FC2ブログ

2017-08

長寿アニメ、劣化の悲劇(新稿)

 昨年末に続き、アニメ版「サザエさん」へ三度目の意見を書きたいと思います。
 電力の無駄使い番組と微妙にコラボしたオープニングを含め、2014年7月28日放送分の「サザエさん」(以下、突起なき場合の「サザエさん」はアニメ版を示します)は『アニメーションのプロ』が作っている作品とはお世辞にも言えない原作レイプのレベルまで低下しており、未だに怒りが心の中で煮えたぎっていますので……。

 本日の記事は一視聴者の偉そうな物言いであり、「そこまで批判するくらいなら「サザエさん」を見ければいいだろう」とのお叱りを受けるかも知れません。実際、批判記事を書くためではありませんが同番組を録画していますので……。
 ですが、原作漫画も含め、子供の頃から「サザエさん」という作品に親しんだ者としては一言物申したく、叱咤覚悟で自分の意見を書いてみる事にしました。
 なお、本記事も「サザエさん」へのネガティブ・キャンペーン的な意図はなく、あくまで一視聴者の意見として思う事を勝手気ままに書いています。
 個人のグチ、エセ評論、ネガキャン記事を好まない方は、閲覧にあたり上記の点を御注意下さい。


【オープニング】
 靴も履かず、お玉を片手に持ったまま路地へ飛び出し、魚をくわえたノラ猫を追いかけるサザエさん。
 一番の歌詞をイメージ化したつもりでしょうが、なんとも稚拙な演出です。
 ゲスト出演グループが歌うオープニングテーマの二番も……まあ、なんと言うか、正直に言えばHETAでした。
 宇野ゆう子さんと比べては酷かもしれませんが、一応は『歌手』として活動もされているグループの歌唱力とは思えません。
 こうした安易なタイアップに頼る(タイアップせざるを得ない)ようでは「サザエさん」も堕ちたものです。

【第一話 星空の映画会(脚本:雪室俊一】
 時の流れが止まった『サザエさんワールド』ですが、小学校の校庭で野外映画を上映する時代錯誤な設定に唖然とさせられました。
 雪室俊一氏は(アニメ版)「キテレツ大百科」でも野外映画ネタを含む昭和三十年代のエピソードを多用しており、よほど、楽しかった幼少時代の思い出世界から抜け出せないようです。視聴者を置き去りにした懐古趣味のゴリ押しには興醒めさせられました。
 ベテラン脚本家の書いた話でありながら、放送された三話のうち、この話が一番面白くありません。
 相変わらずツッコミどころ満載の脚本でしたが、強いて一つを挙げるとすれば、海平と波平が幼少時から東京にいたような描き方をされている点です。二人が福岡県で少年時代を過ごした事は原作でもアニメでも描かれており、原作者公認設定とも言えます。それなのに本作を見る限り、海波兄弟とダイゴ(ガキ大将だった海波兄弟の同級生)は東京育ちの印象でした。
 余談ながら、ダイゴに脅されて映画鑑賞の席を譲る波平(海平?)の情けない喋り方が「ちびまる子ちゃん」の永沢君にしか思えず、二代目の波平に茶風林さんを起用した事がアダになった印象です。

【第二話 ぼくはヒーロー(脚本:浪江祐史)】
 あまり記憶にない脚本家の作品ですが、原作ネタの繋げ方やオリジナルキャラクターを絡ませたストーリー構成は雪室氏よりも上手かったです。
 川に落ちた野球ボールをサザエが長い竿で取った後、足を滑らせて川の真ん中に取り残される場面、演出が下手なせいか、「あの立ち位置と川底に刺さった竿で、ああなるのか?」と疑問に思わせるオチへの繋げ方になっていました。
 伊佐坂先生から大事な手書き原稿を貰いながら、予期せぬトラブルに遭遇する危険性の高い野外で内容確認(それも膝の上に乗せたまま)するノリスケの描写が強引だった以外は手堅くまとまっており、蛇足的な夢オチさえなければ面白い話でした。

【第三話 笑顔のレシピ(脚本:中園勇也)】
 ゲスト出演者のためのエピソードで「サザエさん」らしさが微塵も感じられず、露骨なタイアップにゲンナリさせられ、そこへゲスト声優のHETAな演技がトドメをさして下さいました。
 こんな駄作が公式エピソードとして放送するとは……。
 あえてツッコミも苦情も言いませんが、やはり一点だけ物申しますと、タッチの差で特売のジャガイモを買いそびれた料理人はサザエの申し出に対して「五十人分のジャガイモが必要」と言っていますが、特売ジャガイモ一袋を買ったところで数が足りるわけもなく、結局は通常価格でジャガイモを買うハメになります。
 サザエ一家とゲストキャラクターを出会わせるためのキッカケ作りへマジレスするのも大人気(おとなげ)ありませんが、苦笑を通り越した失笑レベルの強引さに呆れ、あえてマジレスしてみました。


 感情的な文章の目立つ長文乱文になりましたが、最後まで本記事を読んで下さった方々には厚く御礼申し上げます。
 また、余計なトラブルを避けるため、一部表現を曖昧にしました。読み難い文章だったかも知れませんが御了承下さい。



【付記】
 昨夜もRPK氏と「鉄拳Revolution」でオンライン対戦を行いましたが、その報告記は日を改めてアップします。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

長寿アニメ、劣化の悲劇(新橋)

v-12サザエさんたまに見ますよ劣化の悲劇なんですね・・・おはようございますそれではさようなら

新作よりも旧作を……

名無しさん様

 古くからのファンだけに、近年の劣化ぶりは悲しくてなりません。
 声優交代が顕著な2002年以降、『時報』代わりとして「サザエさん」を見ています。

 版権の関係もあって難しいかも知れませんが、リアルタイムで見た事のない人が多い過去のエピソードを再放送していただきたいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryonablog475.blog2.fc2.com/tb.php/565-185f5a18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (86)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (16)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (43)
鉄拳・スト鉄 (92)
漫画・絵物語 (107)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (34)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (132)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR