FC2ブログ

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な老婆の好み(香山滋「笑う翡翠」より)

 日本を代表する怪獣映画「ゴジラ」の原作者である香山滋氏が作家デビュー直後に発表した怪奇幻想譚「笑う翡翠(かわせみ)」には、少し変わった好みのリョナラー老婆が登場します。
 香山滋と言えば、探検家の人見十吉を主人公にした秘境冒険小説や怪獣小説を連想される方も多いと思いますが、探偵小説や幻想小説も数多く遺しました。
 この「笑う翡翠」も、そんな作品群の中に含まれる一編です。

 この物語には、「二百か三百のときに川中島の合戦を見た」と言う年齢不詳の老婆がキーパーソンとして登場します。
 酒場で働く女性が笑い翡翠の声を四度聞いた後、脾臓を破裂させて死亡した事件に老婆が関わりを持っている事を確信した私立探偵のUは信州の山奥に老婆を訪ね詰問をしますが、その時に老婆の意外な性癖が明かにされます。


 「脾臓の破裂する音って、そんなにいいのかい?」
 「あれはいいねえ――」
 「どんな音だ?」
 「口では言えないがな、それに奇麗な女子の生きている腸の中で、その脾臓が音を立てて破れるのを聞くなんて――あたしゃそれが聞きたいばっかりに生きているんだよ、長生はしたいもんだねえ」
 「そんなにこたえられないかね」
 「たまらないねえ、尾籠な話だけれど、あたしゃあ、そのときはむろんのこと、娘が笑い翡翠の声におびえて息をつめるときの様子をみただけでもおもわず脱糞するくらいだよ」

≪三一書房『香山滋全集1 海鰻荘奇談』P60~61≫


 笑い翡翠の声に怯える女性に脱糞するような興奮を覚える老婆。何とも独特な性癖を持っています。
 読者の意表を突くような犯行動機には、リョナ的趣向が感じれるので、「笑う翡翠」は一種のリョナ小説と言えるかも知れません。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryonablog475.blog2.fc2.com/tb.php/29-77c63c2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (86)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (16)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (43)
鉄拳・スト鉄 (92)
漫画・絵物語 (107)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (36)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (134)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。