FC2ブログ

2018-07

磯野舟と磯野カツオは義理の母子か?

 本記事における仮説はアニメ「サザエさん」公式設定を踏まえたうえで書いていますが、あくまで個人の一意見に過ぎません。「たかがアニメの設定に目くじらをたてる事もないだろう」と思われる方は閲覧をご遠慮願います。
 また、東京サザエさん学会が提唱する仮説も参考にさせていただきました。




 アニメ版「サザエさん」のキャラクター紹介によれば、三児の母である磯野舟は50ン歳、その子供達は24歳のフグ田サザエを筆頭に、長男の磯野カツオが11歳、次女の磯野ワカメが9歳と設定されています(公式サイトより)。
 原作漫画における仮説となりますが、東京サザエさん学会は著書『磯野家の謎』で「舟とサザエは義理の母娘関係であり、そのため、実子であるカツオやワカメとサザエの年齢差が10歳以上あるのではないか」と指摘しています。
 検証の詳細については省きますが、この仮説には説得力があり、長谷川町子先生の一ファンとして私も同学会による「舟とサザエは義理の親子説」を支持していますが、最近、この仮説はアニメ版にも当てははまるのではないかと思うようになりました。
 それだけでなく、「舟の実子はワカメだけであり、サザエとカツオは義理の娘や息子なのではないか」とも考えるに至りました。

 こう思うキッカケとなったのは、1991年放送のエピソード「オダテに弱い性格です」(作品No,3208)における舟とカツオ達の血液型問答です。
 数日前に同エピソードの録画映像を見たところ、リアルタイムで視聴していた時には気にも留めなかった会話の中で、よくよく考えてみると妙な部分がある事に気づきました。
 以下、舟とカツオ、ワカメの会話を再現してみます(協力:William Scott氏)。

 カツオ「ボクの血液型を教えてくれない?」
 舟「カツオは確かB型だよ」
 カツオ「え〜、Bなのぉ」
 舟「それがどうかしたのかい?」
 カツオ「いいやぁ、別にw」
 ワカメ「ねえ、母さん。あたしは?」
 舟「あんたはA型ですよ」
 ワカメ「ふ〜ん」
 カツオ「じゃ、姉さんは?」
 舟「カツオと同じBだと思ったけどね」
 カツオ「同じなのかぁ」

 結婚して別姓となったサザエはともかく、小学生のカツオとワカメは血液型を書類に記載する事も多いでしょうから、母親である舟が息子(それも家を継ぐべき長男!)の血液型を「確か」と言うのは解せません。
 しかも、ワカメには「あんたはA型ですよ」と断言しながら、サザエとカツオの血液型は「確か」だの「思ったけど」と曖昧な言い方で断言を避けています。
 カツオについてはプライバシーに関する事まで知り尽くしておきたいくせに、誕生日と並んで重要なデータである血液型をハッキリ覚えていない(=断言できない)のは何でだろう。そう疑問に思った時、脳裏に閃いたのが前記の仮説でした。
 義理の息子であればパーソナルデータを詳しく知らなくても仕方ありませんし、他人だからこそプライバシーを平気で踏みにじり、すぐに疑い、何かあると「お母さんに恥をかかせないでちょうだい」と嫌味を言うのではないでしょうか。
 夫が他人に産ませ男の子だからこそ、カツオに対して酷い態度を取るのも頷けます!

 また、2002年1月13日放送の「磯野家ゆめの一週間」(作品No未詳)では、ベビーベッドに寝かされている産まれたばかりのカツオを笑顔で見つめる舟の姿が確認できます。
 素人の耳学問なので間違っているかも知れませんが、産後、母親は一ヶ月くらいは安静にしていなければならないようです。直前のシーンから推察すると、カツオが産まれてからベビーベッドに移動させるまで、どんなに時間がかかっても数日程度でしょう。そんな短時間でベッドから起き上がり、洋服に着替えて出歩ける体になるでしょうか。
 それに、実の母親ならば洋服に着替えてベビーベッド内の我が子を見つめるより、抱きしめてあげたくなるのが親として自然の行動だと思うのですが……。

 生々しい想像ですが、サザエは波平が死別(または離婚)した先妻の娘、カツオは波平が不倫相手に産ませた子供なのかも知れません。
 舟を後妻に迎えた波平は跡継ぎとなる長男が欲しくて夜の営みを頑張るが子宝に恵まれず、諦めて他人に子供を産ませた直後、舟がワカメが産んだ。
 だからこそ、サザエとワカメは10歳以上も年齢差があり、舟はサザエとカツオの血液型をハッキリと覚えてないのではないでしょうか。

 以上、仮説を検証する知的遊戯とは言えない記事になってしまいましたが、訪問者の少ない末端ブログですし、こんな突拍子もない私見を書いてみました。
スポンサーサイト
[PR]

魔界一族を追うパンモロ上等女子、その名は千堂ヒメコ

 1980年代の『コミックボンボン』を思わせるギャグのセンスとヘタウマな作画が現代に甦った!
 霧隠サブロー氏の「魔装番長バンガイスト」を読んでいると、そんな感覚に陥ります。
 この作品はリイド社が配信するWEB漫画の無料配信サイト「リイドカフェ」にて、2017年4月6日から配信が始まっており、現在は第31話まで公開されています(2018年7月15日配信)。
 第21話までは単行本化されており、コミックス第2巻が7月25日に発売されました。

『魔装番長バンガイスト』第2巻カバー
(C)霧隠サブロー/リイド社

 本作の内容を簡潔に説明するのは難しく、リイド社公式の作品概要を要約すると「封印されし魔界一族が人類への復讐の炎と共に群馬県で復活。大邪神グデュリュー復活への生贄に捧げるため、日本全滅にうごめき出した。この危機に、怒りの魔装番長・バンガイストが立ち向かう!」となります。
 ギャグあり、お色気あり、アクションあり、特撮ネタあり、プロレス漫画の要素あり。
 様々な要素が盛りだくさんですが、とにかく作者が楽しみながら描いている事だけは間違いないでしょう!

魔装番長バンガイスト
(C)霧隠サブロー/リイド社

 単行本第1巻のカバーで豪快なパンモロポーズを披露していますが、「魔装番長バンガイスト」の紅一点である千堂ヒメコはお色気担当を一気に引き受けています!
 彼女は「ある組織の指令により魔界一族を追っている」少女であり、「組織からは生活費として一日700円が支給されている」ものの、当然それだけでは生活できないため、アルバイトをして生計を立てているそうです(「」内引用は第11話「海だ! 太陽ギラギラビキニでドッキン」より)。
 ちなみに、バンガストによればヒメコは「パンツ丸出しのバカ女」だそうです……。
 萌えるには厳しい絵柄ではありますが、ヒメコには豪快なアクション&ピンチシーンが多数用意されています!
 以下、コミックス第2巻に収録されているパンモロシーンとピンチシーンを抜粋してご紹介してみましょう。

 まずはピンチシーンから。
 ザ・デス多怒鬼による海水浴場爆破計画を描く第11話「海だ! 太陽ギラギラビキニでドッキン」と第12話「渚の大作戦! 大撲殺5秒前」より、獣魔軍団すぐやる課課長やる象くんのエレファントノーズウィップラッシュに撃たれて悶絶する姿、失神して十字架へ磔にされた姿です。

ヒメコのピンチシーン 磔にされるヒメコ

 続いて、最強トーナメント編(第19話〜第20話)から。第20話「強敵(とも)に捧げる鉄拳! セーラー服に手を出すな!!」より、ゾンビマンの手刀で新しく買った服を剥かれてパンティ一枚の恥ずかしい恰好にされてしまうシーンです。
 ちなみに、このあとは陵辱展開が待っている……のではなく、伝説のセーラー服に導かれ、パワーアップを遂げてゾンビマンをフルコッボにします。

ヒメコの脱衣シーン
(C)霧隠サブロー/リイド社

 最後はサービスショットのパンモロキックです。第17話「男たちの挽歌 それでも朝日はまた昇る」より、妖魔戦士キャプテントロールに奇襲攻撃を仕掛けた際の飛び蹴りシーン。
 ヒメコは頻繁にパンモロ姿を披露しているので、あまりありがたみはありませんが……(汗)

ヒメコのパンモロキック
(C)霧隠サブロー/リイド社

殺し屋はリョナラー(「三姉妹探偵団6 危機一髪篇」より)

 おっとり天然系の長女・綾子、活発ながら母性溢れる次女・夕里子、しっかり者で吝嗇な三女・珠美。個性豊かな三人姉妹がM警察署の国友刑事と力を併せながら知恵と勇気で困難を乗り越えていくライトノベル感覚のユーモアミステリー「三姉妹探偵団」はベストセラー作家の赤川次郎氏による人気シリーズで、昭和57年発表に第一作が発表されてから現在も新作が書き続けられている長寿シリーズでもあります。

 平成元年に初刊本が刊行されたシリーズ第6作「三姉妹探偵団6 危機一髪篇」は、国友刑事を恨む人物の標的にされた三姉妹が殺し屋に命を狙われる、タイトル通りの危機一髪なシーンが連続するサスペンシブルな一編です。
 三女の珠美は毒薬使いの青年に狙われますが、その毒薬使いは生粋のリョナラーらしく、毒に苦しみながら徐々に弱って行く犠牲者を見るのが何よりも好きなのだとか。
 ピストルや刃物で一気に殺(や)るより、命を奪うギリギリの分量の毒薬を呑ませて苦しむ様を見たい。この青年こそ、殺し屋という生き方が天職なのかも知れません!
 実際、裏社会の関係者があてがった女性の苦しむ顔を見るため、彼女の首を絞めそうになったというエピソードが作中に描かれています。


「フフフ……」
 女は忍び笑いをした。「ね、今話してた『薬を使う人』って、いつか私が相手した男のこと?」
「ああ。人が苦しんで、のたうち回って死ぬのを見て喜ぶっていう奴だ。――狂ってるよ」
「私、首しめられかけたわ」
「悪かった。あそこまでやるとは思わなかったんだ。ま、使いようだからな、あんな奴でも」

≪講談社文庫『三姉妹探偵団6 危機一髪篇』P65≫


 この毒薬使いの名前は小野井といいます。彼が依頼された新しいターゲットは三姉妹の三女、佐々本珠美でした。
 殺す相手が苦しみ悶える姿を見るのが好きな小野井はレストランでの暗殺を企て、巧妙な手段で珠美が注文したグラタンにヒ素を混入させます。


 小野井は、ポケットの中を探った。小さな紙の袋が、指先に触れる。その中には「死」がある。
 小野井は今、二十八歳。――子供のころから近所の犬や猫に、こっそり毒をやって、苦しむのを見て、面白がっている、という、恐ろしい性質を持っていた。

【中略】
 そして、二十歳を過ぎたころには、小野井は「一服盛る」ことで、食べていけるのだと知り、それを実行していた。
 楽しみで人を殺す。しかも、アッサリと死んでしまってはつまらない。
 だから、小野井は、確実を期して、多目に薬を使う、ということはしない。ぎりぎりの量で、相手が苦しみ抜いて死ぬのを、楽しむのである。
 あの娘には、この量で充分だろう。――直感は、めったに、外れたことはなかった。後は、グラタンの出来上るのを待つばかりだ……。

≪講談社文庫『三姉妹探偵団6 危機一髪篇』P133〜135≫


 ヒ素が混入された事を知らないウェイトレスは注文テーブルへグラタンを運び、珠美は熱々のグラタンを食べ始めます……。
 猛毒入りのグラタンを食べてしまった珠美はどうなってしまうのか。続きが気になる方は原作小説を読んでみてください!
 本作は講談社文庫のロングセラーとして版を重ねており、現在はカバーイラストが描き直された新装版が新刊で入手できます(旧版イラストは酷かったですが、新装版は現代風なイラストでラノベっぽい感じがします)。

「FIGHTING EX LAYER」で初のオンライン対戦!

 発売から一ヶ月近く経った「FIGHTING EX LAYER」ですが、7月26日のアップデート対応により、ようやく「アーケードモード」が実装されました! この日をどれだけ待っていた事か……。
 これで少しは遊べるソフトになったかと思いきや、単純に登場する敵キャラクタ―と戦い続けるだけのシンプルな一人プレイモードであり、普通にオンライン対戦できない(orしない)プレイヤーへの救済措置的なオフラインモードの一つとして追加された感じです。
 対戦の合間に各キャラクタ―毎のストーリーが小芝居風に展開される事を期待していましたが、そんな親切設計にはなっておらず、すぐに飽きてしまうシンプルな追加モードでした。

 あまりの手抜きっぷりに呆れていたところ、PSNのフレンドでリョナラー仲間のゼロ氏からオンライン対戦のお誘いがあり、滅入った気分を晴らそうと「FIGHTING EX LAYER」で初のオンライン対戦を行いました。
 お互いにブレアを使い、数少ない必殺技の応酬でブレアのやられ姿を鑑賞するリョナ対戦をしましたが、あまりにも技の数が少ないため単調な試合となり、なんとなく一試合でオンライン対戦を終了してしまったのですが、この虚しい気持ち、「FIGHTING EX LAYER」をプレイされた方ならばわかってくれると思います。

 グラフィックも配信開始当初から改善・向上した形跡もなく、これならば前作にあたる「FIGHTING LAYER」のリメイク移植をしてくれた方が良かったです。
 アップデート対応で不具合を直したり、ゲームモードやキャラクタ―を追加できたりするからといって、「ストーリーモード」すら実装されていない未完成ゲームを売らないでほしいと思いました。
 今後もキャラクタ―追加などのアップデートが予定されているそうですが、もう「FIGHTING EX LAYER」には期待していません。
 気が向いた時に女子キャラ四人(訃(しらせ)、紗波音(ささね)、ブレア.デイム、ほくと)をリョナるため、ゲームデータだけは残しておくつもりですが……。



【追記】「FIGHTING EX LAYER」の公式サイトにアップデートの詳細が公開されていました。最新Versionはappver1.0.7、datavar1.0.7です。既存システムの修正を含むアップデート内容は以下の通り。「1.新ゲームモード(アーケードモード)の追加」(全7ステージをCPUキャラクターと対戦するソロプレイモード)、「2.ランクマッチ終了時の画面遷移先を変更」(続けて対戦相手を探した場合、以前は終了時はメインメニューに戻っていたが、アップデート後はユーザーがもともと遊んでいた場面に戻る)、「3.ランクマッチのマッチング待ち受け中に一瞬画面が停止する症状を軽減」。(2018年8月4日・記)

「FIGHTING EX LAYER」のエロ&リョナ要素を調査

 発売から半月近くが経つ「FIGHTING EX LAYER」ですが、エロ要素とリョナ要素の調査が一段落したので、その結果を簡単ながら報告しようと思います。
 個人調査なので不備があるかも知れませんが、特殊技も含め全13人の固有技をまんべなく調べたつもりです。
 また、有料配信されている追加カラーについてもメタルカラー2色以外の6色を購入したので、女性キャラクターのみですが5Pカラーから10Pカラーを紹介します。
 できれば勝利演出や一部キャラクターに存在するという試合前の掛け合いも確認しておきたかったのですが、現状の搭載モードやプレイ環境から「TRANING」しか選択できず、技とカラーのチェックだけにとどまりました。

 結果から言うと、エロ要素もリョナ要素も過度な期待をしなければイケるレベルではありました。
 前回の記事「PS4「FIGHTING EX LAYER」の第2回アップデート実施」にも書きましたが、エロやリョナを期待して本作を購入すると(現時点では)後悔するレベルなので、あくまで過度な期待を禁物ですが……。

 エロ要素としては100点満点のうち40点くらいでしょうか。
 「うつ伏せ時にほくとのムッチリした太腿がチラ見えする」、「ロメロスペシャルで艶かしく弓反りした姿が見られる」、この2つしかエロ要素と思わしき点は見つけられませんでした。
 ただ、ダメージ表情のグラフィックも見慣れれば「技のダメージに苦悶する表情」として、それなりにエロく感じられると思います。
 残念ながら女性キャラクター4人のうち生足を拝めるのは誰もいませんが、紗波音(ささね)を除く3人は微妙に下半身の素肌を拝めるため、エロいともエロくないとも断言できないコスチュームデザインです。

 リョナ要素としては、大甘に評価しても100点満点のうち50点が限界です。
 ダラン・マイスターのジャーマンスープレックス、アレン・スナイダーのストレートにボディ、投げて極める技、ブレア・デイムの掴み投げキックスライディングアロー、シャドウガイストのΣ(シグマ)・エリアル・ナイトメアがリョナ技として合格ライン(?)に達している程度なので、「鉄拳7」や「DOA5LR」のように豊富なリョナ技を期待するとガッカリさせられます。
 技の詳細とコマンドはスクリーンショット紹介の際に記します。
 次点としてスカロマニアのスカロトカチェフスカロドリームを挙げますが、リョナ技というには……う〜ん、少々苦しいかなぁ。

 ここからはスクリーンショットを貼りながら、駆け足でエロ要素とリョナ要素について解説(?)していきましょう。
 まずはエロ要素のうち、ほくとのムッチリ太腿から。
 前記のようにうつ伏せ時に袴のスリットから若々しく肉付きのよい太腿をチラっと見せてくれますが、私の検証では、ほくとの太腿チラ見えうつ伏せ姿はブレアのスライディングアローで転ばされた時だけしか見られないようです。

ほくと 太腿チラリズム
(C)アリカ

 シャドウガイストによるロメロスペシャルですが、やられ役(技をかけられるキャラ)の立ち位置が右か左かによってカメラアングルが変わり、正面から見た弓反りポーズ、股下側から見た弓反りポーズ、二つのアングルを楽しむ事ができます!
 関節技ダメージによる苦悶顔を見たい方、女子にとっては恥ずかしいガニ股ポーズを見たい方、それぞれのニーズに対応している点は高く評価します(>w<)b
 女性キャラクター4人のロメロスペシャルやられ姿を正面アングルと股下アングルの両方でまとめてみました。
 キャラクターの掲載順は訃(しらせ)、紗波音(ささね)、ブレア・デイム、ほくととなっています(以下、スクリーンショットの掲載順は前同。二段の場合は上段左から下段右の順になります)。

ロメロスペシャル(訃) ロメロスペシャル(紗波音)
ロメロスペシャル(ブレア) ロメロスペシャル(ほくと)
(C)アリカ

 ダメージ表情ですが、現時点(Ver1.06)では美人とまでは言えないまでも、それなりに被虐心をそそらせる苦痛の表情で再現されています。
 対戦中はキャラクターの表示サイズが小さめのせいで表情を確認し難いですが、スカロマニアの超必殺技スカロドリームのフィニッシュ時にカメラがズームアップするため、その時に(一秒程度の短い時間ですが)苦悶顔を確認できます。
 やられ役キャラクターの立ち位置(右か左か)によってカメラアングルが微妙に変わり、それに伴ってキャラクターのポーズや顔の見え方が変化します!
 各Versionのダメージ表情比較(モデル:訃)も行いましたが、現時点では特にグラフィック改善は行われていないようです。

左右ポジションのダメージ演出比較 ダメージ表情のグラフィック比較
(C)アリカ

 ブレアのスライディングアローで転倒した際の苦悶顔も載せますが、おそらく通常のダメージ表情と同一グラフィックかも思われます。
 角度が違うせいか、ちょっと違う表情に見えるのですが……気のせいかも知れません。

女性キャラクターのダウン表情
(C)アリカ

 続いてリョナ要素の紹介です。
 文章よりも画像をメインにした方がわかり易いと思うので、技名とコマンド(キャラクター右向き時)を記し、簡単な解説をしながら、スクリーンショットをご確認いただく形式にしました。
 現時点では特記するようなリョナ技はありませんが、今後のアップデートで既存キャラに新しい技が追加される事、無料配信されるヴルカーノ・ロッソとプルム・プルナに良い技がある事を期待しましょう……。


【1】ダラン・マイスター/ジャーマンスープレックス
 通常投げ。コマンドは「←弱P+弱K」。(一瞬ですが)まんぐりポーズが見られます!
ジャーマンスープレックス
(C)アリカ

【2】アレン・スナイダー/ストレートにボディ、投げて極める技
 通常投げ。コマンドは「←弱P+弱K」。首を極められた際、V字開脚ポーズが見られます!
ストレートにボディ、投げて極める技
(C)アリカ

【3】ブレア・デイム/掴み投げキック
 通常投げ。コマンドは「弱P+弱K」。フィニッシュの蹴りを食らった直後、苦悶顔を見せながら吹っ飛びます。
掴み投げキック
(C)アリカ

【4】ブレア・デイム/スライディングアロー
 必殺技。コマンドは「236+K」(クラシック)or「ニュートラル状態から→+K」(プログレッシブ)。フィニッシュ時、相手を転倒させる。
訃  足関節ダメージ後 紗波音 足関節ダメージ後
ブレア 足関節ダメージ後 ほくと 足関節ダメージ後
(C)アリカ

【5】シャドウガイスト/Σ・エリアル・ナイトメア
 超必殺技。コマンドは「(空中で)レバー二回転+P」(クラシック)or「(空中)↑↓+P」(プログレッシブ)。様々な関節技で相手の全身を痛めつけ、ロメロスペシャルで心身ともに大ダメージのフィニッシュ。
シャドウガイストの背骨責め シャドウガイストの関節技ラッシュ
(C)アリカ


 最期に有料追加カラーの紹介です。カラーは左から5P、6P、7P、8P、9P、10Pとなっています。
 せっかくなので、スクリーンショットする際はダメージ表情が確認できる場面で撮ってみました。

訃 ダメージ表情とカラーバリエーション-01訃 ダメージ表情とカラーバリエーション-02
紗波音 ダメージ表情とカラーバリエーション-01紗波音 ダメージ表情とカラーバリエーション-02
ブレア ダメージ表情とカラーバリエーション-01ブレア ダメージ表情とカラーバリエーション-02
ほくと ダメージ表情とカラーバリエーション-01ほくと ダメージ表情とカラーバリエーション-02
(C)アリカ

PS4「FIGHTING EX LAYER」の第2回アップデート実施

 2018年6月28日より配信販売が始まった「FIGHTING EX LAYER」ですが、7月11日に2回目のアップデートがありました。
 購入時のレビュー記事(と言える内容ではありませんが……)を読んでいただくとわかるかも知れませんが、「よくこのクオリティで販売する気になったな」と呆れてしまうくらい酷い内容で、7月10日時点の最新Version(datever1.0.15)ですら体験版レベルの完成度です。
 現代の家庭用ゲームソフトはオンライン接続された本体がある事を前提に作られており、未完成品へも平気で売り出すメーカーも増え、あの「ストリートファイター」シリーズでさえ、最新作は未完成品を販売しながら大容量のアップデートを重ね続け、挙げ句の果てに大型アップデート内容を反映させたゲームディスクを新しく販売するという事をしています。
 作り手のレベルが低下したのか、「未完成品でもファンは買うだろう」とユーザーをバカにしているのか、いずれにしても「自社製品を買ってもらっている」という消費者への感謝を忘れた連中が作るゲームソフトに期待してはいけない事を改めて思い知らせれました。
 ちなみに「FIGHTING EX LAYER」の初アップデートは7月7日に実施されており、アップデート内容の詳細については公開されていないようですが、オンライン関係の微調整と思われます(満足に遊べるオフラインモードが搭載されていないため、必然的にオンラインモード関係のアップデートという事になります)。

 閑話休題。
 今回のアップデートも詳しい修正内容は明かされていないようですが、「オンライン関係の微調整と一部キャラクターの性能調整」が施されたようです。
 オフラインモードの追加要素はなく、グラフィック面の改良も確認できませんでした。
 数日単位で細かいアップデートを何度もするのではなく、少しくらいデータ容量が多くても我慢するので満足に遊べるようなアップデート対応を一気に行ってほしいです!
 今の時代、初期使用可能キャラクターが12名で選択可能なコスチュームカラーは2色だけだなんてあり得ません。キャラクターもコスチュームカラーもリアルマネーで買えば増えるそうですが、キャラクターはともなく、コスチュームカラーまで買わせるなんて正気でしょうか。
 7月11日実施のアップデートでdateverは1.0.16となり、appverは1.06となりましたが……どちらも前Versionとの違いがわかりません。
 2018年7月9日に発信された「FIGHTING EX LAYER」公式アカウントのツイート(@FightingExLayer)では「nstallation of Sanane Since the guard direction of "Ariake" is difficult to understand,I decided to adjust it from tomorrow.(さなねの設置「有明」のガード方向がわかりにくいので、明日以降調整することにしました。)」(引用に当たり文章表示レイアウトを変更しています。以下、ツイートの引用については同)とあるため、この部分の修正はされているようですが……。
 余談ながら、先の引用ツイート中にある「さなね」は「紗波音」が正しい表記です。公式ツイートでキャラクター名を誤記するなんて信じられません。
 同じ7月9日には「明日以降、ランクマッチのペナルティリセットに関して補正を行う予定です。現在、ランクマッチ対戦中の切断に関して非常に厳しくペナルティを課していましたが、一部見直すことにしました。※ペナルティ回避を考慮して詳細は未公開とさせていただきます」ともツイートがあり、この点がオンライン関係の調整部分だと思われます。

 グラフィック面、対戦格闘ゲームとのしての完成度、どちらも荒削りすぎ、とても遊べたものではありません!
 本作の発売直後に「FIGHTING EX LAYERってエロい女の子目当てで買っても大丈夫?」というブログ記事(「気ままな猫のあにげー」2018年6月29日付け更新記事)が公開されましたが、堂々と胸を張って回答できます。「ダメです!」と。
 そうは言うものの、過度な期待をしなければエロ目的=ソフトなリョナ目的で遊べない事もないため、そのあたりはスクショ画像を使いながら日を改めて紹介しようと思います。

 最後に「FIGHTING EX LAYER」公式アカウントから発信された、気になるツイートをピックアップしてみます。 
 掲載はツイートの古い順です。改行箇所は基本的にツメました。


 ・「We have created a distribution version of dummy package sheet.For parts with problems due to trademarks,Unfortunately I deleted it.Please arrange it like you like everyone else.(ダミーパッケージシートの配布版を作成しました。商標の都合で問題がある部分は、残念ながら削除させてもらいました。皆さんで好きにアレンジして下さい。)【facebookのURLは省略】」(7月9日付けツイート)
 ※こんな遊びをしている余力がある、もっとゲーム開発に力を入れてほしいです。ディスク版ソフトの発売についてはダウンロード版の売り上げ次第で決まるという事でしたが、こんな手抜きゲームが売れると思っているのでしょうか。

 ・「HD版は今しばらくお時間をいただけると幸いです。 ※今までの素材でニセパッケージを作り販売しようとしている人を通報した為」(7月9日付けツイート)
 ※HD版=高解像度版の公開は偽物対策で延期しているようですが、お遊び用ジャケットなんか作っているから隙をつかれるのです。こういう遊びは、まともなソフトを完成させてからやってほしいものです……。

 ・「またこの調整に関しては開発内でも上位案件であり、今後の市場での対戦バランスを考慮した上で調整の対象になる可能性もあるとのことでした。また、バランスに関して真摯なご意見をいただいたことに、開発は感謝しております。ありがとうございます。」(7月11日付けツイート)
 ※対戦バランスより、まずはオフライン状態でのCUP対戦を実装すべきでしょう。ユーザーの全員がオンライン対戦を楽しみたいわけではないのですから。なお、冒頭に「この調整」とあるのは「過去シリーズではガードブレイク発動で硬化が解除される仕様だったそうなのですが、今作は強氣発動であること、ゲージ消費技であること、発動条件の難易度を考慮した上での仕様との回答でした。」(7月10日付けツイート?)という、ユーザーへの質問回答ツイートの事です。

 ・「Details regarding the release dates will be announced at EVO2018, which takes place from August 3rd in Las Vegas, America.(追加時期等の情報に関しましては、2018年8月3日よりアメリカ/ラスベガスで開催されるEVO2018会場にて公開予定です。)」(7月11日付けツイート)
 ※日本で発売されているソフトなのにアメリカのゲームイベントで追加要素の情報公開を行うとは……。本作は海外でも販売しており、欧米人気の方が高いのでしょうか。

 ・「Also, in our next Program Update (which we are planning to release before the end of July) we plan to add: -The option to return to Training Mode after connecting to an Online Match (Return to Training/Continue Waiting for a Match) -「Arcade Mode Ver0.80」 (Temporary Name)(また、次回のプログラムアップデイト(7月末までに計画予定)で ・通信待ち受けがトレーニングモード中で行われていた場合の挙動の追加(トレーニングに戻る/待ち受け継続) ・「アーケードモードVer0.80」(仮称)の追加 を予定しております。)」(7月11日付けツイート)
 ※……これくらい、最初から搭載しておいてほしいorz 「ストリートファイター5」もそうでしたが、どうしてアーケードモードの搭載を後回しにするのでしょうか。

 ・「ARIKA would like to formally announce the following additional characters for our game 「Fighting EX Layer」, which is currently available for purchase on PS4: -Vulcano Rosso -Pullum Purna Furthermore, we plan to make these characters available Free of charge.(株式会社アリカは、現在発売中のPS4ソフト『ファイティング EX レイヤー』におきまして、 ヴルカーノ・ロッソ プルム・プルナ の2体のキャラクターの参戦が決定したことをご報告させていただきます。また、この2体につきましては無償で追加される予定となります。)」(7月11日付けツイート)
 ※当然です。これで有料配信だったら購入者から大ブーイングでしょう。

カツオを壮絶にDisるサザエ!

 もはや時代錯誤感を楽しむネタアニメと化したアニメ版「サザエさん」が、またもやらかしてくれました!!
 2018年7月8日放送の「ただいまソンケー中」(作品No,7797)で、サザエがカツオに向かって「氏ね」という爆弾発言をしたのです(>w<)
 ……もちろん、ネットスラングの「氏ね」という意味ではありませんが、字幕表示状態で見た時のインパクトが強く、放送直後からTwitterを中心に話題を呼びました。
 ちなみに同作の脚本を書いたのは言うまでもなく雪室俊一大先生です。

 キャプチャー画像を用意できず、Twitterやネット上で公開されている該当シーンのキャプ画像を無断転載するわけにもいかないため、衝撃の問題発言シーンの画像は掲載できませんが、実況記事「【実況】サザエ「ハハッ!磯野カツオ氏ね」 タラヲ「わーいです!」 シーンの視聴者反応まとめ」(「ガールズVIPまとめ!)」2018年7月9日付け掲載)に多数の画像を載せた詳細解説があるので、視聴者の鋭いツッコミと併せ、姉が弟をネットスラングでDisる様子をお楽しみ下さい。
 おそらく、このエピソードは50年近く続く長寿アニメ「サザエさん」の中でもネタ作品として問題作トップ10にランクインする事でしょう!
 以下、ざっくりと問題のシーンについて説明します。以下、テレビ字幕の引用(「」括りのセリフ)は、前記「ガールズVIPまとめ!」該当記事の画像を参照しました。

 堀川君が尊敬する人は誰かという話題で賑わう磯野家。
 カツオは「一番尊敬しているのがお父さんで次が福沢諭吉らしいよ」と言いますが、実際は逆でした。しかし、波平を傷つけまいとカツオは、わざと一番目と二番目を入れ替えて話したのです。
 ところが外出先で堀川君と会っていた波平は、彼の口から本当の事を聞いていたようで「それは反対だろう」とドヤ顔でカツオの優しい嘘を否定します。
 真実を知っても落ち込まない父親に対し、カツオは「えっ、がっかりしないの? お父さん」と驚きますが、波平曰く「堀川君は尊敬の意味がよく分っとらんらしい」との事。ポーカーフェイスで「どうしてそう思われたんですか?」と問いただす舟に向かい、波平は「尊敬する人の3番目を聞いたからだよ」と答えましたが、どんな些細な他人の情報でも知っていなければ気が済まないサザエは興味津々な様子で「誰だったの? 3番目って」と聞き返しました。
 波平の答えは「カツオだよ」。まさかの回答に「僕?」と驚くカツオでしたが、弟を嘲笑しながらサザエは「ハハッ! 磯野カツオ氏ね」と爆弾発言をしたのです……。
 その直後、タラオは「わーいです!」と意味不明な合いの手を入れ、カツオを大いに困惑させます。

 さりげなくネットスラングをサザエに使わせてカツオをDisるカツオ差別主義者の雪室大先生
 さすが、テレビアニメ黎明期からアニメ脚本を書き続けているベテラン脚本家だけの事はあり、なんとも遠回しで陰険なイジメ方です。

 時報アニメとしての価値しかないと思っていた「サザエさん」ですが、案外、まだまだ楽しい話題を提供してくれる事があるかも知れませんw
 視聴者の斜め上をいく発想で暴走してくれる雪室大先生城山昇大先生のクレイジーな脚本投下を期待しつつ、もう少し、このオワコン長寿アニメに付き合ってみようと思います。



【追記】この件については、情報まとめサイト「matomake」の2018年7月10日付更新記事「サザエさんカツオに死ね発言で炎上!完全に放送事故」でも取り上げられました。興味のある方は「matomake」の該当記事もご覧ください。(2018年7月11日・記)

堀博昭『うららちゃんはプロレスなんて大嫌い』店舗別特典一覧

 絵師のあるマン氏から、素敵な作品を教えていただきました。
 秋田書店の運営する漫画配信サイト「マンガクロス」連載中の「うららちゃんはプロレスなんて大嫌い」です。
 作者は掘博昭氏。調べてみたところ、ワニマガジン社クロエ出版などで青年向け漫画の単行本を多数刊行されており、pixivにも登録されていました。

 あるマン氏から「うららちゃんはプロレスなんて大嫌い」という作品の存在を教えていただいたのは7月5日の事でした。
 来月開催される第94回コミックマーケットへの参加について電話をした際、久しぶりの連絡だったのでリョナネタの話で盛り上がっていたところ、「女子高生が兄貴とプロレスする漫画があって、そのコミックスが明日(=7月5日)に発売されるんですが、いくつかの書店では特典イラストカードなんかが付くようですよ」という大意の嬉しい情報をいただき、Twitterを通じて詳細を通知いただきました。
 特典イラストカードやペーパーが配布される店舗と内容は以下の画像の通りです(画像提供:あるマン氏)

うららちゃんはプロレスなんて大嫌い(特典一覧)
(C)秋田書店/堀博昭

 あるマン氏より「『メロンブックス』は女子高生がバスター技を掛けられている絵、『コミックとらのあな』はパロスペシャルやられを正面から描いた絵が特典になっている」と聞き、「それは絶対に買わないと!」と購買意欲が燃え上がり、あるマン氏から上記の画像を送っていただいたという次第です。
 金曜日は昼過ぎに退勤できる予定だったので秋葉原の各書店(コミックとらのあな、メロンブックス、COMIC ZINゲーマーズ)を巡る予定でしたが、仕事が長引いて午後三時過ぎの出発となってしまい、特典付きコミックスが売り切れていないか気が気ではありませんでしたが、どの店舗でも在庫は豊富にあって無事に全4店舗の特典をGETできたうえ、ゲーマーズでは冊数限定の著者サイン本を手に入れられました!

 肝心の内容ですが、なかなか面白かったです。絵が上手いだけでなく、ちょっとエッチな要素を加味しながらもプロレス愛に満ちた技描写が多く、邪念(?)がなくても普通に楽しめる漫画でした。
 正直に言うと……もう少し、可愛い女子キャラクターへのお色気要素が欲しかったところですが(>w<)
 基本的にはプロレス好きの兄が美少女の妹と壮絶なプロレスごっこを繰り広げるというテーマがあり、そこに肉付けして一話完結の物語ができあがる、という内容です。う〜ん、ざっくりしすぎた下手な説明で申し訳ありません(汗)

 豪快な技の応酬あり、清楚な美少女の意外な攻撃あり、関節技攻撃あり。とにかく全編、兄と妹+αによる試合シーンが満載です。
 先に「お色気要素が欲しかった」と書きましたが、実は超グラマラスで可愛い妹が兄貴に×××××をかけられ、豪快に××××するシーンも用意されています!!
 もったいぶった伏せ字対応にイラッとされた方もいるかと思いますが、どうしても実際にコミックスを購入したうえで見ていただきたいシーンなので伏せ字にしちゃいました。
 このシーンだけでも税込み648円の『うららちゃんはプロレスが大嫌い!』第1巻を買う価値はあると思いますので、興味を持たれた方には購入をお勧めします。

 最期になりましたが、「うららちゃんはプロレスが大嫌い!」という作品を教えて下さったあるマン氏に記して感謝いたします。

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」主要キャラクター声優の発表

 当ブログへのコメントが縁で交流を持つようになったゼロ氏より、今秋放送開始のアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」の主要キャラクター担当声優が決まった事をPSNのメッセージで教えていただきました。
 過去に「ジョジョの奇妙な冒険」第5部がゲーム化された際、「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風」(2002年発売、PlayStation2専用ソフト)と「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」(2013年発売、PlayStation3専用ソフト)で声優が一新されたため、今回も声優変更があるのか気になっていました。
 Google検索で調べてみたところ、トリッシュ以外の6人は担当声優が公開されていましたが……正直、イメージにあうかどうか不明なキャスティングでした。
 と言うのも、恥ずかしながら最近の声優さんは名前を聞いても声が思い浮かばず、声を担当した代表キャラクターすら知らない状態だからです。
 少なくとも「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風」の声優陣がイメージにあっていたと思う者としては、ジョルノとナランチャは少年声の出せる女性声優さんの方がよかったと思いました(実際は「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」でもジョルノ役は男性声優でしたが……)。

 以下は今秋放送開始となる「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」のメインキャストです。
 複数のWEBサイトで情報公開されていますが、ここでは「「ジョジョ」第5部ジョルノは小野賢章、ブチャラティは中村悠一 諏訪部順一らも出演」(「映画.com」2018年7月6日付け更新記事)の記事を参照させていただきました。

 ジョルノ・ジョバァーナ/小野賢章
 ブローノ・ブチャラティ/中村悠一
 レオーネ・アバッキオ/諏訪部順一
 グイード・ミスタ/鳥海浩輔
 ナランチャ・ギルガ/山下大輝
 パンナコッタ・フーゴ/榎木淳弥

 見る前から「イメージじゃないな」と無責任に放言するのも担当声優の方々に失礼なので、自分の思い描くイメージ通りか否か、アニメの放送開始を待つ事にします。

「鉄拳7」10番勝負

 定期的に「鉄拳7」の高画質なリョナ動画をYoutubeへ投稿しているオレハマッテルゼ氏から、久しぶりにオンライン対戦のお誘いを受けました。
 オレハ氏との対戦は久しぶりで、記憶にある限りではPS4版の「鉄拳7」にハマっていた時期以降のため、もしかしたら半年ぶりの対戦かも知れません。
 昼間の留守番中という事もあり、家の用事をさぼって合計10試合の対戦を行いました。

 オレハ氏はリョナ動画をアップしているだけでなく、普通にプレイヤーとしての実力持たなく、ハッキリ言って私では相手になりません(汗)
 今回の対戦も私の戦績は10戦1勝9敗という惨々ある結果でした。しかも、そのうちの1勝は技の練習(相手の攻撃を横軸移動で回避しながら、左に回り込んでタランチュラツイストを仕掛ける練習)として勝ちを譲ってもらった形です……。
 キング使いのオレハ氏は、空中コンボからのゴールデンヘッドバットマッスルバスターを上手く使いこなし、手加減した普通の対戦とはいえ、エロ要素をしっかり抑えてくれます!
 今回もリリお嬢様、一美ママ、アリサちゃん、シャオといった女性陣が急所を潰されたり、恥ずかしい恰好を晒されたり、試合観戦者としてスクショを撮りまくりたい場面に数多く出くわしました。

 スクショ撮影を全体にしたリョナ対戦とは違った、学生時代にノーマルな友達と純粋に対人戦を楽しんでいた頃の気持ちを思い出させる、約一時間の対戦でした。
 誰得情報となりますが、本日の戦績と対戦内容を以下に記します。
 左のキャラクター名が私の使用キャラ名、右のキャラクター名がオレハ氏の使用キャラ名です。○は勝ち、●は負けを意味します。

 ●リリVSキング○
 ●ボブVSキング○
 ●三島一美VSキング○
 ●凌暁雨(リン・シャオユウ)VSキング○
 ●カタリーナVSキング○
 ●アリサVSキング○
 ●リリVSキング○
 ●ポール・フェニックスVS凌暁雨(リン・シャオユウ)
 ●セルゲイ・ドラグノフVS凌暁雨(リン・シャオユウ)
 ○セルゲイ・ドラグノフVS凌暁雨(リン・シャオユウ)

PS4「FIGHTING EX LAYER」(ダウンロード販売)を購入

 レオタード美女と巨大鮫の壮絶な試合が楽しめる事で有名(?)な「Fighting Layer」の続編がPS4のダウンロード販売限定ソフトとして発売されました。
 タイトルは「FIGHTING EX LAYER」。配信開始は2018年6月28日です。
 前作にあたる「Fighting Layer」は家庭用ゲーム機へ移植されておらず、一部キャラクターが出演している「STREET FIGHTER EX」シリーズで我慢するしかなかったので、事前情報を聞く限りでは期待薄だったものの、20年を経ての続編という事もあり、PSNのウォレットチャージを10,000円分チャージするや即行で購入しました。
 本作は2種類のソフトが用意されており、各商品情報は下記の通りです(商品内容は「FIGHTING EX LAYER」公式サイトより引用)。
 なお、「強気」とは本作独自のシステムです。wikipediaの説明には「戦闘中に特定の条件を満たすことで特殊な効果が発生するもの」と記されています。


【ライト版】4,800円+税
 ・12キャラクターが使用可能
 ・強氣が5デッキ(「No.1」〜「No.5」)同根。※週替わりでお試し強氣2種類が使用可能。

【通常版】6,800円+税
 ・13キャラクターが使用可能(有料追加キャラクターの「ほくと」付き)
  ※通常版のキャラクター選択画面は下記画像をご参照下さい。
 ・強氣が15デッキ(「No.1」〜「No.15」)同梱される。
「FIGHTING EX LAYER」キャラクターセレクト画面
(C)アリカ


 この他、有料DLC(ダウンロードコンテンツ)として、下記のような配信が告知されています(2018年7月4日現在。前掲公式サイトより)。


 1.キャラクター01:ほくと(950円+税)
  ※キャラクター「ほくと」が追加されます( 通常版には最初から含まれています)。
 2.強氣01パック(2,300円+税)
  ※強氣デッキ006~015が追加されます(通常版には最初から含まれています)。
 3.強氣デッキ/単体(各250円+税)
  ※強氣デッキ006~015の単体販売です(通常版には最初から含まれています)。
 4.カラーセット:タイプA(1,000円+税)
  ※キャラクターにカラー番号05~10の6色が追加されます。全ての所持キャラクターに追加されます。
 5.カラー金銀(各キャラ毎:各500円+税)
  ※キャラクターにカラー番号03~04の2色が追加されます。購入指定したキャラクターのみ有効


 発売直後から有料追加要素を充実させる商魂の逞しさ! キャラクターのカラーまで有料販売するメーカーの正気を疑いました。
 未完成ソフトを売りつけてから事実上の有料コンテンツを次々と増やし続ける「ストリートファイター5」の悪夢が再来しそうな予感を抱きつつダウンロード購入しましたが……不幸にも予感は的中しましたorz
 2018年7月2日現在、本作はオンライン対戦を前提にしたゲームモードしか搭載されておらず、オフライン状態のゲームモードは満足に遊べるものではありません!
 参考までに、現時点での使用可能モードを記します。


【ONLINE VS】世界中のプレイヤーとのオンライン対戦
 RANKING MATCH:ラキング対戦
 CASUAL MATCH:ランク変更なしの対戦
 RECORD:戦績確認
 LEADER BOARD:各種ランキング確認

【OFFLINE VS】コントローラー2つを使用した対戦
 ※対人戦のみ。CUP戦は未搭載(2018年7月2日現在)。

【TRAINING】

【EXPERT MODE】キャラクター別の課題チャレンジ
 PROGRESSIVE(短縮コマンド採用の「プログレッシブ」でチャレンジ)
 CLASSIC(通常コマンド入力による「クラシック」でチャレンジ)。


 しばらく待てば大型アップデートがありそうな感じなので、購入するのならばアップデート待ちした方が無難かも知れません。
 初期使用可能キャラクターが少ないうえ、似たような性能のキャラクターが多く、コンパチキャラで人数を水増ししているのではないかと疑いたくなりました。
 グラフィックも粗く、キャラクターの動きも滑らかとは言いがたい微妙な感じ、コンボや連続技をきめて爽快感がなく、対戦格闘ゲームとしての完成度も中途半端です。
 3Dモデルによるキャラクターなのに2D対戦格闘ゲームというのも理解に苦しみます。
 何よりも残念だったのはブレア・デイムのコスチュームがデザイン変更された事! 何故、ハイレグカットが際どいレオタードからアーマーのようなパーツとアンダーウェアらしき物を着用した露出度の減ったデザインに変更したのか……。
 20年ぶりの続編という期待を大きく裏切る完成度のため、対戦格闘ゲームとして楽しみたい方だけなく、たった4人の女性キャラクターをリョナりたい方も、しばらくは様子見として購入を控えたほうが良いかと思います。

 最期になりましたが、リョナゲーとしての評価とレビューです。
 まず評価ですが、女性キャラクターが四人しかおらず(208年7月2日時点)、必殺技もアングル変更のない打撃系が多いので10点満点中4点です。
 女性キャラクターは、前作から続投のブレア・デイム、同じく前作から続投となったほくと(【ライト版】では有料の追加キャラクターとして使用可能)、ほくとが覚醒した訃(しらせ)(前掲wikipedia情報より)、女子大生の紗波音(ささね)の四人だけ。
 四人ともキャラクター選択画面でのイラストでは可愛いのですが、ゲーム本編での3Dグラフィックはお世辞にも可愛いとは言えず、今後のアップデートでグラフィックが強化される可能性がなきにしもあらずですが、今のところは「燃えろ! ジャスティス学園」の女性陣と比べても見劣りするレベルです。
 ただ!! 2018年4月1日付けで公開された本作のプロモーション映像には、エイプリルフールのネタとして「STREET FIGHTER EX」シリーズに登場したシャロン、エリア、プルム・プルナのラフデザインが紹介されており、アリカの代表取締役である西谷亮社長の「販売本数次第では追加キャラクターを収録したDLCの発売も視野に入れている」というコメントと併せ考えると有料追加キャラクターとして新たに三人の女性キャラクターが加わる可能性もあります(参考サイト:「アリカ『FIGHTING EX LAYER』新規キャラ「さなね」「ハヤテ」が発表!DLCについて言及も」。「Game*Spark」2018年4月2日付け更新記事より)。
 女性キャラクターの増加については、今後のアップデートに期待といったところでしょうか。
 以下の画像は対戦前の待ち受け画面に見られるキャラクターのイラストです。左上が訃、右上が紗波音、左下がブレア、右下がほくと(向かって右側に表示されているキャラクター)となっています。

訃(SHIRASE)紗波音(SANANE)
ブレア・デイム北斗
(C)アリカ

 レビューですが、スーパーコンボのような大技でもヒット中のアングル変更がなく、ダイナミックに技を見せようとする演出は基本的にありません。
 私が確認した限りでは、スカロマニアのスカロドリーム、シャドーガイストのε・エリアル・ナイトメアの二つしか、リョナ視点の合格基準に達するであろう技は見つけられませんでした。
 前者は瞬獄殺のような乱舞系の技ですが、打撃の一発一発が適度なズームアップで表示され、攻撃ヒット中のモーションがスロー再生されます。コマンドは「弱P、弱P、→、弱K、強P」(右向き時。プログレッシブ入力では「→←+PP同時押し」)。
 後者はジャンプ中の相手を捕まえ、複数の関節技を順番に極めてからロメロスペシャルでトドメをさす関節技コンボです。コマンドは「ジャンプ中にレバー2回転+P」(右向き時。プログレッシブ入力では「ジャンプ中に↑↓+P」)。
 参考として、スカロドリームの乱舞途中に見られる女性キャラクターの苦悶顔アップと全身図をお見せします。いずれもキャラクターの配置は上記の待ち受け画面紹介と同じです(全身図は左側が1Pカラー、右側が2Pカラー)。
 PS4というプラットフォームにおいて、このレベルのグラフィックとは……もっと頑張ってほしかったです。

「FIGHTING EX LAYER」 女性キャラクターのダメージ表情
(C)アリカ

訃(SHIRASE) やられ紗波音(SANANE) やられ
ブレア やられ北斗 やられ
(C)アリカ



【追記】2018年7月7日に初アップデートが行われました。修正内容については「パッチノートの詳細は後日https://ja-jp.facebook.com/ARIKAOfficial/に掲載します」という事で同日の時点では未詳です。このアップデートにより、dateverは1.0.15となり、appverは1.05となりました。残念ながらオンライン廻りの微調整らしく、オフラインモードにおけるCPU戦の追加はありません。また、グラフィック面の大きな変化も確認できていませんでした。(2018年7月9日・記)

「鉄拳7」オンラインのリョナ対戦レポート

 2018年も半分が終わり、いよいよ季節は本格的な夏に突入しようとしています。
 6月最後の金曜日にして、2018年前半最後の一日となる6月30日、またもPSNでフレンド登録しているF氏(前回と同じ方です)と「鉄拳7」のオンライン対戦をしました。
 今回は夕食や入浴を早めに済ませたため、お待たせする事なく、予定通りに午後九時過ぎから対戦が始められました。

 F氏とはボイスチャットしながらの対戦だったのでスムーズに試合を進められ、三時間程の対戦でしたが手際良くリョナバトルが楽しめました。
 私とF氏のリョナバトルは「三戦ごとに攻守を入れ替わらせる」事が原則であり、自分が責め役の時はリョナ技を知り尽くしたキャラで挑むようにしています(これまでもオンライン対戦は何名かと経験していますが、ボイスチャットを使用したリアルタイムで試合運びを相談しながら対戦するのはF氏が始めてです)。
 私の持ちキャラ=責めキャラは、ほぼセルゲイ・ドラグノフ一択。あと、たまにニーナ・ウィリアムズを使います。
 別の方と「鉄拳5 DARK RESURRECTION」などでオンラインリョナ対戦した際はキングを使っていた事もありますが、「鉄拳7」になってからワンダフルメキシカンコンボ(キングの肩に相手の頭部が埋まらないフォームのマッスルバスターがフィニッシュ技!)のボタン入力のタイミングがシビアになり、不発する事が多くなったのでキングは使わなくなりました。
 逆にニーナの関節技コンボは入力のタイミングが緩くなったのか、これまでと比べて成功率が高く、使い易くなった印象です。

 今回は、それなりにリョナ的な意味で見栄えのするスクリーンショットが多く撮れたので、美しい(または可愛い)女子たちが技の痛みに苦しみ喘ぐ姿を可能な限りアップにしてお見せしようと思います。
 基本的に女子陣のコスチュームはプレイヤー好みのカスタマイズがされており、髪型や服装に「コレジャナイ感」を覚えるカスタイマイズがあるかも知れませんが、そこはご容赦下さいませ。


対戦スクショ-01対戦スクショ-02
対戦スクショ-03対戦スクショ-04
(C)撮影:新京史朗


 なお、対戦終了後は明け方までF氏とボイスチャットをしており、遅くまで付き合わせてしまいました……。
 翌7月1日もF氏とはボイスチャットにお付き合いいただき、夜半から明け方までリョナ談義をしながら、F氏自作の3D作品を見せていただきました。
 仕事が立て込んで心身共に疲れがたまっていただけに、週末のボイスチャットはリフレッシュする絶好の機会となりました。
 長い時間、お付き合い下さったF氏には改めて御礼申し上げます。

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (96)
22/7 (61)
アニメ (65)
ゲーム (57)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (17)
DOA・無双 (120)
イラスト企画 (44)
鉄拳・スト鉄 (96)
漫画・絵物語 (122)
イラスト・挿絵 (51)
ウルトラヒロイン (13)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
ドラマ・映画・イベント (44)
御挨拶・お知らせ・交流 (169)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR