FC2ブログ

2017-10

美女の悶絶に快感を覚える男(高木彬光「蛇の環」より)

 自分の尾に噛みついて環となったヘビの図案をウロボロスと呼び、始まりや終わりという概念がない完全なる物の象徴とされています。
 ウロボロスのイメージは一匹の蛇ですが、それでは二匹の蛇を用意して互いの尻尾を喰いつかせて相手を呑み込ませたらどうなるか?
 実際には両者が途中で力尽き、互いを噛み合った環の状態で死亡するものと思われますが、論理だけを進めていくと3つの回答が導き出されるようです。

 高木彬光氏は上記の問題(互いを噛みつく蛇の環は最終的にどうなるのか)を短編「蛇の環」のテーマに用い、怪奇的な雰囲気の漂う探偵小説として仕上げました。
 本作は、ラジオ番組の放送座談会に出演した神津恭介がスタジオで「蛇の環がいちばん怖いと思いますねえ」と発言する場面から始まります。
 この座談会が放送された二日後、神津は放送を聞いた旧知の松隈警部補から「蛇の環の腕輪をした女が変死した」と電話で知らされ、そこから複雑な人間関係が織りなす連続殺人事件へ関わる事になりました。

 第二の殺人が起こった後、連続殺人に関わる神津は座談会の司会者だった水町幻一からアドバイスとも謎掛けとも受け取れる不思議な一言を聞かされます。
 事件解決のヒントになる意味深長な言葉を投げかける前、水町は貧血で倒れた女性を解放する神津へ次のように言いました。


「神津さん、あなたは案外フェミニストなんですね」
「ぼくはただ人間でありたいと思うだけなんです」
「ぼくはそれとは反対に、きれいな女の子が苦しむのを見ていると、なんともいえない快感をおぼえるんですよ」
 幻一はにたりと悪魔的な微笑を浮かべた。

≪春陽文庫『神津恭介傑作推理 殺人シーン本番』P269≫


 悪魔的な微笑を浮かべながら自分の性癖を吐露する水町幻一。彼も苦悶する女性の姿に興奮を覚えるリョナラーだったようです。

 余談となりますが、本作の読了後にノン・シリーズの短編「女の復讐」(論創社『論創ミステリ叢書43 高木彬光探偵小説選』に収録)を読んでみて下さい。
 こちらでも同じ密室トリックが使われており、その扱い方を読み比べられます(ネタバレを含む箇所は文字の色を変えました)。


人形はなぜ殺される 新装版 高木彬光コレクション (光文社文庫)人形はなぜ殺される 新装版 高木彬光コレクション (光文社文庫)
(2006/04/12)
高木 彬光

商品詳細を見る
 ※「蛇の環」収録。
高木彬光探偵小説選 (論創ミステリ叢書)高木彬光探偵小説選 (論創ミステリ叢書)
(2010/01)
高木 彬光

商品詳細を見る
 ※「女の復讐」収録。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

返礼

 レスポンス、どうもありがとうございました。
 こちらこそ、今後もよろしくお願い申し上げます。

 非公開コメントなので簡単な返信にてお許し下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryonablog475.blog2.fc2.com/tb.php/373-87e0abe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (86)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (16)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (43)
鉄拳・スト鉄 (92)
漫画・絵物語 (107)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (35)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (134)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR