FC2ブログ

2017-07

サディスト未亡人とマゾヒスト美青年(浜尾四郎「マダムの殺人」より)

 検事、弁護士、貴族院議員という錚々たる職に就きながら、多忙の傍らに文筆活動を行っていた浜尾四郎氏は四十歳という若さで夭折しました。
 遺された作品数は決して多くありませんが、戦前期には珍しい論理的な謎解きを追求した「鉄鎖殺人事件」や法の権力をテーマにした「殺された天一坊」など、現在でも読むに堪えうる長短編を書いています。

 お固い職業がズラリと並ぶ職歴を見た限り、浜尾作品にお色気趣味やアブノーマル要素が盛り込まれる余地はないと思われる方も多いと思いますが、そんな事はありません。
 その格好な一例として、昭和6年に『朝日』へ発表された短編「マダムの殺人」が挙げられます。
 貧しい美貌のボーイが有閑未亡人に見染められ、プライベートな付き合いで可愛がられるようになりましたが、やがて本性を現した未亡人の罠によって破滅の道を突き進んで行く、という内容です。
 過激な表現があるせいか、私が読んだ平凡社の「現代大衆文学全集」収録版では文章削除箇所(本文中に「○字抹殺」との記述があります)がありました。

 この未亡人には加虐趣味があり、言葉巧みに別荘へ呼び出したボーイの木村正彦を肉体的&精神的に拷問します。
 最初は困惑した木村ですが、やがて、惚れた未亡人のためなら殺されてもいいと思うようになりました。それが悲劇的結末への序曲になるとも知らずに……。


 『正彦、あんた私すき? そう、それじゃ私のためにどんなにでもなる?』
【中略】
『正彦、何されてもいい? ほんとに?』
【中略】
 はっと思って起き上ろうとした時、彼の額の所にいきなりマダムの右手がおりて、動かさぬように押(おさ)えつけた。
『今こそ私が待って居た時が来たわ、私はこの日を何年待っていた事だろう。正彦、今こそ私の望みがかぬんだわ、ねえ、正彦私がほんとうに望んで来た時は今なの――正彦、お前今自分のからだがどんなになっているか見える? え?』
 狂気のように興奮したマダムの声をきくと彼はいきなりはね起きようとした。全身に力を入れた刹那、首、手足に烈(はげ)しい苦痛を感じた。

【中略】
『お前のようなきれいな青年をこうやって苦しめたかったの、それが私の一生の願いだったの。苦しいの? 痛いの? もっともっと苦しめてやるわ、だってお前、何をされてもいいって言ったんじゃないの』
【中略】
 彼は列車の中でまだづきづき痛む手首や両乳のまわりや足をなでながら何とも言えぬ幸福な感じを味(あじわ)った。
【中略】
 その夜、家にもどって彼は眠なかった。鎖、縄、鞭、針こんなものが闇の中で彼の目にうつって仕方がなかった。
『ほんとにどんな目にあってもいい、殺されたっていい、あのマダムにならば』

≪平凡社『現代大衆文学全集続第18巻 新選傑作探偵小説集』P824~828≫

『殺されるのも平気? 私はほんとに殺すかも知れないわよ。いいえ、いやもっとそれ以上の苦しみを味(あじわ)わすかも知れないわ』
『何でもいいんです、さ、早く苦しめて下さい』
 はじめて鞭の雨が身体に加わった。
 数時間緊縛されていたせいか、この夜の彼の苦痛と喜びはあのはじめての夜の何十倍だったか判(わか)らない。

【中略】
 約束の日は来た。
『俺は殺されるかも知れない。しかしマダムに殺されるとは何という幸せだろう。どんな幸福な死だろう』

【中略】
『正彦、あんたほんとに決心が出来てるの』
『ほんとですとも、奥さん、殺して下さい。ね、どんな苦しめてもいいんです。嬲(なぶ)り殺しにでもして下さい。ほんとにお願いです』

≪平凡社『現代大衆文学全集続第18巻 新選傑作探偵小説集』P833~834≫


 この後、完全犯罪を企てるマダムの陰謀が明らかになり、殺人容疑で逮捕された木村の裁判を経て、物語は意外な結末を迎えます。
 ネタバレになるのでマダムの企みや木村の末路は書きませんが、本作は桃源社から刊行された『浜尾四郎全集』第1巻に収録されており、相互貸し出しを利用すれば同書を所蔵していない図書館にも取り寄せできるので、興味のある方は『浜尾四郎全集』で「マダムの殺人」を読んでみて下さい。
 今回は引用元のテキストには前掲書「現代大衆文学全集」を用いました。読み易さを優先して旧かな・旧漢字は現代文調に修正をし、総ルビ表記も読み難い漢字にのみルビをつける表記にしています。



【追記】仕事で国立国会図書館に出掛ける機会があったので、同館内のコンピュータ端末でのみ閲覧できる『朝日』昭和6年1月号のデジタルデータを確認したところ、「マダムの殺人」は初出発表時から伏字処理されていた事が判明しました。(2015年8月11日・記)
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryonablog475.blog2.fc2.com/tb.php/693-1ba6878f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (86)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (16)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (43)
鉄拳・スト鉄 (92)
漫画・絵物語 (107)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (34)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (131)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR