関節技メインのプロレス漫画」として楽しめました。
 二十年以上前のコミックスなのでブックオフなどの中古書店での入手が難しいかも知れませんが、見かけたら即決購入しても損はないと思います。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryonablog475.blog2.fc2.com/tb.php/783-8f3e736a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (86)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (16)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (43)
鉄拳・スト鉄 (92)
漫画・絵物語 (107)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (36)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (134)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。