FC2ブログ

2017-10

死霊と戦う現世の美女

 裏高野の退魔師・孔雀と仲間達の活躍を描いた「孔雀王」シリーズは密教をテーマにした伝奇漫画として有名です。
 1980年代から1990年代にかけてゲーム化やアニメ化のマルチメディア展開が行われ、2006年から2009年にかけてはシリーズ最新作「孔雀王 曲神紀(まがりがみき)」が『週刊ヤングジャンプ』へ連載されました。
 長い歴史を持つ「孔雀王」の作者である荻野真氏は、同じように密教や神道を作品テーマにした伝奇漫画を得意とし、寡作家ながら年単位での連載作品を幾つか発表しています。

 1990年代に連載された「夜叉鴉」は派生作品のない単発物ですが、物語のスケールが大きく、主要キャラクターも個性豊かで読み応えのある作品でした。
 青年神主の那智武流は飄々とした冴えない風貌の若者ですが、その正体である【熊野闇検校 夜叉鴉】となった時は神にも勝る力を発揮します。
 現世の秩序を乱そうとする邪悪な霊【荒魂】を浄化する使命を全うすべく、夜叉鴉となった武流は【常世の剣】を武器に恐ろしい力を持つ死者達と激しい死闘を繰り広げます。

 この作品には3人の女性が主要キャラクターとして登場しますが、嬉しい事に彼女達にも戦闘シーンが用意されていました。
 その3人とは、鴉一族の朱姫、影忍一族の幽蝸みづは、警察庁警備課霊安三課の幸田露樹警部です。
 本作を読んでいる方からみれば、幽蝸みづはを女性キャラクターへ分類する事に異議があるかと思いますが、ここでは女性キャラクターとして扱いました(この件については後述するので、未読の方は現段階では聞き流して下さい)。

朱姫 幸田露樹警部(イメージイラスト1)
(C)荻野真/集英社

 3人の中で最も登場が早いのは朱姫。
 巨鴉(おおがらす)に仕える熊野鴉幻法の使い手で、自らも【朱鴉】に変身する事ができます。
 生身でも強い朱姫が【朱鴉】に変身すると戦闘能力はさらに高くなり、襲い来る死霊を一撃で倒してしまう程でした。

普段は着物姿の朱姫 熊野鴉幻術・羽蝶舞で下等な死霊を撃破
(C)荻野真/集英社

 そんな【朱姫】も強大な力を持つ敵には苦戦を強いられ、何度となく劣勢に追い込まれます。
 夜叉鴉との戦いでは、神に近い圧倒的強さに恐怖して死を覚悟し、江戸時代に多くのキリスト教徒を虐殺した取手トマスが現世へ復活した際は、亡者の鎧に守られた敵に苦戦させられました。

夜叉鴉を相手に戦う朱姫ですが、あらゆる物を土に還す能力によって負傷します 圧倒的な夜叉鴉の強さ
(C)荻野真/集英社
復活した悪魔トマスに朱鴉も苦戦させられます
(C)荻野真/集英社

 戦闘シーンではありませんが、武流の肉体を乗っ取ったトマスによって人柱の生贄にされたり、ケガレによる魂の病で淫乱な痴態を見せたり、当時の読者から「エロ担当」の称号を賜るに相応しいシーンも見られました。

捕えられた朱姫は人柱の生贄にされる 鴉一族の宿命により、魂の病で血が騒ぎ狂わされる
(C)荻野真/集英社

 警察庁に勤務する女性警部の幸田露樹は直接的な戦闘シーンこそ無いものの、扉ページのイメージイラストや死霊による精神攻撃で艶やかな下着姿を披露してくれます。
 死霊の姿を確認するには【霊視眼】というゴーグルを着用しなければならず、幽霊列車内の戦闘ではゴーグルを奪われた事で見えない敵からの精神攻撃を受けてしまいます。
 あまり出番は多くありませんが、エロチックなシーンが印象に残るキャラクターでした。

幸田露樹警部(イメージイラスト2) 死霊の精神攻撃に陥った露樹 乳房と臀部を噛みつかれ悶絶
(C)荻野真/集英社

 性別に関する扱いの難しい幽蝸みづはですが、最初は男性として登場しました。
 彼は武流との戦いに敗れた後、魔界都市・穢土を帝都に建設しようと企む服部半蔵(=オヤカタ様)の力で女性として復活します。
 最初は男性、復活後は女性。何とも扱いの難しいキャラクターですが、復活後はパンチラも構わずボディコン衣装で派手なアクションを見せてくる為、そのエロチックな点を考慮して女性に分類しました。

 彼女の戦闘シーンで一番の見どころと言えば、服部半蔵に両足を掴まれて股を裂かれそうになる場面でしょう。
 足を左右に引っ張られるシーンでは股間が正面アングルで描かれており、物凄いエロチシズムを感じさせます。
 最もハードでエロチックなリョナ場面であり、この数コマの為にコミックスを買っても損はないと思います。

服部半蔵の容赦ない攻撃で股を裂かれそうになる
(C)荻野真/集英社

 駆け足での紹介となりましたが、「夜叉鴉」に登場する女性キャラクターのリョナ場面を簡単に紹介してみました。
 物語が複雑である為、説明不足の記述や事実を伝えきれない記述がありますが、その点は御容赦下さい。


夜叉鴉(1) (集英社文庫コミック版)夜叉鴉(1) (集英社文庫コミック版)
(2004/03/18)
荻野 真

商品詳細を見る
夜叉鴉(2) (集英社文庫コミック版)夜叉鴉(2) (集英社文庫コミック版)
(2004/03/18)
荻野 真

商品詳細を見る
夜叉鴉 3 (集英社文庫―コミック版)夜叉鴉 3 (集英社文庫―コミック版)
(2004/05/18)
荻野 真

商品詳細を見る
夜叉鴉 4 (集英社文庫―コミック版)夜叉鴉 4 (集英社文庫―コミック版)
(2004/05/18)
荻野 真

商品詳細を見る
夜叉鴉 5 (集英社文庫―コミック版)夜叉鴉 5 (集英社文庫―コミック版)
(2004/06/18)
荻野 真

商品詳細を見る
夜叉鴉 6 (集英社文庫―コミック版)夜叉鴉 6 (集英社文庫―コミック版)
(2004/06/18)
荻野 真

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

コメント

カメレオン星座のジュネ悩殺素肌聖衣

宿屋さんにて読んでましたよ男根が生えた女っていなかったですか?新京史朗さんv-421v-344
聖闘士星矢カメレオン星座のジュネ悩殺素肌聖衣お願いします素肌にっ青銅聖衣
まとっているんですよ
えっちですおやすみなさい

悩殺コスチューム

 荻野氏の「夜叉鴉」は好きな作品なので、今でも読み返す事があります。ただ、一部の巻しか手許に残していない為、ストーリーを追う事は出来ませんが……。
 御質問の「男根が生えた女」ですが、見た記憶があります。手持ちの巻に登場していたような気がするので、後で調べておきます。

 「聖闘士(セイント)星矢」ですが、別漫画家による「聖闘士星矢THE LOST CANVAS 冥王神話」は読んでいたものの、オリジナルの方は軽く読み流した程度です。
 素肌に鎧を着用する発想はエロチックですね。ブック○フでコミックスが立ち読みできれば、チェックしてみます。
 情報、どうもありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryonablog475.blog2.fc2.com/tb.php/210-6374168a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (86)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (16)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (43)
鉄拳・スト鉄 (92)
漫画・絵物語 (107)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (35)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (134)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR