FC2ブログ

2020-08

三週間に亘る企画「度胸が無いメンバーは誰だ!? ビビリクイーン決定戦!!」完結

★「黄昏タイムス」開設10周年★
 ・特別企画第一弾(2020年4月19日)
 ・特別企画第二弾(2020年7月12日)


 トークバラエティ番組「22/7計算中 2nd Season」の8月15日初放送分から8月29日初放送分の全3回に及ぶ企画「度胸が無いメンバーは誰だ!? ビビリクイーン決定戦!!」が完結しました。
 静岡県熱海市の某所にあるという廃校(20年前に閉校したとの事ですが、ガチか設定かは不明)を舞台に、東条悠希、柊つぼみ、河野都を除く〈22/7〉メンバー8人が度胸試しをするという企画です。
 過去の放送エピソード(Season1 第3回&第4回「アイドルの登竜門 絶叫リポート選手権」)では、最年少の戸田ジュンが絶叫に近い悲鳴をあげるほどのビビリぶり)を、冷静沈着な丸山あかねが恥も外聞もなく逃げ回る意外なビビリぶりを、それぞれ発揮しており、二人にとっては屈辱を晴らすためのリベンジとも言える企画でした。

 廃校各所には〈22/7〉メンバーの発案による「ビビらせ仕掛け」が施されており、それらの仕掛けに耐えながら(?)『計』『算』『中』の文字が書かれた三つのボールを見つければミッションクリアとなります。
 ミッションにチャレンジする映像を見たMCの小宮浩信氏が各メンバーを採点し、得点が一番高かったメンバーには『度胸クイーン』の称号が、一番低かったメンバーには『ビビリクイーン』の不名誉な称号が与えられます。

 第一週は「斎藤ニコル・藤間桜・戸田ジュン」の、第二週は「立川絢香・佐藤麗華・滝川みう」の、第三週は「神木みかみ・丸山あかね」の、それぞれ度胸試しが放送されました。
 各メンバーへ判定が下されたポイントは下記の通りです。【】内は度胸ポイントの数値となります。
 
 1位:【97】丸山あかね(度胸クイーン)
 2位:【95】滝川みう
 3位:【90】佐藤麗華
 4位:【85】斎藤ニコル
 5位:【78】立川絢香
 6位:【65】戸田ジュン
 7位:【28】藤間桜
 8位:【24】神木みかみ(ビビリクイーン)

 仕掛けに驚きながらも言動に余裕を感じさせる麗華様、どんな仕掛けにも動じる事なく先へ進んで行くみうちゃん、冷静な対応と判断で仕掛けを攻略するあかねちゃん。
 この三人が上位独占というのは納得の結果です。
 みうちゃんとあかねちゃんは、二人とも100点満点に近い肝っ玉の持ち主でした。
 逆に、天真爛漫なトリッキィクイーンの桜ちゃん、おっとりマイペースで驚く事を知らなそうなみかみちゃん、この二人が予想以上にビビリだった事にはビックリしました。

 ビビリクイーンとなったみかみちゃんには、汚名返上のチャンスとして「ギリギリまで耐えろ! ビビリチキンレース!!」という試練が与えられました。
 『特製チキンレース台に顔を寄せ、徐々に近づいてくる蛙にビビらず限界まで耐えられればビビリ克服』という救済措置ですが……まさかの結末が!
 スタッフ側としては、みかみちゃんが蛙を嫌がって早々にチキンレース台から顔を離すと予想していたのでしょうが、みかみちゃんは全く怖がる様子もなく、逆に顔面ギリギリまで近づいた蛙に「あらぁ♥」と可愛く語りかける始末!
 全ての仕掛けに対して全く驚きを見せなかったみうちゃんとは違った意味での企画クラッシャーぶりを見せ、あっさりビビリクイーンの称号を返上(替わりに「企画クラッシュクイーン」の名誉を非公認で進呈された模様)。ぬる〜い雰囲気をスタジオ内に広め、三週間に亘る長編企画の幕を閉じてくれました。



【追記】ロケ地となった廃校は熱海市内に実在するそうです。詳細は「【22/7計算中】ビビリクイーン結果・聖地巡礼地まとめ」(「22/7(ナナブンノニジュウニ)応援中」2020年8月16日付記事)をご参照下さい。(2020年9月2日・記)


【感想記事バックナンバー】
 ・「22/7計算中 小宮軍VS相田軍! 仁義なきゲーム対決」
 ・「22/7計算中 22/7ユニット対抗戦!! 団結して答えろ! 3クイズバトル」
スポンサーサイト
[PR]

総アクセス数410,000HIT達成

★「黄昏タイムス」開設10周年★
 ・特別企画第一弾(2020年4月19日)
 ・特別企画第二弾(2020年7月12日)


 2020年8月16日23時、当ブログへのアクセス数が410,000Hitに達しました。
 更新頻度や更新内容の低下に伴って日計アクセス数も減少し、FC2カウンターの日時別アクセス数解析から容易に達成時間が特定できました。
 前回のキリ番報告記事は2018年6月17日付の「380,000HIT達成の御礼」だったので、。二年以上もキリ番報告をさぼっていた事になります……。
 2019年は十ヶ月もブログ休止状態となっており、その間に400,000Hitを数えていたかもしれません。
 410,000Hitという中途半端な数での報告となるあたり、ブログ管理人のズボらさがモロばれです(汗)

 予想外のキリ番達成となったので、今回のキリ番記念イラストはありません。
 こういう大雑把(=いい加減)なところも、当ブログらしいと言えばらしいでしょうか……。

納涼! YouTubeで聴く怖い話

★「黄昏タイムス」開設10周年★
 ・特別企画第一弾(2020年4月19日)
 ・特別企画第二弾(2020年7月12日)


 長雨による冷夏から一転して全国的な猛暑日が続く中、コロナ対策や熱中症対策に気をつけながらの生活は気苦労が耐えません。
 過酷な猛暑による体の火照りを軽減するには、冷たい飲物と冷房と怖い話の三点に限ります!
 しかし、かつては夏の風物詩だったテレビの心霊番組や恐怖ドラマは放送枠が激減し、たまに放送されても「やらせ」がバレバレな心霊・恐怖映像系の番組ばかりで見るに耐えません。
 そんな現代において頼もしい味方がYouTubeです。
 下手な怪談師よりも上手い朗読による怖い話の朗読チャンネル、アマチュアとは思えないクオリティのホラー漫画動画チャンネル、都市伝説紹介チャンネルと、背筋も凍るような物語を好きな時間に楽しみたい人の強い味方=チャンネルが数多く存在します。

 お盆期間も間近に迫った事ですし、YouTubeに開設されている怖い話・怪談関連チャンネルのベスト3を独断と偏見で紹介しようと思います。
 あくまで私見に基づいた評価であり、紹介文も私が勝手に書いたものであり、該当チャンネルの公式見解ではありません。


 【1】コミックパンダ
 2019年6月22日に開設。都市伝説や怪談などを紙芝居形式で語るチャンネル。YouTube界の「闇芝居」とも言えるハイクオリティな漫画動画をハイペースで公開しており、朗読レベルも高いです。一作毎に漫画の絵柄を変えるのは「まんが日本昔ばなし」を思わせ、次回作はどのような作画かを想像する楽しみもあります。
 最近のお薦め作品は「【洒落にならない怖い話】未解決の心霊事件『神戸の一軒家いらないか?』【漫画動画】」(2020年7月26日公開)。

 【2】ごまだんごの怪奇なチャンネル
 2015年5月23日開設。怪談朗読チャンネル。淡々とした語り口の朗読は癖になり、選ばれる怖い話もバリエーション豊富なので聞き飽きる事がありません。
 最近のお薦め作品は「【怪談】竹書房怪談文庫朗読10話つめあわせ【竹書房怪談文庫】(2020年6月17日公開)。

 【3】ホンコワ
 2019年12月16日開設。デフォルメ化されたキャラクタ―と演出によるアニメで怖い話を紹介するチャンネル。サムメイルはリアル路線の画風で表示されますが、実際は上記のようにデフォルメされた画風になっており、残虐なシーンやグロテスクな場面もソフトな描写となっているため、グロ系が苦手な方でも安心して(?)見られる工夫がなされています。
 最近のお薦め作品は「【本当にあった怖い話】「見る勇気のある奴だけでいい」前日遊んだ友人の突然の訃報。友人に起こった異変を聞いていた親父が語ったのは…。」(2020年8月8日公開)。

 【3】クロネコの部屋
 2018年8月21日開設。怖い話や都市伝説をアニメで紹介するチャンネル。ミステリー案内人・クロネコさんが紹介作品の概要などを冒頭で説明し、コミカルな画風のアニメーション(「ホンコワ」チャンネルのアニメと同じ作画? 急にリアル系画風が挿入される事もあります!)で内容を紹介するという形式が採られており、名作ホラー漫画「アウターゾーン」(原作:光原伸)を思い出させます。
 最近のお薦め作品は「【本当にあった怖い話】「途中で終わらせてはならない」とある地域に伝わる都市伝説”階段怪談”を実行したら。 → 後ろから何かが一段ずつ近づいてきて…」(2020年7月25日公開)。
 2020年8月7日には「コミックパンダ」チャンネルとコラボレーションが行なわれ、「【洒落にならない怖い話】猿の悪霊『ヒサルキ』に憑りつかれた結果カラダを奪われ・・・『ヒサルキ・前編』【漫画動画】」及び「【洒落にならない怖い話】悪霊『ヒサルキ』に隠された衝撃の真実とは・・・『ヒサルキ・後編』【漫画動画】」にクロネコ姉さんがゲスト出演しています。


 以上、自己視聴率による怖い話・怪談関連チャンネルのベスト3となりますが、この他にも

 ・都市伝説講座(2007年5月29日開設)
 ・怪談師ナナシロ(2010年3月4日開設)
 ・surume yukkuri(2012年11月26日開設)
 ・りっきぃの夜話(2012年12月20日開設)
 ・中武優 : 不思議な館(2013年11月8日開設)
 ・ヤミツキテレビ(2013年12月1日開設)
 ・怖い話 怪談 朗読(2015年3月12日開設)
 ・怪談製作所(2016年9月20日開設)
 ・花子さんの怪談TV(2019年7月18日開設)
 ・サリヴァンのトリハダ部屋(2019年8月24日開設)

 といったチャンネルがお薦めです。
 それぞれに独自性を持った動画を配信しているため、暑さから少しでも解放されたい方は気になったチャンネルへアクセスしてみて下さい!
 いずれもリンク確認は2020年8月12日現在となっています。



【追記】2020年8月16日の夜、Twitter経由でコミックパンダ氏(ホラー動画漫画コミックパンダ名義。@comicpanda2019)より「まとめてみる方ように月ごとの再生リスト作りました!もしよければm(__)m」との情報をいただきました。月間再生リストはこちらからリンクできます。(2020年8月17日・記)

股裂き状態で逆さ宙吊りされるレジスタンス美少女

★「黄昏タイムス」開設10周年★
 ・特別企画第一弾(2020年4月19日)
 ・特別企画第二弾(2020年7月12日)


 寛永十四年。突如として日本上空に現れたキリングマシーン軍団〈天魔〉は、圧倒的戦力によって人々を蹂躙していく。悪逆無比な軍勢に対抗するため、優れた力を持つ人間は〈抵抗軍(レジスタンス)〉を結成し、キリングマシーンと血で血を洗う激しい死闘をくり広げる。

 オズノらいおん氏による『キョムノヒガン』は、2019年から2020年にかけて「コッミクDAYS」へ連載されたSFバトルアクション漫画で、過去と未来の時間軸を巧みに描き分けながら予測不能の物語を紡ぎ出し、一話毎に読者の興味を次回へと掻き立ててくれます。
 SF+アクション時代劇といえば、空知英秋氏の漫画「銀魂」やTVアニメ「サムライチャンプルー」を連想される方も多いと思いますが、細部まで作り込まれた世界観やSF要素、美麗な作画はSF忍法帖「蟲忍」(原案:前嶋重機/小説:古橋秀之)に近い仕上がりになっており、随所に散りばめられたエロチシズムも見所の一つと言えるでしょう。
 ただ……残念ながら『キョムノヒガン』は第3巻以降が電子書籍のみの販売となり、紙媒体のコミックスで読んでいた読者は壮大な物語が佳境に入る直前で打ち切り感を味わうハメになり、本作の結末を知る事はでません(コミックスは2020年6月10日販売の全4巻で完結しました)。

 上記のような理由から最終回を知らないため、長らく作品紹介を塩漬けにしてきましたが、せっかくなのでエロチックなヒロピンシーンだけでもご紹介しようと思い、物語の途中までしか知らない作品の記事を書く事にしました。
 ご紹介するのは、ヒロインのイチが逆さ宙吊りにされて大股開きの恥ずかしいポーズを晒すシーン。第6話「潜入」(コミックス第2巻収録)で見られる眼福ショットです!
 生け捕りにされたイチの目前に、超破壊兵器「虚無」で一千万人を蒸発させた〈天使・世翼(ヨハネ)〉が出現。
 両腕の自由を奪われた状態にも関わらず、最愛の弟を失った悲しみと怒りからイチは世翼に立ち向かっていきますが、巨大な体を持つ仇敵に捕獲され、逆さ吊りのまま股が裂けるくらいの大股開きポーズを取らされます。
 勝ち誇る世翼はイチの痴態を晒したまま、一緒に連行されたバロという青年に向かい、美しい少女の純潔を汚すよう命じます。

天魔「世翼」に捕えられたイチ
(C)オズノらいおん/講談社
逆さ吊るしのまま股裂きされるイチのお尻
(C)オズノらいおん/講談社
身動き出来ないイチに迫る最大の(?)危機
(C)オズノらいおん/講談社

 イチは弟の仇敵に弄ばれたまま、バロに貞操を奪われてしまうのか。
 緊迫する展開の先はコミックスでご確認下さい。
 ただし……前記のように紙媒体の単行本は第2巻で発売が打ち切られているのでご注意を!!



【追記】記事挿入用画像のサイズに調整不備があったため、画像を削除・修正して再アップロードしました。(2020年8月12日・記)

白熱のチーム内対戦「22/7ユニット対抗戦!! 団結して答えろ! 3クイズバトル」

★「黄昏タイムス」開設10周年★
 ・特別企画第一弾(2020年4月19日)
 ・特別企画第二弾(2020年7月12日)


 2020年9月30日に発売される〈22/7〉のニューシングル「風は吹いてるか?」には、カップリングソングとして同グループ初のユニットソングが収録されます。
 CD発売に先駆けた7月22日にファン投票が行なわれ、そこで選ばれた3つのユニットが結成されました。
 8月8日放送の「22/7計算中 2nd Season」第19回「22/7ユニット対抗戦!! 団結して答えろ! 3クイズバトル」では、ユニット別に分かれた3チームによって知力とチームワークを競う熱き戦いが行なわれました。

 チーム名は仮称のようですが、現時点では《SEXY TYPE》、《HAPPY TYPE》、《YURUFUWA TYPE》とされています。
 各ユニットの所属メンバーは、(過去記事「〈22/7〉新ユニット発表!」でも記していますが、以下のようになっています。

 《SEXY TYPE》:佐藤麗華、斎藤ニコル、立川絢香、丸山あかね
 《HAPPY TYPE》:東条悠希、戸田ジュン、柊つぼみ、河野都(療養中)
 《YURUFUWA TYPE》:藤間桜、滝川みう、神木みかみ

 4人編成のユニットが二つありますが、療養中の都ちゃんは現在も長期休業が続いており、残念ながら姿を見せませんでした(番組中では、都ちゃんが欠席である事を説明する字幕やMCによる補足はなかったです)。
 対戦は人数が公平になるよう、ユニット《SEXY TYPE》はメンバー入れ替え制が採られ、3人対戦形式となるよう配慮されています。
 本記事は「22/7ユニット対抗戦!! 団結して答えろ! 3クイズバトル」の大ざっぱなレビューとなっており、各ゲームの結果や優勝チームを明かしています。
 思い切り結末をバラす内容となっていますので、これから録画視聴される方はご注意下さい!

 オープニングではソーシャルディスタンスの都合からチーム代表の1名(《SEXY TYPE》は2名)がモーション組としてスタジオ入りし、他のメンバーは残念ながらパネル出演となりました。
 パネル組となったのは、斎藤ニコル、立川絢香、滝川みう、神木みかみ、東条悠希、戸田ジュンの6名です。
 対戦が始まる前、各ユニットが自軍アピールをしていますが、似た者同士が集まった配分という事を改めて思わせるアピールとなりました。
 《SEXY TYPE》は絢香ちゃんの号令でユニット名を四人揃って口にしましたが、大人びた雰囲気のメンバーが集まっただけに色気があるアピールでした。特に冷静沈着なあかねちゃんの「セクシーチームです♥」という艶かしい言い方は普通にエロく、クールビューティーの面目躍如です。
 《HAPPY TYPE》は司令塔である悠希ちゃんの号令で「チームハッピーぃ」と三人揃って自軍アピールをしましたが、MCの小宮浩信氏から底抜けの明るさを「ハッピーっていうか、なんかバカでしたね」とツッコまれています。
 《YURUFUWA TYPE》は個性的すぎる三人が揃い、テロップでは「超次元トリオ」とまで書かれる始末! 桜ちゃんが「私たち〜!」、みかみちゃんが「ゆるっとぉ!」、みうちゃんが「ふわっと……」と言ってから三人揃って「ゆるふわチームで〜す!」と高めのテンションでアピールしましたが、小宮氏からは「ゆるすぎますっ!!」と、やはりツッコミが入りました。

 各ユニットの自軍アピールが終わった後、いよいよ対戦開始。
 ユニット毎にスタジオ入りしてクイズが行なわれたため、ここでは出演メンバー全員がモーション組として登場しています。
 複数週に亘る企画ではなかったため、全2ラウンドの短期決着となる勝負でした。
 以下、対戦内容と獲得ポイント、簡単な私的レビューとなります。


【ROUND1 3文字クイズ】
 HAPPY TYPE:10ポイント獲得
 SEXY TYPE:10ポイント獲得
 YURUFUWA TYPE:ポイント獲得なし
・答えが三文字になるクイズが出題されるので、回答者は自分が座っている順番の解答文字を書き、三人揃って答えの単語を導き出せれば10ポイント獲得。全2問。
 《HAPPY TYPE》は初っ端から簡単な問題(「甲子園球場がある都道府県名は?」)をつぼみちゃんとジュンちゃんのミスで落としたものの、続く二問目を正解して10ポイントを獲得しました。
 《SEXY TYPE》は4人編成なので一問づつメンバー交代する事で回答者が三人になるよう調整され、一問目は麗華様、絢香ちゃん、あかねちゃんが回答席に着き、難なく第一問目(「『鮪』の読み方は?」)をクリア。漢字を見た瞬間に麗華様が見せた「何コレ?」と驚くセクシーさを忘れた素(す)の反応は要チェックです!
 メンバー交代として麗華様とニコルちゃんが入れ替わりましたが、残念ながら回答を間違えてしまい追加ポイントは得られませんでした。
 悩むニコルちゃんを絢香ちゃんが小声で「ニコルちゃん頑張れ!」と優しい声で励ます姿、ニコルちゃんが好きなカタカナ文字は「マ」だとカミングアウトした事が印象に残りました。
 《YURUFUWA TYPE》はメンバー全員の思考回路がトリッキーなせいか今ひとつ好調の波に乗れなかったようで二問とも不正解となりポイントの獲得はなし。
 知性派が揃った《SEXY TYPE》でしたが、意外にもニコルちゃんがストッパーとなってしまい、全問正解にならなかったのは予想外でした。

【ROUND2 3文字熟語クイズ】
 SEXY TYPE:30ポイント獲得
 HAPPY TYPE:30ポイント獲得
 YURUFUWA TYPE:50ポイント獲得
・画面に表示された21文字の漢字の中から順番に1文字づつ選び、3文字熟語を作る。制限時間は2分。一問クリア毎に10ポイント獲得。
 トップ回答者となった《SEXY TYPE》は絢香ちゃんが抜けた面子で挑戦。席順は「あかね・ニコル・麗華」。
 ニコルちゃんの閃きが今ひとつでスムーズに回答が導き出せず、タイムロスをする場面が多く見られました。ニコルちゃんの反応を見て一文字目の漢字を書き換える機転を見せたあかねちゃんですが、ミス・パーフェクトらしからぬミスを犯してしまい、そこが勝敗の分かれ目になった気がしないでもありません。
 《HAPPY TYPE》の席順は「つぼみ・悠希・ジュン」。
 一文字目を担当するつぼみちゃんが散りばめられた漢字の中から次々と熟語を組み立てていくも、その閃きが二文字目を担当する悠希ちゃんに伝わらず、残念ながら三問正解で時間切れに……。
 なかなか答えが導き出せず、一文字目の漢字を書き直すよう指示する司令塔の悠希ちゃんは、テロップで「ポンコツ指令塔」だの「高圧的なお願い」だのと散々な言われようでした。
 《YURUFUWA TYPE》の席順は「みうみかみ・桜」。
 帰国子女の桜ちゃんが漢字問題に苦戦するかと思いきや、ベストパートナーであるみうちゃんの思考をみかみちゃんよりも早く読み取り、二文字目よりも先に三文字目を書いてしまうトリッキープレイ(ここで「ルール無視だ」とツッコミを入れるのは野暮でしょう!)でスピーディな回答に大きく貢献。
 新しく「先走りクイーン」の称号が与えられた桜ちゃんの活躍によって全五問正解という好成績を出しました。
 
 ROUND1とROUND2の獲得ポイントを合計した結果、ROUND1でポイントが獲得できなかった《YURUFUWA TYPE》ユニットが大逆転! 下馬評を覆しての優勝となりました(ナレーションでも「大番狂わせ」と言われています)。
 最後の最後で劇的な勝利を収めるというのは超個性派揃いで最も癖の強いユニットらしいですが、こうした対抗戦は知性よりもチームワークが重要である事を証明した結末とも言えるでしょう。

 優勝した《YURUFUWA TYPE》ユニットの三人には、「ご褒美タイム」として焼き肉チェーン店『叙々苑』の「上カルビ弁当」(3,900円・税込み)が差し入れられました。
 今回も放送終了後にリアルメンバー出演の食事風景が放送され、楽屋で美味しそうに「上カルビ弁当」を食する西條和さん、天城サリーさん、涼花萌さんの姿を見る事ができました。
 そういえば、前回のチーム内対抗戦「小宮軍VS相田軍! 仁義なきゲーム対決」でも、この三名は勝利軍メンバーとして極上スイーツを味わっています。
 おとぼけ天然系な三人と思いきや、実は意外とキレ者揃いなのかも知れません。


【感想記事バックナンバー】
 ・「22/7計算中 小宮軍VS相田軍! 仁義なきゲーム対決」

三週間に亘る企画「小宮軍VS相田軍! 仁義なきゲーム対決」決着!

★「黄昏タイムス」開設10周年★
 ・特別企画第一弾(2020年4月19日)
 ・特別企画第二弾(2020年7月12日)


 トークバラエティ番組「22/7計算中 2nd Season」では、7月18日初放送分から8月1日初放送分の三週間に亘って「小宮軍VS相田軍! 仁義なきゲーム対決」(「小宮軍VS相田軍! 仁義なきゲームバトル」のタイトル表記もありますが、当ブログでは公式サイトのタイトル表記を採用しました)を放送しました。
 MCを務める〈三四郎〉の小宮浩信氏と相田周二氏がリーダーとなり、メンバー10人から各5人を選抜してチームを結成し、全5ラウンドの対戦を行なうという企画です。
 勝利チームのリーダーとメンバーは「ご褒美スイーツパーティー」に招かれ、敗北チームのリーダーはスイーツ代を自腹清算する、勝敗によって明暗が分かれる対決となりました。
 河野都が現在も療養中のため、本来は11人構成の〈22/7〉でも5人づつというチーム編成が可能となった訳ですが……メンバーの長期不在というのは見ていて辛いものがあります。

 メンバー選抜順はジャンケン勝負で決められ、勝利した小宮氏が先に一人目のメンバーを選ぶ権利を得ました。
 その後、相田氏が自軍メンバーの一人目を選び、以降、交代で二人目以降のメンバーを選んでいきます。
 小宮氏が選んだメンバーは、斎藤ニコル、丸山あかね、東条悠希、柊つぼみ、立川絢香の5人(指名順)。
 ニコルちゃんは小宮氏のご贔屓メンバーなので文句無しに一番手で選ばれ、続いて冷静沈着なあかねちゃん、元気一杯の悠希ちゃん、勝利の女神と呼ばれるつぼみちゃん、セクシー担当として絢香ちゃんが指名され、勝負事に強そうな面子が揃ったチームとなりました。 
 一方の相田氏は、滝川みう、藤間桜、佐藤麗華、神木みかみ、戸田ジュンをチームメンバーに抜擢(指名順)。
 ご贔屓メンバーのみうちゃんを大絶賛しながら最初にチームへ迎え入れ、みうちゃんの要望を聞き入れて桜ちゃんをメンバーとし、サブリーダーとして麗華様を選び、再びみうちゃんの希望を聞き入れてみかみちゃんをチームに引き入れ、最後まで残ってしまったジュンちゃんを加入させました。
 トリッキーで独特で不思議な思考回路の三人娘(みう&桜&みかみ)が同じチームに結集し、かなりクセの強いチームとなりました。

 以下、ラウンド別の解説形式で勝負内容、勝利チーム、獲得ポイントを記していきます。
 録画で全3回の対決を一気に見るつもりの方、これから決着回を録画などで見る方。思い切り結末バレしをしているのでご注意下さい!
 対戦模様の詳細は「三四郎雑記2nd」でも確認でき、同ブログにて該当エピソード記事をご覧いただくと当日のライブ感が味わえると思います。


【ROUND1 モノマネクイズ】
 先行・相田軍:100ポイント獲得
 後攻・小宮軍:120ポイント獲得(勝利)
・モノマネジェスチャーでお題人物を当てるクイズ。1つの正解で10ポイントを獲得。
 相田軍はみうちゃんのパントマイムなモノマネを理解するのに手こずり、大幅なタイムロスがあったものの、制限時間ギリギリでジュンちゃんが正解を出して全10問正解。
 小宮軍は個性的なモノマネが多く、難易度の高い”タモリ”と”明石家さんま”を悠希ちゃんが短時間で解答するファインプレーに助けられる形で全12問を正解しています。
 ニコルちゃんのキュートな「月に変わってお仕置きよ♥」モノマネ、常に冷静で感情を露にしないあかねちゃんが自分のモノマネに恥ずかしがる姿は、どちらも一見の価値がありました。
 各人のモノマネ内容は以下の通り(P=パス)。
【相田軍】
 麗華→IKKO、ジュン→バイきんぐ/小峠英二、みう→水谷豊(P)、みう→サザエさん、みかみ→クレヨンしんちゃん、桜→小宮浩信、麗華→EXIT、ジュン→出川哲朗、みう→反町隆史、みかみ→浅田真央、桜→仲間由紀恵
【小宮軍】
 つぼみ→安田大サーカス/クロちゃん、あかね→「DRAGON BOLL」の孫悟空、絢香→マツコデラックス、ニコル→セーラームーン、悠希→滝川カレン(P)、悠希→ちびまる子ちゃん、つぼみ→平野ノラ、あかね→タモリ、絢香→アントニオ猪木、ニコル→名探偵コナン、悠希→ハリセンボン/近藤春菜、つぼみ→明石家さんま、あかね→ルフィ、絢香→藤原竜也(時間切れ)

【ROUND2 ナナニジレモン】
 先行・小宮軍:150ポイント獲得
 後攻・相田軍:170ポイント獲得(勝利)
・リズム連想ゲーム。連想が続くたびに10ポイントを獲得。
 両軍ともに疑惑の判定が多かったものの、MCのジャッジは比較的に甘く、それぞれ最低二巡はいきました。
 絢香ちゃんの「オレンジと言ったらオレンジ色」は悠希ちゃんやあかねちゃんのフォローによってセーフ判定へ持ち込めそうでしたが……素直な絢香ちゃん(=宮瀬玲奈さん)の性格が災いしてアウト判定になったのが惜しかったです。
 ジュンちゃんの「人間と言ったら大きい」や桜ちゃんの「宇宙と言ったら世界」も激甘判定で見逃された感が強く、対戦を盛り上げる小宮ジャッジがなければ2巡せずに終わっていたかもしれません。

【ROUND3 ピッタリ合わせまショー】
 先行・相田軍:20/30ポイント獲得
 後攻・小宮軍:50/20ポイント獲得(勝利)
・提示されたヒントから共通する解答を出す意思疎通クイズ。答えが一致した人数分だけ10点獲得。ただし、複数の解答一致があった場合、一致数が多い人数分だけ10点獲得となる。
 独特な思考回路を持つ曲者揃いの相田軍は苦戦するかと思いきや、一問目は桜ちゃんとみうちゃん、麗華様とみかみちゃんが同一解答を出し、合計得点こそ低いものの見事なチームワークを見せました。
 第一問「動物園の人気者といえば?」はライオンやコアラといった王道解答を避け、みかみちゃん寄せの鳥系にしたところ、作戦が裏目に出て解答が微妙にバラけました。
 第二問「無人島に1つだけ持っていけるとしたら?」は、生活必需品とサバイバル必需品に連想が分かれたうえ、みうちゃんの「あると楽になる」がチームメンバーの連想とは違う意味の「楽」だったため、みうちゃんの解答は誰とも一致しませんでした。
 小宮軍は一問目で五人が解答一致を見せ、そのまま快進撃が続くかと思いきや第二問で解答がバラけて得点を伸ばせませんでした。
 第一問「苗字がナカムラの有名人といえば?」は、つぼみちゃんの大ヒントで見事に五人一致となりましたが、悠希ちゃんだけ違う人物を連想してしまい全員一致を惜しくも逃しています。
 第二問「中華の定番料理といえば?」は共通した連想がし易いテーマと思いきや、絢香ちゃんのヒントから導き出されるであろう「麻婆豆腐」と解答したのはつぼみちゃん一人、「ラーメン」(悠希ちゃん&小宮氏)と「餃子」(あかねちゃん&ニコルちゃん)の解答一致はあったものの加算得点は高くなく、料理発祥問題に言及した内紛が発生してチームワークが乱れた感があります。

【ROUND4 瞬間2択クイズ】
 先行・小宮軍:30ポイント獲得
 後攻・相田軍:40ポイント獲得(勝利)
・問題の答えが表示されているパネルは『A』と『B』のどちらかを制限時間内に選ぶ二択クイズ。全員正解すれば一問につき10ポイント獲得。
 問題文の朗読はナレーション担当の山盛由果さんではなく、滝川みう役の西條和さんでしょうか。
 シンキングタイムが5秒という短さのせいか、ニアミスをしてしまうメンバーが続出。
 小宮軍は一問目「キャベツはどっち?」という初歩的な画像問題を悠希ちゃんがミス、六問目「(信号で)進むのはどっち?」は視覚を利用したフェイントに引っかかってクールビューティーの三人(絢香ちゃん、あかねちゃん、ニコルちゃん)がミス、最終問題「四国はどっち?」も角度を変えた地図表記に騙されて五人がミスし、全員正解が僅か全三問という結果でした。
 完全無欠ガールのあかねちゃんが二度も凡ミスを犯す一方、日本地理が得意なニコルちゃんが最終問題で面目躍如の活躍を見せてくれました。
 相田軍はトリッキークイーンの桜ちゃんがミスを連発したものの、ミスしたのは間違えても仕方がないような問題が多く、チーム全体としても不利な対戦内容だったようです。
 それでも、英語問題を含めた全四問の正解を出し、麗華様に至っては全問正解という〈22/7〉リーダーの矜持と存在感を示しました。

【FINAL ROUND 大声合わせていくつでショー】
 先行・小宮軍:ポイント獲得なし
 後攻・相田軍:100ポイント獲得(勝利)
・出題テーマに答える声の大きさを絶叫ポイントに換算し、ポイントの合計点数が多いチームに100点が加算される。
 両軍ともに大きな声を出すのが苦手そうなリアルメンバーが一人づつ(小宮軍は宮瀬さん、相田軍は西條さん)おり、他のメンバーがどこまで不利を補えたかが勝敗の分岐点になりました。
 小宮軍は、悠希ちゃんが192ポイント、つぼみちゃんが128ポイント、小宮氏が197ポイント、あかねちゃんが182ポイント、ニコルちゃんが161ポイント、絢香ちゃんが104ポイントの合計964ポイント。
 あかねちゃんは出だしの「私は……」が182ポイントを記録した事に驚いて放心状態となり(テロップに「AI回路異常でフリーズ」と表示!)、後半は声がかすれてポイントを伸ばせませんでした。
 逆に小宮氏は相方の良い所を挙げる絶叫でチーム内最高点の197ポイントを叩き出しましたが、絢香ちゃんの104ポイントという驚愕の数値で努力が相殺されました。
 相田軍は、みかみちゃんが125ポイント、ジュンちゃんが181ポイント、麗華様が191ポイント、桜ちゃんが166ポイント、みうちゃんが122ポイントの合計980ポイント。
 大声を出すイメージが思い浮かばないみうちゃんは、麗華様とジュンちゃんに頑張る約束をし、その約束に応えた渾身の大声で122ポイントを記録しました。
 大きな声を出せそうなリアルメンバーが帆風千春さんと海乃るりさんの二人しかおらず、苦戦を強いられると思っていましたが、150ポイント越えが小宮軍と同じ四人おり、最終的には20ポイント近い差で勝利を収めました。
 小宮氏と相田氏のお題に仕込み感があり、テロップに『疑惑のボックス』と書かれているような疑惑があるものの、これはこれで上手い演出だと思います。


 最終スコアは小宮軍が370ポイント、相田軍が460ポイントとなり、序盤はリードを許していた相田軍が逆転勝利。
 お菓子大好きなジュンちゃんが極上スイーツを食べる事ができ、ジュンちゃん推しとしては嬉しかったです(推しメンが揃った小宮軍の敗北を残念に思う気持ちもありますが……)。
 システムの都合上、本来ならば食事風景を放送する事はできないのですが、今回は特別にリアルメンバー出演という形で食事風景も放送されました。
 帆風さんと海乃さんが見せる満面の笑みは見ていて微笑ましく、一方、画面外で一人寂しく食事風景を見ている小宮氏(支払いのために敗軍リーダーとしてスタジオに居残り)の全身からは悲哀のオーラが漂っていました。
 ボソりと呟いた「地味に高けぇ」という一言にも、一人残された小宮氏の哀愁を感じます。
 ご褒美スイーツは、原宿にある行列ができる人気カフェ「MUUN Seoul」で販売されている「トゥンカロンBOX」。ボリューミーな韓国式マフィンはインスタも映えするらしく、つぼみちゃんならば笑顔で食べている自撮写真をSNSへ投稿しそうですw
 小宮氏の自腹清算金額は2,400円の六人分で合計17,400円。安くもありませんが、味も品質も良いスイーツの六人分ならば、暴利という高額ではないように感じました。

 今さらではありますが、「22/7計算中」に出演するメンバー11人+MC2人が勢揃いした画像を用意しました。
 引用元は「22/7 ナナブンノニジュウニ」公式サイトです。
 第一期の番組宣伝素材となるため制服の色が水色ですが、現在放送中の第二期では第5回「アドバンテージクイズ1vs6(Part1)」から緑色の新制服となりました。
 上段左上から右下の順番で、立川絢香嬢、河野都嬢、佐藤麗華嬢、滝川みう嬢、斎藤ニコル嬢、戸田ジュン嬢、藤間桜嬢、丸山あかね嬢、神木みかみ嬢、東条悠希、柊つぼみ嬢です。

「22/7計算中」
(C)22/7

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (96)
22/7 (61)
アニメ (65)
ゲーム (57)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (17)
DOA・無双 (120)
イラスト企画 (44)
鉄拳・スト鉄 (96)
漫画・絵物語 (122)
イラスト・挿絵 (51)
ウルトラヒロイン (13)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
ドラマ・映画・イベント (44)
御挨拶・お知らせ・交流 (170)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR