FC2ブログ

2017-04

星村眞姫那のサービスショット

 赤人義一氏の初連載作品「屍姫」が完結してから早くも半年が経ちました。
 2003年に漫画家デビューしてから赤人氏の創作活動は「屍姫」だけに集中していた感があり、充電完了後の新作に期待が高まります。
 本作は2004年に読切作品として発表された後、主人公を変更して長編化され、2005年から2014年まで足掛け十年に亙って『月刊少年ガンガン』へ長期連載されました。原作とは異なる展開でアニメ化もされ、2008年から2009年にかけて全25話が放送されています。
 複雑な設定と壮大なスケールの物語なので内容紹介は控えますが、「シャーマンキング」(武井宏之・作)のような宗教テーマのアクション漫画が好きな方には興味深く読める作品だと思います。

 原作者のポリシーなのか、どんなに激しいバトルシーンでも絶対に女性キャラクターはパンチラせず、主人公の星村眞姫那(まきな)からして、スカートの襞を垂らす鉄壁によってパンチラやパンモロするショットは一度も見せていません(>_<)
 スカート姿の女性が多く登場しながら、一回としてパンチラさせない徹底した拘り。ここまでくると、赤人氏のポリシーには尊敬の念さえ覚えます。

 決してパンチラやパンモロを見させなかった作者ですが、物語終盤に至り、エロス満点な極上のサービスショットを描いてくれました!
 悲しい因縁で繋がった北斗と眞姫那の最終決戦、二人は壮絶な死闘を繰り広げますが……これまでのお色気封印が嘘と思えるシーンが惜しげもなく投入されているのです。
 二人の最終決戦はコミックス第24巻で堪能できますが、ここでは最も過激なシーンをチラッと御紹介しましょう。

 双子の兄・星村黒白を倒した眞姫那は宿縁の相手である北斗に神丹酒(ソーマ)を与え、双方とも万全の状態で決着をつけようと提案します。
 半裸体に巨大なムカデを巻き付けた北斗、ボロボロのセーラー服を着た眞姫那。
 三十分が経ち、肉体と体力を完全回復させた二人は縁を絶つ最後の戦いに臨みます。
 最初の攻撃はクロスカウンターの形で両者ともにダメージを受けますが、息つく間もなく北斗は眞姫那の首を両足で挟み、豪快な投げ技を決めました。
 頭部が地面に突き刺さった眞姫那の無防備な股間を眼前に見た北斗は口を大きく開け、汗の流れるムッチリとした眞姫那の太腿に噛みつき、乙女の柔肌を食いちぎります!

星村眞姫那VS北斗(太腿への噛みつき)
(C)赤人儀一/スクエアエニックス

 太腿の肉を食いちぎられながらも眞姫那は必至で反撃しますが、存在強度が下がっている不利な状態に加え、北斗の体を守る大ムカデ(正体は【七星の】狭間)の攻撃にも気をつけねばならず、二人の強敵を相手に苦戦を強いられます。
 片足を失いながらも狭間を倒した眞姫拿ですが、ハイキックという大技の隙をつかれ、両足を大きく開いた格好で体を地面に叩きつけられ、上からの圧迫で身動きがとれなくなります。
 骨の軋むダメージに耐える眞姫那。その臍へ北斗は二本を突き刺しました!
 臍から血を噴出させながら、眞姫那は苦痛に喘ぐ表情を浮かべながら苦痛の悲鳴をあげます。

星村眞姫那VS北斗(大股開きダウン)
(C)赤人儀一/スクエアエニックス

 絶体絶命の状況下、最後の力を振り絞った眞姫那は見事に形勢逆転。
 死力を尽くして戦った相手を抱きしめ、悲しみに満ちた表情で「さようなら わたしの 人生の……宿縁」と言いながら、北斗の頭を握り潰しました。
 長い戦いを終えた眞姫那は北斗を埋葬した後、月明かりが照らす夜空の下、自身の契約僧である花神旺里の腕の中で満足げな微笑を浮かべ、屍姫としての死を迎えます。

 眞姫那と北斗の最終決戦を完全収録したコミックス第24巻は全体的にエロチックなバトルシーンが多く、ソフトリョナの好きな読者ならば価格以上に楽しめる一冊です!
 黒白の術によって空中で拘束されて胸を鷲掴みされたり、美しい太腿をアップで見せながら法具を蹴飛ばすシーンがあったり……。
 屍姫になった当初の眞姫那を描いた巻末収録の番外編では、屍の操る長い髪で両手両足を封じられ、破廉恥なポーズで全身を切断されそうになるピンチシーンも見られます。

 最後の最後に作者が大盤振る舞いするサービスショットの数々。リョナラーならば、是非とも自身の目で確認してみて下さい。2014年11月に発行された新刊なので、まだまだ余裕で入手可能です。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

素晴らしきムッチリ太腿

 「屍姫」連載初期の頃は読んでいましたが、あまりお色気要素が無かったので読むのをやめていたのですが、今回ムッチリ太腿かぶりつきシーンを拝見した瞬間コミックス第24巻は絶対にチェックしなければと思いました(笑)。右太腿にかぶりついている時に、左脚を鷲掴みにしている所がまた邪な妄想を膨らませてくれるいいスパイスになっていますな~。

『屍姫』第24巻は買って損がありません!

>ゼロ様

 >「屍姫」はお色気要素が無かったので読むのをやめていた
 私も連載初期で挫折しました……。
 たまたま、ブックオフで手に取った第24巻が神クオリティの内容だったので驚き、遡って「お色気シーン」がないか既巻をチェックしたのです。
 それなりのピンチショットはあるものの、やはり第24巻を超えるセクシーバトルはありませんでした(強いて挙げるとすれば、第12巻に見られる潤子=バロックの胸ポロくらいです)。

 >左脚を鷲掴みにしている所がまた邪な妄想を膨らませてくれる
 同意ですw
 しかも、太腿に汗が流れており、これも妄想を膨らませるスパイスになっていました。

 お色気要素満点の『屍姫』第24巻、これは絶対に『買い』です!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryonablog475.blog2.fc2.com/tb.php/645-51595ea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (84)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (15)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (40)
鉄拳・スト鉄 (87)
漫画・絵物語 (106)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (34)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (127)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR