FC2ブログ

2017-10

触手描写が満載のノベルス版『クイーンズゲイト』

 2007年11月から配本が始まった「クイーンズゲイト」のラインナップ第一弾は『門を開く者 アリス』と『魔法少女 虹原いんく』の2冊でした。
 前者はニトロプラス(「Nitro+」とも表記するようですが、当ブログでは「ニトロプラス」と記します)によるオリジナルキャラクターで、後者は英語参考書『萌える英単語 〜もえたん〜』の登場人物です。

門を開く者 アリス
(C)HOBBY JAPAN/ニトロプラス/Niθ【画像は、「クイーンズゲイト」公式サイトより】

 このアリスを主人公にした完全オリジナルストーリーの小説版『クイーンズゲイト』は全3巻本としてメガミ文庫より刊行されましたが、さすがと言うか、やはりと言うか、小説版でも微エロ要素は健在。特に触手シーンが多く描かれており、挿絵を見る為だけに購入しても損はありません。
 ちなみに挿絵は中村カンコ氏が描かれており、Niθ氏は巻頭のカラーイラストのみ担当されています。

 小説版にはアリスの母親であるルイスを始め、幼馴染のドロシー、彼女の母親で元トレジャーハンターだったグリンダも登場します。
 残念ながら、ルイスとグリンダの美女2名は脇役的扱いとなっており、トレジャーハンターらしい派手なアクションや敵との戦闘シーンは見られません。
 ブースト状態で大人体型になったアリスの挿絵も少なく、全体的に美少女のピンチ場面が目立ちました。

アリスの設定画 ルイスの設定画
(C)HOBBY JAPAN/ニトロプラス/中村カンコ/Niθ/学習研究社
ドロシーの設定画 グリンダの設定画
(C)HOBBY JAPAN/ニトロプラス/中村カンコ/Niθ/学習研究社
アリスとルイス母娘 ドロシーとグリンダ母娘 ブースト状態のアリス
(C)HOBBY JAPAN/ニトロプラス/中村カンコ/Niθ/学習研究社

 小説版「クイーンズゲイト」の詳しい内容は各自読んで頂く事として、ここでは各巻に見られる微エロ場面を紹介しようと思います。
 文庫本は2年前に刊行されており、大きな書店ならば店頭で入手できるでしょう。早く手軽に入手したい場合はインターネット通販の利用がお薦めです。


・第1巻「門を開く者」

≪P137~138≫
 そして、イルキヌフが伸ばした触手は、赤毛の少女の身体を瞬く間に捕えていた。
「ひゃあんっ!」
 ひんやりとした触手が無遠慮に体をまさぐる感触に、赤毛の少女は身体を朱に染め身を振るわせ、腰から伸びる四本の触手が透明から薄いピンクに変わっていく。
「ああんっ、ひ、ひさしぶりぃですぅ……ああっ!」
 身体をまさぐっていた触手がようやく求める場所に辿り着いたといわんばかりに、少女の穴に殺到する。
「うぐっ…ぶふっ……」
 呼吸を完全に阻害され、呼吸困難に陥った少女の身体から力が失われていく。
〈死と再生、汝は新たなる力を得るるるる!〉
 少女の身体に纏わりつき、体内を蹂躙していた触手が何かをドクン…と放出した後、しゅるしゅると縮んで再び杖状にまとまる。

肉体を蹂躙される歌姫リン 歌姫リンの設定画
(C)HOBBY JAPAN/ニトロプラス/中村カンコ/Niθ/学習研究社

 ※引用者註:文中にある「赤毛の少女」とは歌姫リンの事です。彼女はイルキヌフ教団の信者で、段位は触長。音を人を操る能力があり、自身も触手を持っています。

≪P267~270≫
 アリスが棒を挟んだのを見て、触王は満足そうに頷き、玉座に座りなおした。
「それで、戦うってどうすればいいわけ?」
〈お互いの棒で叩き合い、棒を落したものが負けとなるるる〉
 触王の杖がアリスを見つめる。
【中略】
 アリスは舌打ちすると、棒を落とさないように大股でしっかり挟み、慎重にプールに降りた。冷たい水に膝まで浸かり、背中がぞわっとする。
 水の抵抗もけっこうあり、歩くだけで一苦労だ。
 ドロシーもアリスの真似をしてプールに降りる。
 棒を落とさないように前屈みの内股で歩く様子は、まるで尿意を堪えているかのように見え、実に滑稽だ。

股間に挟んだ棒を使った試合を強制されるアリスとドロシー
(C)HOBBY JAPAN/ニトロプラス/中村カンコ/Niθ/学習研究社

 ※引用者註:まだまだ色っぽい描写は続きますが全て載せきれない為、ここまでの紹介とします。ここから先、アリスとドロシーによる試合の様子については原文でお楽しみ下さい。

≪P290~2≫
 身動きひとつ取れないアリスに向けて、イルキヌフの触手が迫ってくる。
 こ、この卑怯者。
 口は動かせない。
 アリスは思考でイルキヌフを罵った。
 しかし、そんなもので彼の行動を留めることはできない。
 ついにイルキヌフの触手がアリスの無防備な下腹部に到達する。
 冷たい感触にアリスは思わず身悶えした。
【中略】
 抑えの効かない尿意にも似た感触に、アリスは恥ずかしさで顔が火照っていくのを感じた。
 ダ、ダメだっては……。
 イルキヌフの触手がアリスの身体を空中に持ち上げる。
 やっ、やめてちょっと!
 アリスの制止も空しく、イルキヌフの触手は彼女の両足を大きく開かせ、まるで幼児に用を足させるかのような姿勢を取らせた。
「ばっっ、ばかぁぁーっ!」
 アリスが悲鳴を上げ(ママ)、黄金色の防御溶液を股間から撒き散らせながら、ブースト状態が解除されていく。
 ダ、ダメだ。
 諦めた時がおしまいとママは言ってたけれど、突破口が見つからない。

ブースト状態のアリスを辱めるイルキヌフの触手
(C)HOBBY JAPAN/ニトロプラス/中村カンコ/Niθ/学習研究社


・第2巻「時を超える者」

≪P25~28≫
 相手は触王スォーダーを一瞬で葬った九本触手。どこまで戦えるかわからないが、せめて一太刀なりとも浴びせなければ、あの世で触王に会わせる顔がない。
「勇ましいことね。でも……」
 フェイは玉座にがっくりと腰を下ろし、苛立ち顔で月英を睨みつけた。
「女王に反逆した以上、罰はうけてもらうわよ。レオニダス!」
「はっ!」
「見せしめとして、その女を今この場で凌辱しなさい! 触手を引き抜き、逆らったことを後悔させながら、死ぬまで犯し続けるのよ!」
【中略】
 レオニダスは七本目の触手で月英の両腕を縛り、周囲に見えるように高く吊り上げる。
 そして月英の中華服に手をかけ、力任せに引き裂いた!
 形の良い両乳房が衆目の目前に露わになり、月英の身体が恥ずかしさで好紅潮する。
【中略】
 さらにレオニダスは月英の両足を強引に開かせ、下着の中に八本目の触手を潜り込ませていく。
「ああっ! レオニダス、それ以上は!」
 抵抗する手段を失った月英の哀願も空しく、レオニダスの太い触手が月英の秘裂を押し開き、分け入ろうと蠢く。
 諸葛孔明の美人妻であり、身体を許すのは生涯夫ただ一人と決め、夫を失ってからは二千年もの間貞節を守り通してきた月英が、肉体を嬲(なぶ)られる屈辱に涙を浮かべる。

レオニダスの触手に凌辱される寸前の月英 月映の設定画
(C)HOBBY JAPAN/ニトロプラス/中村カンコ/Niθ/学習研究社

 ※引用者註:月英、フェイ、レオニダスはイルキヌフ教団のメンバー。「赤毛で色黒」という月英の姿はカラーイラストで確認できます。

≪P167~170≫
 アリスのパワーが勝り、門番が一瞬ぐらついたのを見て、アリスは足払いをかけた。
 足払いが決まり、門番が大きく足を広げて尻餅をついたため、アリスは左右同時に徹甲弾を撃ち込んだ。
 盾も構えられず、触手装甲の瞼も閉じていたため、二発の弾丸は左右の青い巨乳を直撃した。
 だが、弾丸は触手装甲に弾かれた。
「あぅんっ」 ※原文ではハートマークで文が終わっています。
 しかも、なぜか門番がちょっとエッチな声を上げ(ママ)ている。
 続けてもう二発撃ち込んでみたが、やはり触手装甲によって弾丸は跳ね返され、門番はダメージを受けるどころか喘ぎ声を上げ(ママ)ている。
【中略】
「なんぜ攻撃が当たっているのに、へんな声出してんのよ?」
「それは……」
 おや、美人妻が赤くなった。
「この鎧は攻撃を受けると、その衝撃を和らげるために、震動を分散させるのです。特に、脂肪が多い乳房と、構造的に腰回りに震動が集中するため、その……き、気持ちよくなってしまうのです……」

亡夫の愛情が詰まった触手装甲に身悶えする美人妻門番 女性門番の設定画
(C)HOBBY JAPAN/ニトロプラス/中村カンコ/Niθ/学習研究社

≪P232≫
 ぬるりと粘液を滴らせながら、ドロシーの身体に本体を残したままイルキヌフが触手を伸ばす。
〈汝が何を企もうとも、我が触れているかぎり嘘はつけぬぬぬぬ〉
 ルイスの胸元に辿り着いた触手が、乳房のやわらかさを確かめるように円を描く。
「あんっ! お、思ったより手馴れているじゃない」
〈すぐに我なしではいられなくなるるるる〉
 その言葉を証明するかのように、触手から分泌される液体に触れた素肌が赤く火照っていく。
「ああっ……」
〈……なるほどのののの〉
 粘液だけを肌に残し、アルキヌフの本体はついにドロシーから離れ、ルイスのボディスーツと柔肌の隙間へと潜り込んでいった。

ルイスの心を読もうとする触手尋問
(C)HOBBY JAPAN/ニトロプラス/中村カンコ/Niθ/学習研究社


・第3巻「門を守る者」

≪P213~216≫
 お互い見詰め合った状態から、フェイがアリスの背後を気にするように、僅かに視線を動かした。
 それを見て、後ろから攻撃が来ると思い、反射的に動き出した手足を、フェイが透明化させた四本の触手であっという間に拘束したのだ。
【中略】
 巧みなフェイントをいきなりやられると、防ぐのは相当に難しいものだが、勝負はほんの一瞬で決していた。
「あらぁ、もう終わり? こんな呆気ないんじゃ、先生楽しめないわぁ」
「くっ!」
 アリスは悔しさに歯噛みするが、骨まで軋むほどの強さで触手に締めつけられた両手両足は、まるで動かせそうにない。
【中略】
 フェイが厭らしい笑みを浮かべ、左肩から伸びる青い触手を目の前に掲げると、先端に炎を灯した。
 そしてそれをいきなりアリスの股間に押しつけたのだ。
「きゃあああああっっ!!」
 アリスの悲鳴が上が(ママ)る。
 フェイはアリスの股間を炎で焼いた。
 続いて、左右の胸にもピンポイントで炎を吹きつける。
 しかしそれらはすべて一瞬のことで、炎が消えるとその部分だけダイバースーツが焼け焦げており、フェイが右手を払うとスーツに丸く穴が開いて、少し火傷気味になった素肌が露わになった。
 少女の大事な部分だけがスーツから露出した格好である。
「なんてことすんのよ、この変態教師っ!!」
 アリスが全裸よりも恥ずかしい姿にされたことに、身体中を真っ赤にして抗議する。
「そういう罵声、ますます先生を燃えさせちゃうだけなのよねぇ」
 フェイは一層口の端を吊り上げて笑い、右手の親指と人差し指でアリスの左乳首を摘んだ。
「痛いっ!?」
【中略】
「ひっ、卑怯者! 戦うのなら、セクハラなんてしないで、ちゃんと戦いなさいよっ!」
 悔し涙を浮かべつつ、それでも強気を崩さないアリスの態度に、フェイはますます嗜虐心を煽られていった。
「いいわぁ、その顔。アリスさん、あなたもう負けているのよ。今は最後に残ったあなたのその強気を叩き潰そうとしているところなの。身も心もボロボロにしてこそ、わたしの完全勝利となるのよぉ!」
 続いてフェイの右手が、アリスの無防備な股間に伸びる。

フェイに弄ばれるアリス
(C)HOBBY JAPAN/ニトロプラス/中村カンコ/Niθ/学習研究社

 ※引用者註:フェイによる凌辱は以降も続きますが原文を全て載せきれない為、ここまでの紹介とします。アリスを辱めるフェイの行動、続きは原文でお楽しみ下さい。


 最後にフェイの最終形態を御紹介します。
 阿修羅マンをも凌駕する腕の数。この状態でバスター技を掛けられたら脱出は不可能でしょう。
 ブースト状態のアリス、ルイス、ドロシー、グリンダ……。彼女達と壮絶な死闘を繰り広げる場面、是非とも見たかったです。

フェイの最終形態
(C)HOBBY JAPAN/ニトロプラス/中村カンコ/Niθ/学習研究社


クイーンズゲイト 門を開く者 アリス (対戦型ビジュアルブックロストワールド)クイーンズゲイト 門を開く者 アリス (対戦型ビジュアルブックロストワールド)
(2007/11/30)
Niθ

商品詳細を見る

クイーンズゲイト〈1〉門を開く者 (メガミ文庫)クイーンズゲイト〈1〉門を開く者 (メガミ文庫)
(2009/04)
沖田 栄次、ホビージャパン 他

商品詳細を見る

クイーンズゲイト〈2〉時を超える者 (メガミ文庫)クイーンズゲイト〈2〉時を超える者 (メガミ文庫)
(2009/05)
沖田 栄次、設楽 英一 他

商品詳細を見る

クイーンズゲイト〈3〉門を守る者 (メガミ文庫)クイーンズゲイト〈3〉門を守る者 (メガミ文庫)
(2009/07)
沖田 栄次、設楽 英一 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

コメント

触手描写が満載のノベルス版「ケイーンズゲイト」

色付きの文字v-10v-12v-405
読んでませんよ
おはようございますそれではさようなら

「ケイーンズゲイト」の小説

 残念ながら小説版の『クイーンズゲイト』は3巻全て品切れになっているようです。新刊として入手できるのは流通在庫のみと思われます。
 ただ、ラノベなのでリサイクル書店を利用すれば揃いで一括購入できるかも知れません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryonablog475.blog2.fc2.com/tb.php/198-ea873ccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (86)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (16)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (43)
鉄拳・スト鉄 (92)
漫画・絵物語 (107)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (35)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (134)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR