FC2ブログ

2017-06

縛れた二人の若い娘(野村胡堂「二人濱路」より)

 昭和6年から昭和32年まで四半世紀にわたって書き継がれた野村胡堂氏の「銭形平次捕物控」は作品総数300編を超え、映画やテレビドラマも作製されました。
 下手人を縛って事件を解き明かした手柄を誇るのではなく、犯罪の背景に同情の余地があると見た場合は加害者を見逃してやる人情味あふれる銭形平次の異名は「しくじり平次」ですが、本当は有能な岡っ引きなのです。
 基本的には人情話が多いのですが、謎解き要素を含んだ探偵小説としての完成度が高い作品も数多くあり、現在のミステリーファンが読んでも楽しめるシリーズだと思います。

 横溝正史氏の「人形佐七捕物帳」のようなお色気描写は極力控えられている為、健全な読物というイメージを抱かれる方は多いと思われますが、意外にも第1作「金色の処女」では美女の金粉責めが描かれており、健全な娯楽小説に似合わぬエロチックな内容の短編で銭形平次は世に出ました(金粉責めの美女といえば、年配の方は「007/ゴールドフィンガー」を思い出される事でしょう……)。

 この「銭形平次捕物控」ですが、作者自選の短編に「二人濱路」と題する作品があります。
 千五百石取の大旗本・大坪家の娘である濱路が遠縁の男を婿養子として迎える事になりました。ところが祝言の当日、武家風の愛嬌娘だった濱路は下町風の鉄火な女性に変身してしまい、大坪家は大騒動。
 家名に関わる大事件の相談を受けた銭形平次は子分の八五郎と一緒に大坪家に向かいましたが、この騒動の最中、五十年配の婆やが死体となって発見されます。
 平次の調査によって大坪家へ現れた女性の正体が明らかになり、事件は意外な方向へと展開します。

 偽濱路を演じていたのは浅草に住む連という女性でしたが、彼女は大坪家に寄宿する用人・小峰右内によって赤い扱帯(しごき)で縛りあげられ、その姿で平次と対面しました。
 八五郎が有頂天になった若い娘の悩ましい緊縛姿の挿絵は残念ながら確認できませんでしたが、さぞ艶やかな姿だった事でしょう。


 それは、八五郎が口を極めて讃美した、変へ玉の娘でした。いよいよ一と責めする気になったものか、燃え立つやうな赤い扱帯でキリキリと縛り上げ、嫁入道具の夥しく、取散らした中、箪笥の引手にそれを結へてあったのです。
 ドカドカと入る三人の姿を、娘は顔をあげて怨めしそうに眺めましたが、直ぐまた眼を伏せて、きかん気らしい唇をキッと結びました。ガラ八がすっかり有頂天になって、手持の語彙(ボキャブラリー)を総仕舞にしただけあった、悩ましき情景の中に据えるにしては、此上もない妖麗さでした。

≪矢貴書店『野村胡堂捕物名作自選集 自撰銭形平次捕物控』』P34~35≫


 平次の活躍で替え玉事件の真相が明らかになり、追い詰められた黒幕は大坪家に怨みの言葉を残して自害しますが、彼は本物の濱路を監禁したまま隠し場所を言わずに死にました。
 娘に迫る死の影を歎く大坪石見ですが、平次の推理と八五郎の勘は見事に濱路の監禁場所を探り当てます。
 クライマックスでの濱路発見場面を胡堂氏は次のように描写しました。


 それっと飛んで行って、お連の居る部屋の隣、嫁の道具を一パイに積んだ下から、長持を引出して蓋を払ひました。
 『あッ』
 中には娘濱路が滅茶滅茶に縛られた上、猿轡まで噛まされて、息も絶々に、半死半生の身を横たへて居たのでした。

≪矢貴書店『野村胡堂捕物名作自選集 自撰銭形平次捕物控』』P47≫
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryonablog475.blog2.fc2.com/tb.php/239-1dbcc60e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (84)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (15)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (43)
鉄拳・スト鉄 (90)
漫画・絵物語 (106)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (34)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (129)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR