FC2ブログ

2017-07

「DOA5U」における、苦悶顔アップ撮影の限界アングルを検証

 様々な機能と豊富なDLC(ダウンロードコンテンツ)により、発売から一年近く経っても「DOA5U」は遊び飽きません。
 この神ゲームの醍醐味は幾つもありますが、私見では、保存した対戦動画のスクリーンショット撮影が最高の機能だと思っています。
 そういうわけ(?)で、今回はスクリーンショット撮影機能をお題にしてみました。

 まずは復習を兼ね、撮影モードにおけるボタン操作について紹介します。
 撮影は【WATCH】モードより、「CPU vs CPU」(リアルタイム対戦)、「REPLAY」(データ保存動画の再生)から選択可能。
 CUP対戦の鑑賞開始や保存された対戦データを再生した後、試合開始直後から撮影モードは有効(キャラクター登場シーンはキャプチャー不可)となり、以下のようなボタン操作で撮影設定ができます。
 いずれもPlayStation3専用のソニー純正コントローラーでのボタン操作となり、外部メーカーによるコントローラーでの撮影設定は確認できていません。


 スタートボタン:メニュー画面表示
 セクレトボタン:画面上の表示を隠す(一回でタイムバー、二回で体力バー、三回目で非表示解除) ※再生時のみ。
 上ボタン:ズームアップ
 下ボタン:ズームアウト
 右ボタン:一時停止解除(動画再生中は無反応)
 左ボタン:動画の一時停止
 ○ボタン:メニュー項目の決定 ※メニュー画面時のみ。
 △ボタン:F値(絞り値)変更に使用(△ボタン+上ボタンor下ボタンで値変更) ※カメラ起動時のみ。
 □ボタン:カメラモードへ移行/カメラモード解除
 R1ボタン:シャッター  ※カメラ起動時のみ。
 R2ボタン:画面90度回転(時計回り)  ※カメラ起動時のみ。
 L1ボタン:カメラ視点調整(1Pキャラ、2Pキャラ、画面中央から切り替え可能)
 L2ボタン:画面90度回転(反時計回り)  ※カメラ起動時のみ。
 右スティック:カメラ位置移動(上・下・右・左)
 左スティック:カメラのアングル回転(キャラクターの周囲360度、上下は移動制限あり)


 カメラモードには一定の制限がかけられており、下着の食い込みが見えるまでズームアップさせたり、崖っぷちデンジャー技の発動中にカメラ位置を移動させたり、そういう事はできません。
 後者については、システム面でのバグを利用した有名な裏技(「DOA5U カメラアングル解除」でGoogle検索するか、RPK氏のブログ記事「【DOA5U】禁断の視点固定技術【Ver1.05】」を参照して下さい)があり、バースのファイブポイントデストロイヤーによる女性キャラクターの恥ずかしい恰好をズームアップで見られる事が確認されています。
 当ブログでは、カメラが近づける限界ギリギリの距離を調査し、前者について検証してみました。

 ズームアップ限界の検証対象は、『表情』、『バスト』、『股下』の三箇所です。
 ティナのロデオホールド(6,6+T)、Alpha-152のB.A.R.S.T(2,3,6+T)、ミラの腕十字固め(サイドポジション中にT)、バースのダイブボマーフリーキーボムビッグベアレイジ中に2,8+T)を使い、画面回転機能は使用しませんでした。
 やられ役に選んだのはマリー・ローズと女天狗です。体格などにより、二人以外のキャラクターではズームアップ限界値に誤差があるかも知れません。
 また、検証結果は当ブログの調査によるものであり、この報告が絶対に正しいという保証がない事、事前に御了承下さい。
 本記事中、やられ役については「対戦相手」と記しました。


【表情】
 ミラの腕十字固めを除き、かなりの距離までカメラをズームアップできました。
 ロデオホールドではティナ、B.A.R.S.TではAlpha-152、ダイブボマーは画面中央にカメラ視点を合わせる事で、マリーや女天狗の睫毛が見えるくらい近寄れます。
 各技を徹底的に調べたところ、最も近距離まで寄れたのはB.A.R.S.Tでした。
 非常にシビアなタイミングですが、Alpha-152の攻撃で対戦相手が吹っ飛ばされてから地面へ落下する少し前で再生に一時停止をかけ、カメラ視点をAlpha-152に合わせます。
 カメラ位置を右端まで寄せてから上向きにし、左へアングル回転させると上空の対戦相手を捉える事ができるので、そこで微調整すればAlpha-152の攻撃を受けて悶絶する女性格闘家(に限りませんが)の苦悶顔が相当の近距離で拝めます!
 文字での説明が難しく、記事を読んでも限界ズームアップに迫る方法は理解し難いでしょうが、説明下手な点については御容赦願うしかありませんorz
 ロデオホールドについては、こちらの過去記事を参照して下さい。
 腕十字固めは非常に簡単。関節技が極まった瞬間に一時停止をかけ、カメラ視点を対戦相手に合わせてズームアップさせるだけです。当ブログの調査では、この操作だけでも相当の距離まで近寄れました。
  以下の画像は左から順番に、B.A.R.S.Tロデオホールド腕十字固めとなります。
苦悶顔アップ(BURST) 苦悶顔アップ(ロデオホールド) 苦悶顔アップ(腕十字固め)
(C)撮影:新京史朗/著作権:コーエーテクモゲームス

【バスト】
 Alpha-152のB.A.R.S.T以外、バストに視点を合わせたズームアップは確認できませんでした。
 腕十字固めダイブボマーはダウンポーズ等の都合で対戦相手のバスト部分が見られず論外、ロデオホールドは画面回転がなければバストへ近寄ったショットは撮れなかったからです。
 バストへのズームアップ限界まで近づく方法は、基本的に上記の【表情】と変わりません。どこを写すかの違いだけです。
バストアップ
(C)撮影:新京史朗/著作権:コーエーテクモゲームス

【股下】
 どの技も近距離までズームアップできるものの、腕十字固めは他の技に一歩及びません。
 ロデオホールドはティナが相手の体を離すタイミングで一時停止をかけ、ティナにカメラ視点を合わせるだけで簡単に超接近できます! このズームアップが限界ギリギリではないでしょうか。
 バースの技はフリーキーボムなので縛り違反となりますが、ダイブボマー派生技の一発目という事で例外的に採用しました。
 対戦相手の体が叩きつけられた瞬間に一時停止をかけ、バースにカメラ視点を合わせてからアングルを右端まで寄せ、カメラを左回転させて対戦相手の股間周辺まで移動させれば、かなりの距離までズームアップできるようになります。
 そこそこの接近が可能な腕十字固め、どのアングルでも限界ギリギリの接近に対応しているB.A.R.S.T、これらのズームアップ方法は基本的に【表情】と変わりません。
 以下の画像は左から順番に、ロデオホールドフリーキーボム腕十字固めB.A.R.S.Tとなります。
股下アップ(ロデオホールド) 股下アップ(ダイブボマー) 股下アップ(腕十字固め) 股下アップ(BURST)
(C)撮影:新京史朗/著作権:コーエーテクモゲームス



【付記】
 9月最初の更新記事で取り上げた女天狗のパンティカラーについて、○+△ボタン決定カラーを調べ忘れていました。
 ブログ閲覧者の方から指摘があり、遅まきながら第四の下着カラーをチェックしたので以下に検証画像を載せます。
 チェック漏れを御指摘下さった無名様、どうもありがとうございました。
女天狗の下着カラー(DLCコスチューム)
(C)撮影:新京史朗/著作権:コーエーテクモゲームス
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

マリーの苦悶顔も良いですが、女天狗も中々の表情ですよね。
恒例のバスターやられでも、いい表情をみせてくれるので、購入してよかった実感できました^^

また、記事の紹介、有難うございました。
ああいうお遊び要素を残してくれているコエテクさんに、感謝ですねー

苦悶顔の超アップ!

 DLCの追加キャラは三人とも苦悶顔の作り込みが細かくて良いですよね(フェーズ4はかすみとコンパチですが……)。
 バイマンやミラの関節技、ティナの投げ技に苦悶するマリーと女天狗の表情は神クオリティですw

 >恒例のバスターやられ
 特訓の末、なんとかカメラ解除成功率を高められるようになりました。
 その余禄で嬉しい発見も……。
 詳細は画像準備完了後、ブログへ書きます!

 お薦めのエリョナ技があれば、是非ともお知らせ下さい!
 どうしても自分一人ではワンパターンとなってしまいますので。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryonablog475.blog2.fc2.com/tb.php/583-0142bea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (86)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (16)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (43)
鉄拳・スト鉄 (92)
漫画・絵物語 (107)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (34)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (131)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR