FC2ブログ

2017-07

江戸川乱歩作品のオリジナル挿絵

 半年以上前に江戸川乱歩作品がテーマのサプライズを予告しました。最近は予告事項の遅延が多いので忘れ去られているかも知れませんが……。
 予定よりも大幅に遅れてしまいましたが、そのサプライズをお送りします。

 昨夏、当ブログにて児童向けリライト版を含む江戸川乱歩作品のヒロイン受難場面を紹介した際、pixivで交流のあるバラピ氏が一部シーンをイメージイラストとしてビジュアル化して下さいました。
 ヒロピン場面がイラスト化されたのは「地獄の仮面」(原作は「吸血鬼),「大暗室」,「人間豹」の三作品です。
 イメージイラストの紹介を打診したところ、幸いにもpixiv発表イラストの転載許可を頂く事ができました。

 今回はバラピ氏による乱歩作品のイメージイラストを6枚全て掲載します。
 明智小五郎の妻として大胆な活躍を見せる明智文代、うら若き未亡人の柳しず子、如来のような美貌の星野真弓。
 これらのイラストをpixivで拝見した時の衝撃は忘れられません。彼女達が危機に落ちるシーンをオールカラーで描いたヒロピン場面は見応え満点でした。
 イラストと対応した該当場面の文章も併せて御紹介しますので、電子書籍版の挿絵としてお楽しみ頂ければ幸いです。
 引用元のテキストにはポプラ社の新書(『少年探偵 地獄の仮面』)と単行本(『少年探偵30 大暗室』及び『少年探偵44 人間豹』)を使用しました。


【地獄の仮面】

「助けて! 助けて!」
 しず子は声をかぎりにさけんだ。怪物はかの女をくみしくと、その背中に、ピシリとむちをふりおろした。
「あっ! 助けて……」
 しず子は、息もたえだえにさけんだ。
「おまえ、茂に会いたくないかい? 会いたければ、おとなしくしろ!」
 ピューッと空気がうなって、ピシリとむちがとんでくる。肉にくい入る痛さ!

骸骨男に鞭打たれ苦悶する柳しず子
(C)江戸川乱歩/ポプラ社/バラピ

「あのね、おかあさまのおちちがのみたいの。」
「まあ、おちち……さあおあがり、すこしはおなかのすいたのをわすれるかもしれないわね。」
 茂はゴソゴソとからだをうごかすと、やっと母の乳房にすがりついた。

生きたまま火葬される柳母子
(C)江戸川乱歩/ポプラ社/バラピ


【大暗室】

 振子の一往復ごとに、彼女は火のような息を吐いて、喉をゼーゼーいわせながら喘いだ。
 ああ、振子の半月刀は、もう乳房の上三寸の近さに迫っていた。今三十往復、或いは二十往復の後、あの鋭い刃は、いよいよ彼女の服地をこすりはじめるに違いない。

ギロチン振り子から逃れる為、鼠の力を借りる星野真弓
(C)江戸川乱歩/ポプラ社/バラピ

 真弓さんの胸と腹は、無数の鼠によっておおい隠されてしまった。それはウジャウジャと絶え間なくうごめく、大きな黒いかたまりのように見えた。彼らが麻縄を齧じる音が、まるで嵐のように聞こえた。
 鼠どもはただ麻縄に群がるばかりでなく、真弓さんの喉から顎にかけて這いまわった。ある者は彼女の唇をさえ嗅ぎはじめた。
 真弓さんはもう生きた心地もなかった。じっと眼を閉じて、歯を食いしばって、気も狂うほどの恐怖に耐えていた。もう一つの、もっと大きな恐怖を逃れたいばっかりであった。

体にまとわりつく鼠の気味悪さに耐える真弓
(C)江戸川乱歩/ポプラ社/バラピ

 ガラス張りの水槽の中には、一ぴきのかわいらしい人魚が、のたうちまわっていたのです。まだ十二、三才にしか見えない、かわいらしい女の子が、きみのわるい人魚の水着をきせられて、水槽の中へ投げこまれていたのです。
人魚のコスプレで水槽に投げ込まれた真弓
(C)江戸川乱歩/ポプラ社/バラピ


【人間豹】

 いまや、おりの中では、みごとに熊ののどぶえをひきさいた猛虎が、かちほこったように、すさまじいうなり声をあげていた。
 ところが、これはどうしたことか! メリメリひきさかれた熊の皮の下から、あらわれたのはひとりのわかい、美しい女だった。いうまでもない、文代さんだ。

熊の毛皮を着せられ、檻の中で猛虎と戦わされる文代夫人
(C)江戸川乱歩/ポプラ社/バラピ


 参考までに各イラストの初出発表を以下に記します。発表先は全てpixivです。
 いずれも漫画形式で投稿されている為、閲覧にはサイトへの登録が必要となります。pixivIDを持っていない方はトップページの「新規登録」からユーザー登録を行って下さい。
 基本機能を使うだけならば無料で登録できます。再投稿や投稿イラストの修正、イメージレスポンスの複数設定はできませんが、閲覧や投稿だけならば料金はかかりません。

 ・地獄の仮面(「無題」2011年6月7日投稿)
 ・大暗室(「無題」2011年7月12日投稿)
 ・人間豹(「無題」2011年7月12日投稿)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

御礼

 コメント、どうもありがとうございました。
 今後も当ブログをよろしく御愛顧願いますm(_ _)m

江戸川乱歩作品のオリジナル挿絵

色付きの文字v-10v-12v-405
おはようございます大暗室はどんなお話ですか!?新京史朗さん
それではさようなら

江戸川乱歩「大暗室」

 原作の「大暗室」は明智小五郎も怪人二十面相も登場しない、スリラー系の冒険小説です。
 かなり長い物語なので内容を紹介するのは難しく、気になるようならば「大暗室 内容」や「大暗室 あらすじ」をキーワードにgoogleで検索をかけてみて下さい。内容紹介をしているサイトがヒットするかも知れません。
 現行本は創元推理文庫版と光文社文庫の全集。前者は初出の挿絵が復刻されており、後者は詳細な注釈と解説が付されています。

 年少読者向けに改作されたポプラ社の単行本は絶版ですが、市立レベルの図書館ならば所蔵していると思うので近所の図書館の蔵書を調べてみて下さい。
 残酷描写は控えめになっていますが、ギロチン振り子の拷問シーンや人魚のコスプレをさせられた少女を挿絵で見られます(加えて、女装した小林少年が柱に縛られ火葬されそうになるシーンもあります)。

はじめまして。こんばんわ。今後ともよろしくお願いします。
 ところで…人間豹におけるこの一件で文代さんの負ったダメージは、おそらく
肉体<<精神(正気度)<<<<<越えられない壁<<<<社会的生命でしょうね。現代でもそうなのに、戦前の婦人ならまして。

 その後文代さんは次第に活躍しなくなり、胸を患って転地療養したということになっておりますが、その実、人間豹事件で(恐怖体験故の正気度の低下によって)心を病んだのと、取り返しのつかない恥辱で世間体を喪ったことでもう人前には出られない身になったから事実上、引退したということでしょうね。

ようこそ! そして、明智文代について

あれくん様

 始めまして。
 このたびは当ブログへお越し下さり、どうもありがとうございます。
 今後とも御贔屓に願えますと幸いです!

 明智文代ですが、確かに「人間豹」以降の作品では登場していませんね。
 戦後の少年物では「転地療養している」と書かれていますが、御指摘の通り、精神的ダメージ(檻の中で人前にヌードを晒した羞恥心+猛獣と戦わされた恐怖)による影響もありそうです。
 こうした切り口からの「文代引退説」は斬新に感じました。
 貴重なご意見に感謝いたします。

どうか江戸川乱歩異人館が再開されますように。
そして山口 譲司師の絵で「人間豹」のコミカライズ化を是非。
「猛獣大格闘」で傷つく文代さんを魅せてくださいっ…!(何度でも祈る)

山口版「人間豹」

>あれ君さま

 山口先生の「江戸川乱歩異人館」、リョナラー必読の名作「人間豹」は描かれませんでしたね。
 お色気要素の強い少年向け作品「魔法人形」やサディスティックシーン満載の「陰獣」は漫画化されたのに……。

 連載再開は難しいでしょうが、山口先生の描く「猛獣大格闘で傷つく文代さん」は見たいですよね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryonablog475.blog2.fc2.com/tb.php/325-1dac2157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (85)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (16)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (43)
鉄拳・スト鉄 (92)
漫画・絵物語 (107)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (34)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (131)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR