FC2ブログ

2020-11

Blu-ray版「22/7計算中」 第1巻&第2巻のお気に入りエピソードBEST3

★「黄昏タイムス」開設10周年★
 ・特別企画第一弾(2020年4月19日)
 ・特別企画第二弾(2020年7月12日)


 早くも発売から二日が経った「22/7計算中」Blu-ray版ソフト(以下、BD版と表記)。
 購入通販サイトのナイス判断で一日早く入手できたため、視聴開始から三日が経ちました。
 厳密に数えたわけではありませんが、リピート再生による繰り返し視聴回数は各巻とも5回は越えていると思います。なにせ、帰宅してから寝るまでの(食事や入浴時間を除く)約六時間、私の部屋のテレビでは「22/7計算中」の映像が流れている状態なのですから……。

 ドップリと「22/7計算中」に漬かりきりな毎日。ふと、BD版に収録されている第1話から第29話のうち、お気に入りエピソードのBEST3を挙げてみたくなりました。
 あくまで個人的見解によるランキングですが、これから「22/7計算中」のBDを購入される方、購入を検討されている方の参考になれば(趣向の問題もあるので参考にはなりませんかね……)幸いです。
 なお、第13話「22/7計算中 Special Event『346計算中』」はイベント録画に近い形式で放送されたため、番外編とも言える豪華な内容(持ち歌のライブ映像やリアルメンバー総出演など)になっているため、ランキング対象外としました。


【第三位】
 第7話「夏バテ解消! スタミナ料理対決!」(第1巻収録)
 ・夏バテ気味な〈三四郎〉のため、丸山あかね、河野都、滝川みうの三人が夏バテ解消料理を作るという企画。
 完全無欠のパーフェクト・ガールなあかねちゃんは「アクアパッツァ&ブルスケッタ」という難易度の高い料理に挑戦しながら、10点満点を得る完成度に仕上げてMC二人から絶賛されました! 本人曰く「手際が悪かったなと思うところもあった」との事ですが、フライパンで焼き目をつける鯛の裏返しに苦戦する以外は特に手際が悪いような場面は見られず、調理中に披露した雑学も含め、〈22/7〉知性担当の矜持を見せました。
 都ちゃんは激辛料理のスンドゥブにチャレンジするも独特すぎる作り方はスタジオで調理映像を見ているメンバーやMCを戦慄させ、「(唐辛子の種は)煮込んでしまえば跡形もなくなるでしょう」と言って大胆に唐辛子を投入したり、赤さが足りないからケチャップを入れて見た目の調整をしたり、悪い意味で感覚頼りの調理に始終し、試食した立川絢香や斎藤ニコルからは好評価を得られたものの、紫色に染まった榎(おそらく赤ワインによるものでしょう)のグロさにドン引きした小宮浩信氏がつけた得点は僅か3点です。
 火を使った料理が苦手なみうちゃんは、大好物のツナを使った三色丼を作りましたが、缶詰めのツナに三種類の味付けを施し、ご飯にかけただけのプロセスが「料理とはいえない」と小宮氏に一刀両断。それでも味自体はよかったらしく、都ちゃんを越える4点を得ました。
 ツナの味付け判定をするみうちゃんの「はい!(=合格)」と「却下(=不合格)」は耳に残る可愛らしい呟きでした。

【第二位】
 第11話&第12話「いいね!が貰えるアイドルは誰だ!? インスタ映えクイーン決定戦!」(第1巻収録)
 ・メンバー八人が四人づつに別れ、原宿と鎌倉でInstagram映える写真を撮るという企画。
 原宿組は丸山あかね、河野都、立川絢香、藤間桜。鎌倉組は斎藤ニコル、佐藤麗華、滝川みう、戸田ジュン。
 それぞれの個性や感性がわかる写真ばかりでしたが、『もると』と題した絶壁の写真を披露したみうちゃんの理解不能なぶっ飛び思考には驚きました!
 インスタ映えしそうなカキ氷を注文した直後にこぼしてしまうハプニングで泣きを見た都ちゃん、食レポを途中でカットされた不遇の麗華様、階段にこだわる絢香ちゃん。それぞれの個性も引き立った撮影企画で面白かったです。

【第一位】
 第18話&第19話「京都の観光名所を探せ 記念撮影バトル!!」
 ・八人のメンバーが二人一組となり、渡された写真と同じアングルの写真を撮影したうえ、特定の場所で特定のミッションをクリアする、過酷な条件付き京都観光回ともいえる前後編の企画。
 前編は河野都&斎藤ニコルと丸山あかね&立川絢香のチームが、後編では佐藤麗華&戸田ジュンと藤間桜&滝川みうのチームが対決します。
 各メンバーの性格が反映された行動や思考が見ていて面白く、優等生ぶりを発揮するニコルちゃんと麗華様、自由奔放な桜ちゃんとジュンちゃん、冷静沈着な中に茶目っ気を見せるあかねちゃんと絢香ちゃん、どこまでもマイペースな都ちゃんとみうちゃん。映像によるプチ京都観光を楽しみながら、メンバーの個性も楽しめる一石二鳥の名企画でした。


【「22/7計算中」感想記事バックナンバー】
 ・「22/7計算中 小宮軍VS相田軍! 仁義なきゲーム対決」
 ・「22/7計算中 22/7ユニット対抗戦!! 団結して答えろ! 3クイズバトル」
 ・「22/7計算中 度胸が無いメンバーは誰だ!? ビビリクイーン決定戦!!」
 ・「22/7計算中 6thシングル「風は吹いてるか?」ヒット祈願ロケ企画プレゼンバトル」
 ・「22/7計算中 ユニットグッズプレゼンバトル
 ・「22/7計算中 神木みかみプレゼンツ 疲れたアナタにみかみんパワ~♪ 疲れたウチには? 富士サファリパーク♪
 ・「22/7計算中 そういえばやっていなかった、あの企画をやってみよう!
 ・「22/7計算中 “ない本”を作り出せ! 妄想クイーン決定戦!
 ・「22/7計算中 22/7計算中Blu-ray発売記念! クイズ!三四郎さんあれ覚えてますか?
スポンサーサイト
[PR]

Blu-ray版「22/7計算中」第1巻&第2巻を購入!

★「黄昏タイムス」開設10周年★
 ・特別企画第一弾(2020年4月19日)
 ・特別企画第二弾(2020年7月12日)


 2020年11月25日、ファン待望の「22/7計算中」Blu-ray版ソフト(以下、BD版と表記)第一弾が発売されました。
 本日発売となったのは第1巻と第2巻。各巻に本編11話分が収録されており、特典映像も含めると6時間近いボリュームになります。
 諸事情から欠番となるエピソードもありますが、第1話から第29話までを高画質映像で見られるのは嬉しい限りです!

 店舗別特典が多くて目移りし、どこで買うか迷っているうちに予約締め切りとなってしまい、特典なしの通常版を発売日直前にamazonで注文しましたが……出荷の関係からか通常の発売よりも一日早く到着し、いわゆるフラゲができました(^o^)
 すでに昨日(11月24日)の時点で第1巻は見終わり、現在、第2巻を見ているところです(風呂へ入るため視聴を一時休止し、見るのをやめたついでにブログを書いています)。

 番組の方向性を模索していた頃の最初期エピソードはキャラクターの性格が現在とは少し違っており、CGモデルも微妙にデザイン(?)が異なるせいか、現在放送中の第2期とは全く印象の違う初々しさを感じました。
 MC〈三四郎〉がメンバーを読む時は「○○さん」(いつの間にか相田周二氏は滝川みう推しになっており、自然と「滝川ちゃん」呼びになりました)だし、各キャラクターの性格が従来の基本設定に近かったり(現在は中の人寄りな性格)、ややトークがぎこちない感じだったり(丸山あかねのトークが今と比べて少し硬い印象です)、メンバー間の呼び方も現在とは異なっていたり(最初期は戸田ジュンや立川絢香があかねちゃんを「あかね」と呼んでいます)、いかにも新番組と言える新鮮さが楽しくもあります。

 最初に全部の収録エピソードを見た後、お気に入りエピソードを何度かリピート再生し、さらに収録エピソード全話の再視聴をする。
 第1巻と同じ視聴法で第2巻も末永く楽しむつもりなので、しばらくはアニメ「22/7 ナナブンノニジュウニ」に代わって「22/7計算中」BDの再生率が高まりそうです。

MCの座を賭けた下克上! 「「22/7計算中」Blu-ray発売記念クイズ!」

★「黄昏タイムス」開設10周年★
 ・特別企画第一弾(2020年4月19日)
 ・特別企画第二弾(2020年7月12日)


 いよいよ発売まで半月をきった「22/7計算中」のBlu-ray版ソフト(以下、BD版と表記)。第一シーズンの第36話から視聴を始めたため、未見だった初期のエピソードが鮮明映像で見られるのは嬉しい限りです。
 BD版「22/7計算中」の発売を記念し、「22/7計算中 2nd Season」第33話と第34話「22/7計算中Blu-ray発売記念! クイズ!三四郎さんあれ覚えてますか?」では二週連続のクイズ企画が放送されました。

 事の発端は、佐藤麗華の「〈三四郎〉さんにナナニジ愛はありますか?」という一言でした。
 第23話「この際だから聞かせてください! 教えて三四郎!」において、これまでの言動から番組MCを務める〈三四郎〉は〈22/7〉というグループに愛情を持っているか疑問に思った麗華様が相田周二氏へ上記のような発言をし、同じような事を考えていた藤間桜からも小宮浩信氏へ同様の質問がなされました。
 この時は苦し紛れの答えと実際の愛情提示で難を逃れた二人ですが、その後の対応から再び〈22/7〉メンバー内で〈三四郎〉のナナニジ愛問題が浮上、遂にクイズ形式で冠番組とグループ全体への愛情を問いただす事になったようです。
 麗華様曰く「(ナナニジ愛が感じられない)三四郎さんとはBlu-rayのPR企画を和気あいあいとできる訳がない!!」との事。余程、鬱憤が溜まっておられたのでしょう……。

 そこで提案されたのが、2020年11月から2021年1月にかけて全6巻が発売されるBD「22/7計算中」に収録された全66話分の中から各メンバーがクイズ問題を作り、〈三四郎〉に答えてもらおうというクイズ企画です。
 題して「22/7計算中Blu-ray発売記念! クイズ!三四郎さんあれ覚えてますか?」。
 クイズ回答者となった〈三四郎〉に代わり、今回は〈ハーパー〉のほしのディスコ氏が番組MCを臨時で務める事になりましたが、頑張ってMCをこなしながらも時々は麗華様に負けず劣らずのポンコツぶりを見せてスタジオ内を和ませてくれました。
 今回のクイズバトルは単にナナニジ愛を計るだけではなく、正解数が少なかった方はMC降板という厳しいルールも設定され、クイズ勝負に負けた〈三四郎〉の一方は事務所の後輩(=ほしの氏)に仕事を奪われるという下克上も発生します。
 クイズに不正解だった場合は出題メンバーによる『電気ビリビリの刑』が待ち受けているのですから、今回のクイズバトルは過去最大とも言えるくらい過酷な勝負です(もっとも、過去のクイズ企画では〈22/7〉メンバーが過酷な条件を受け入れてきたわけですが)。

 メンバー十一人全員がスタジオ入りする事はできないため、途中でメンバーを入れ替える交代制が採られました。
 第一週の出題者は麗華様、河野都、神木みかみ、齋藤ニコル、そして桜ちゃんの五人。ニコルちゃんの出題後、桜ちゃんを残した他のメンバーが入れ替わり、丸山あかね、東条悠希、立川絢香、滝川みう、柊つぼみがスタジオ入りしました(桜ちゃんが出題席へ移動したので六人席を五人席に減らし、待機メンバー全員(=翌週の出題組)がスタジオ入りしました)。
 第二週の出題者はつぼみちゃん、絢香ちゃん、悠希ちゃん、みうちゃん、あかねちゃん、そして第一週目は出番がなかった戸田ジュンの六人。
 ナナニジ愛が弱かったのか小宮氏は全十一問のうち正解数は僅か二問だけ……。最終問題での逆転チャンスもモノにできず、合計九回の『電気ビリビリの刑』を受けたうえ、番組MC降板となりました。
 小宮氏と相田氏の回答結果は下記の通りです。

 第一問【出題:佐藤麗華】 小宮=不正解/相田=正解
 第二問【出題:河野都】 小宮=不正解/相田=正解
 第三問【出題:神木みかみ】 小宮=正解/相田=正解
 第四問【出題:齋藤ニコル】  小宮=不正解/相田=不正解
 第五問【出題:藤間桜】 小宮=不正解/相田=不正解
 第六問【出題:柊つぼみ】 小宮=不正解/相田=不正解
 第七問【出題:立川絢香】 小宮=不正解/相田=正解
 第八問【出題:東条悠希】 小宮=不正解/相田=正解
 第九問【出題:滝川みう】 小宮=不正解/相田=正解
 第十問【出題:丸山あかね】 小宮=正解/相田=正解
 第十一問【出題:戸田ジュン】 小宮=不正解/相田=不正解

 小宮氏が正解したのは、どんな回答でも書けば正解にしてくれたみかみちゃん、超簡単なサービス問題を選んでくれたあかねちゃんの出題だけ……。
 ご贔屓の推しメンであるニコルちゃんの問題を間違えたのはマズいでしょう(そのせいか、『電気ビリビリの刑:を執行する際のニコルちゃんが笑顔で怒っているように見えました)。
 最後に与えられた逆転のチャンスも、正解を思い出せない諦めからか適当と見える答えを書いて無駄にしてしまい、桜ちゃんから「小宮さんMCを降りたいんですか?」と半分マジなお叱りを受けていました。

 野外レポートへの参加が多い相田氏は、全七問正解という圧倒的な正解数を叩き出しました。推しメンであるみうちゃんの出題も正解したのは流石です。
 ポンコツぶりを発揮した麗華様が『電気ビリビリの刑』執行ボタンを押し間違え、正解したにも関わらず電流地獄に悶絶する貧乏クジを引いたものの、正解率63%でナナニジ愛を証明しました。

 本企画でのMC交代はガチなようで、少なくとも次週はほしの氏が相田氏と一緒にMCを務めるようです。
 果たして、このまま小宮氏はナナニジ愛がないと思われたまま消えてしまうのか……。

 余談ながら、第33話の次回予告で、出題者ポジションに立ったあかねちゃんが苦笑しながら「気持ち悪い」と言うシーンが第34話ではカットされていました。
 また、同予告にて、ほしの氏が苦笑いしながら「ちょっと今は無理ですね」と発言するシーン、放送時はワイプ処理された小画面の表示となっています。


【「22/7計算中」感想記事バックナンバー】
 ・「22/7計算中 小宮軍VS相田軍! 仁義なきゲーム対決」
 ・「22/7計算中 22/7ユニット対抗戦!! 団結して答えろ! 3クイズバトル」
 ・「22/7計算中 度胸が無いメンバーは誰だ!? ビビリクイーン決定戦!!」
 ・「22/7計算中 6thシングル「風は吹いてるか?」ヒット祈願ロケ企画プレゼンバトル」
 ・「22/7計算中 ユニットグッズプレゼンバトル
 ・「22/7計算中 神木みかみプレゼンツ 疲れたアナタにみかみんパワ~♪ 疲れたウチには? 富士サファリパーク♪
 ・「22/7計算中 そういえばやっていなかった、あの企画をやってみよう!
 ・「22/7計算中 “ない本”を作り出せ! 妄想クイーン決定戦!

アニメ「メルヘヴンZ(ツヴァイ)」のDVD(全17巻)を購入

★「黄昏タイムス」開設10周年★
 ・特別企画第一弾(2020年4月19日)
 ・特別企画第二弾(2020年7月12日)


 本記事中における「メルヘヴン」の正しい表記は「MÄR - Märchen Awakens Romance」(原作タイトル)、または「MÄR-メルヘヴン-」(アニメタイトル)ですが、ブラウザ依存の文字化け回避や読み易さを重視して「メルヘヴン」表記に統一しました。



 安西信行氏が2003年から2006年にかけて『週刊少年サンデー』へ連載発表したバトルファンタジー漫画「メルヘブン」は2005年から2007年にアニメ化されて全102話が放送されました。
 アニメ版は物語の前期と後期でタイトルが微妙に変えられ、第1話から第52話までは「メルヘヴン」、第53話から第102話までは「メルヘヴンZ(ツヴァイ)」と区別されています(アニメ放送終了後にDVD化されており、前者は全18巻、後者は全17巻が放送時のタイトルで発売)。
 DVDソフトの廃盤後も第一部にあたる「メルヘヴン」全18巻は(レンタル落ちも含めて)中古ソフトを目にする機会も多かったのですが、どういうわけか第二部「メルヘヴンZ(ツヴァイ)」全17巻はセットどころか単巻ソフトすら目にする機会が少なく、強キャラなヒロインのドロシーがピンチに陥るエピソードを改めてメディアで楽しもう(?)としても叶いませんでした。

 ところが一昨日、代休を利用して中野ブロードウェイへ買い物に出掛けた際に「まんだらけ」の中古DVDショップで「メルヘヴンZ(ツヴァイ)」全巻揃いを見つけ歓喜しました! もちろん、レンタル落ちではないセル版ソフトです。
 その時はセル画や古書を買い込んでいたため、持ち帰るには厳しい状態であり、財布の中身も軽くなっていたので「明日まで売れないでくれ〜」と願いつつ、出直す事にしました。
 翌日(つまり12日。昨日です)、仕事の都合で会社を出たついでに中野まで足を伸ばし、大急ぎで「まんだらけ」へ駆け込みましたが、幸いにも「メルヘヴンZ(ツヴァイ)」は売れておらず、無事に入手できました!
 決して安い金額ではなく、月末に三つの大きな買い物(BD「22/7計算中」第1巻&第2巻、資料用古書、セル画)を控えているのを承知していましたが、買い逃して後悔するのは嫌だったので一足早い自分への誕生日プレゼントとして即決購入しました。

 とりあえず、ネット上の情報とジャケット裏の内容紹介からドロシーのピンチシーンが見られるエピソードだけを視聴。大いに満足しながら積年の本懐を遂げた気分を味わえました。
 年末年始の休日を利用して第53話から第102話までをガッツリと視聴し、その中からドロシーのピンチが見られるエピソードをチェックし、リアルタイムで「メルヘヴンZ(ツヴァイ)」を見ていたヒロピン好きorリョナラーの同志と少しでも当時の思い出を共有したく、調査結果を本ブログにて紹介する予定です。

アイドル作家誕生の試金石となるか? 「“ない本”を作り出せ! 妄想クイーン決定戦!」

★「黄昏タイムス」開設10周年★
 ・特別企画第一弾(2020年4月19日)
 ・特別企画第二弾(2020年7月12日)


 お笑い芸人の著書がベストセラーとなり、あまつさえ権威ある文学賞も取ってしまう現代。〈22/7〉からもアイドル作家を排出するため……かどうかはわかりませんが、十一人の中から厳選された六人に妄想小説の梗概を作ってもらう企画が実行されました。
 題して「“ない本”を作り出せ! 妄想クイーン決定戦!」。
 元々はTwitter発のネタだったらしく、一枚の画像をヒントに「タイトル」と「あらすじ」を考えて架空の小説を作るという企画内容です。
 お題となる四枚の画像から一枚を選び、妄想を掻き立てて架空の小説を作りあげて概要紹介のプレゼンテーションをする。審査員の小宮浩信氏は100点満点で各メンバーの作品を採点し、一番得点が高かったメンバーには「妄想クイーン」の称号が与えられます。
 ナレーターに「妄想力豊かなメンバー」と紹介された丸山あかね、柊つぼみ、河野都、神木みかみ、藤間桜、滝川みうが披露する小説とは……。
 リアルメンバーの性格を考えると、齋藤ニコル、立川絢香、佐藤麗華が参加しても面白そうでしたが、残念ながら今回は出演メンバーに選ばれませんでした。
 または、小説を書くようなイメージが浮ばない戸田ジュンと東条悠希(あくまでキャラクターのイメージ。中の人のイメージではありません)が参加しても面白かったかも……。

 オリジナル本の表紙は好きな画像の一部を切り取って作りますが、その表紙から妄想ストーリーを構築するため、表紙作成はプレゼンテーションにおける重要な要素となってきます。
 六人のメンバーに提示された画像は以下の四枚。いずれのタイトルもナレーションとテロップより。

 ①牧場の牛
 ②熱戦を繰り広げる球児
 ③青い空と緑豊かな大自然
 ④男女6人の青春

 このうち、④を選んだのは三人、①を選んだのは二人、③は一人しか選ばず、②に至っては誰も選びませんでした。
 ②はバッターに向ってピッチャーがボールを投げる高校野球の一瞬を捉えた写真なので、高校野球という限定されたシチュエーションから妄想を働かせるのが難しかったのでしょう(スポーツガールの悠希ちゃんならば、この画像を使って高校球児が主役の野球小説を書いていたかもしれません)。

 メンバーが妄想した小説のタイトル、使用画像、小宮ポイントは以下の通りです。

【丸山あかね】「幸福のピエール」④:85点
【柊つぼみ】「牛さんの魔法♡♥ 〜Our Destiny Forever〜」①:40点
【河野都】「ミルナ」④:75点
【神木みかみ】「カウガールの青い鳥」①:15点
【藤間桜】「言われてみればすべて青」③:10点
【滝川みう】「死なずに生きない」④:90点

 あかねちゃんは理知的な完璧ガールゆえ理路整然とした小説を書くと思いきや、説明不足な部分をネタにされてしまい、恥じらいながら「文才がないって言ったじゃないですかぁ」と弱音を口にしたうえ、メンバーの勝手な妄想補完について「もう好きにして下さい」と諦め気味に苦笑する結果に! 理数系でなく文系も得意なイメージでしたが、実は文系が苦手だったとは( ゚д゚)
 つぼみちゃんはファンタジー路線の面白そうな話を考えついたようですが、ヒートアップし過ぎて読者=小宮氏の興味を惹かせる部分まで口走ってしまい、低めの点数に落着きました。「アカン! ダメだ!」の関西弁魔女を主役にしたコミカルな小説にしていれば、また違った評価・得点になっていたかも知れません。
 都ちゃんは意外にも推理小説を意識した作品を仕上げ、どことなくホラー要素を混ぜ込んだ梗概からも読者の感心を惹きそうだと思いました。都ちゃんは「湊かなえ風のミステリー」をイメージしたと言っていますが、不条理な学園ホラーミステリーにしても面白そうだと思います。
 みかみちゃんはハートフルな童話っぽい小説を思い描いていたらしく、「あ〜ん、大変」という口語体を取り入れた説明が印象的です。キーポイントとなる青い鳥の謎を伏せている点は上手かったのですが、いかんせん、「ハッピーエンドですよ〜」と結末のネタバレをしてしまったのはマズかったようです。
 桜ちゃんの小説は犯罪実話とルポルタージュと推理小説をチャンポンにしたような概要となっており、どことなく「ひぐらしのなく頃に」を思い出させます。虚実入り乱れるトリッキーな自作解説にメンバーやMCは大混乱、つぼみちゃんは「(小説に書かれている)事件ってホントにあったの?」と念押しし、都ちゃんは「みんな、頭ん中は『?』だらけやで」とツコッミを入れるほどです。結果発表の後、みうちゃんに「一緒に本を出そ♥」と言っていますが、この作品をトリッキー思考の二人で共作したら、意外と傑作になるかも。
 みうちゃんは携帯メモという断片的な情報からリリカルでデカダン的な物語を作り上げましたが、哲学的解釈も可能な深読み歓迎っぽい難解な内容は「新世紀エヴァンゲリオン」ファンに高く評価されそう……な気がします。

 最終的には、メモから小説を作り出す発想力が加味され、小宮氏から90点の高得点を得た滝川みうちゃんが妄想クイーンの座を手に入れました。ご本人はあまり喜んでいないようですが(>w<;
 今回の企画に参加できなかった麗華様、絢香ちゃん、ニコルちゃん、ジュンちゃん、悠希ちゃんが妄想小説を披露する「第2回 “ない本”を作り出せ! 妄想クイーン決定戦!」も実現してほしいです。


【「22/7計算中」感想記事バックナンバー】
 ・「22/7計算中 小宮軍VS相田軍! 仁義なきゲーム対決」
 ・「22/7計算中 22/7ユニット対抗戦!! 団結して答えろ! 3クイズバトル」
 ・「22/7計算中 度胸が無いメンバーは誰だ!? ビビリクイーン決定戦!!」
 ・「22/7計算中 6thシングル「風は吹いてるか?」ヒット祈願ロケ企画プレゼンバトル」
 ・「22/7計算中 ユニットグッズプレゼンバトル
 ・「22/7計算中 神木みかみプレゼンツ 疲れたアナタにみかみんパワ~♪ 疲れたウチには?富士サファリパーク♪
 ・「22/7計算中 そういえばやっていなかった、あの企画をやってみよう!

東条悠希&河野都復帰記念「そういえばやっていなかった、あの企画をやってみよう!」

★「黄昏タイムス」開設10周年★
 ・特別企画第一弾(2020年4月19日)
 ・特別企画第二弾(2020年7月12日)


 2020年に入ってから休養のためアイドル活動を休止していた〈22/7〉メンバーの高辻麗さんと倉岡水巴さん。
 昨年末に同メンバーの花川芽以さんが体調不良でグループを卒業されており、今年の二月、同時期に二人のメンバーが休養に入ると知った時は「高辻さんと倉岡さんも最悪の場合……」と嫌な想像をしてしまいましたが、無事に回復・復帰され、現在はトークバラエティ番組「22/7計算中 2nd Season」(Tokyo MXやBS11にて2020年4月4日より放送中)やオンライン企画にも参加されています(お二人の活動再開については「高辻麗さん、アイドル活動再開!」と「倉岡水巴さん、活動再開告知!」をご覧下さい)。
 高辻麗こと東条悠希、倉岡水巴こと河野都が「22/7計算中 2nd Season」へ出演できなかった頃に行なわれた企画のうち、第5話&第6話「アドバンテージクイズ1vs6」と第14話&第15話「22/7共感グランプリ」を二人にも参加してもらうため、今回は悠希ちゃんと都ちゃんを主役とした「そういえばやっていなかった、あの企画をやってみよう!」が行なわれました。

 前半は「アドバンテージクイズ1vs6」が行なわれ、悠希ちゃんが「童話」に関する問題、都ちゃんが「関西芸人」に関する問題で、五人のメンバーと早押し回答クイズに挑戦しました。
 悠希ちゃんの童話愛は半端なく、難易度の高い問題を連続して即答(出題者が用意した回答を越える詳しい答えで正解し、MCの〈三四郎〉やメンバーを唸らせたほど!)しましたが、「次の写真のうち、「ブレーメンの音楽隊」に登場する動物を全て答えろ」という難易度3の問題をミスり、リーダーの佐藤麗華に正解を答えられ敗北……。童話に対する知識と愛情もボタンの早押しという物理現象には勝てなかったようです。
 電流ビリビリの罰ゲームを受けましたが、感電に悶える姿を藤間桜から「ピカチュウみたいw」と言われました。
 都ちゃんは大好きなお笑い分野という事で絶対の自信があり、メンバーに「おまえらは絶対に答えられへん!」と自信満々なドヤ顔で宣戦布告するものの……最高難易度の問題を麗華様にあっさり答えられ敗北。MCに泣きついてワンチャンスを貰ったものの、今度はトリッキー発言の多い桜ちゃんに正解を答えられて撃沈。
 さすがに三度目はなく、悠希ちゃんに続く電流ビリビリ罰ゲームの餌食となりました。

 後半は「22/7共感グランプリ」(テーマは「怒り」。事実上の第2回目となります)が行なわれ、前半と同じく悠希ちゃんが先行、都ちゃんが後攻となり、聞き役のメンバー五人へ自分が抱く怒りをプレゼンテーションしました。
 悠希ちゃんは「午前中も(宅配の)時間指定させろ!」と「電車を時間ピッタリに出発させるな!」と時間に関する理不尽な怒りを披露。どちらもサバサバした悠希ちゃんらしからぬ自己中心的な怒りの内容で驚きましたが、前者は配達員の非常識な行動で時間指定配達をしながら待ち時間を無駄にさせられた柊つぼみからは大いに共感を得られたようです(逆に都ちゃんからは白熱する怒り発言に「そんな怒らんと」と突っ込まれ、「そういう(=怒りを披露する)企画(やつ)だろうw」と苦笑いしながら反撃していました)。
 都ちゃんは駅名と食に関する怒りを披露。前者の「同じ駅名やのに遠いねん!」は、同じ駅名なのに路線によって乗り場が遠い場所は他所から上京してきた人に不親切な駅だという怒りで、意外にもクールビューティーな丸山あかねから共感を得ました。後者では「お弁当の組み合わせパターンを増やせ!」という事で事務所へ配達される弁当の選択肢を増やしてほしい理由を得々と説明しましたが今一つ聞き役の共感は得られず、悠希ちゃんから「(おかずを増やす手間を考えると)お店の人がすごい大変」と突っ込まれる始末(都ちゃんも負けじと「お店の人のことなんて一回も考えたことないやろ」と反撃!)。食べ物の恨みを持つつぼみちゃんだけは熱の入ったフォローを入れてくれましたが、メンバーからもMCからも支持される怒りではなかったようです……。
 結局、二人とも麗華様のマークした怒りポイントを超えられず、「怒り女王 佐藤麗華」のV2を阻む事はできませんでした。


【「22/7計算中」感想記事バックナンバー】
 ・「22/7計算中 小宮軍VS相田軍! 仁義なきゲーム対決」
 ・「22/7計算中 22/7ユニット対抗戦!! 団結して答えろ! 3クイズバトル」
 ・「22/7計算中 度胸が無いメンバーは誰だ!? ビビリクイーン決定戦!!」
 ・「22/7計算中 6thシングル「風は吹いてるか?」ヒット祈願ロケ企画プレゼンバトル」
 ・「22/7計算中 ユニットグッズプレゼンバトル
 ・「22/7計算中 神木みかみプレゼンツ 疲れたアナタにみかみんパワ~♪ 疲れたウチには?富士サファリパーク♪

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (96)
22/7 (61)
アニメ (65)
ゲーム (57)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (17)
DOA・無双 (120)
イラスト企画 (44)
鉄拳・スト鉄 (96)
漫画・絵物語 (122)
イラスト・挿絵 (51)
ウルトラヒロイン (13)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
ドラマ・映画・イベント (44)
御挨拶・お知らせ・交流 (169)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR