FC2ブログ

2014-08

「天使すぎるメイドコスチューム」をダウンロード購入

 発売から一年近く経つ「DOA5U」ですが、有料追加コンテンツの充実によって飽きる事なく遊べます。
 最後の追加キャラクターと思われる女天狗の配信(PlayStation3版は9月2日配信開始予定。X-BOX360版は9月3日?)を目前に控えながら、8月19日から「天使すぎるメイドコスチューム」の配信が始まりました。
 有料とはいえ、ユーザーが末永く遊べるように定期的なデータ配信を行う姿勢、変わり映えしないイベントを連発するだけの「鉄拳Revolution」にも見習っていただきたいです。

 遅ればせながら、私も「DOA5U」の最新コスチュームを購入しました。
 先週の土曜日に3,000円のプリペードカードを買ってウォレットに課金しておいたのでスムーズに精算ができ、事前にウォレットチャージをしておいて良かったです。
 午後8時過ぎにPlayStationNetworkへログインした後、すぐに「DOA5U」を立ち上げ、ゲーム画面から販売ページへリンクしましたが、特定のキャラだけ選択購入するか、セットで一括購入するかでしばらく悩みました。
 単品価格は206円。セット価格は1,645円。
 コスチューム対応キャラクター全11名のうち、コスチュームを購入しようと思っていたキャラクターは7名おり、金額面からすれば個別会計した方が得(1,442円なので差額は203円)かも知れませんが、別個に買ってダウンロード&インストールする手間を考え、悩んだ末、不要キャラのコスチュームも抱き合わさったセット版を買いました……。

天使すぎるメイドコスチューム
(C)コーエーテクモゲームス/Team Ninja(画像加工:新京史朗)

 ゲームへの復帰後、すぐに対戦モードを選んでコスチューム追加の確認をしました。
 全キャラ、無事に追加OK! 特にマリー・ローズは本職がメイド(公式設定より)なので、この衣裳はよく似合います。
 肩慣らし(?)としてマリー&フェーズ4、マリー&紅葉のコンビで【ARCADE】を2回クリア。その後、お楽しみタイムに突入しましたw

 その後、CPU相手の対戦へ移行し、やられ役をマリー・ローズにしたエリョナバトルを展開。
 ティナによる関節技、ティナ&ミラによるツープラトン、ミラの寝技。定番のエリョナ技でマリー・ローズを攻めたてました。
 これらの試合データはリプレイ保存しておいたので、後日、ベストショットを狙った決定的瞬間をアルバムへ収めるつもりです(諸事情により、これらの画像はブログで公開する予定はありません。あしからず、ご了承下さい)。

 新コスチュームの配信情報を知るにあっては「むげん道場Blog -DOA最新情報-」、配信日情報を得るにあたっては「ゲーム攻略サイト究極攻略最前線」(「DOA5攻略」ページ)のお世話になりました。
 上記サイト運営者様には、この場を借りて御礼申し上げます。



【付記】
 本日より一週間程度、短期間ではありますがブログ更新とチェックを停止いたします。お盆前から引きずっている面倒事への対応に追われ、プライベート時間でのネット接続が難しい状態になるためです。
 これまでも数日単位の更新停止は多々ありましたが、停止期間中はブログコメントへの返信もできなくなるため、末尾ながら告知させていただきました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

美少女吸血鬼と関節技リョナ

 2014年度の夏コミ直前、RPKさんと「鉄拳Revolution」で暑さを忘れさせるようなエロチック対戦を行いました。
 8月16日土曜日の午後9時半から午後10時半まで、時間制限300円ポッキリのプレミア対戦による一時間の熱戦です。
 今回も水着エリザを様々な技で攻めまくりましたw

 当日は午後9時頃にPlayStaitonNetworkへログインしました。
 しばらくしてからRPK氏もログインされたのでチャットへ移行し、いつものように試合内容を相談してから対戦ルームを設置(今週は私が設置当番)し、時間制限のバトルを開始。
 予定では、最初の30分でジャック6のメルトダウンとニーナの関節技をエリザにかけまくり、残る30分をキング&アーマーキングとドラグノフの関節技をかける事になっていましたが、実際はベストショットの連発で前半戦を思った以上に早く消化でき、筋骨隆々なレスラーと冷酷な軍人によるエリョナ対戦を予想以上に長く楽しめました。
 こういう嬉しい誤算があるため、一戦一戦が緊張と喜びの連続です!

8月16日のオンライン対戦(イメージ画像)
(C)画像提供:RPK

 当日の対戦模様はRPK氏が御自身のブログ「蒐集記録」の最新記事に記録されており、豊富な画像を用いながら、読者を興奮させる文章でレポートを書いて下さいました。
 対戦時に撮影できたベストショットの見所が詳しく解説されているので、私が拙い記事を書く必要がなくなり、今回の対戦レポートは開催日時と大まかな対戦内容を紹介するに留めます。

 リアルが忙しかったので対戦映像の検証もできず、先週のオンライン対戦報告記は以上となります……。
 水着エリザの受けた辱めが気になる方は「蒐集記録」への訪問をお薦めいたします!

夏の祭典「コミックマーケット86」

 今年の夏コミも無事に三日間の開催が終わりました!
 例年通りとはいえ、報道されるような事件や事故が起こらず、本当に良かったです。

 2014年8月15日から17日かけて開催された「コミックマーケット86」はフル参加のつもりでハリきっていましたが、直前になって急な仕事とトラブル対策に追われてしまい、連休がとれずに三日目だけの参加となりました。
 今年の夏コミにも数名のマイピクさんがサークル参加されており、御挨拶を兼ねて会場限定販売本(または、先行販売の新刊)を買いに行きたかったのですが、時間の都合も含め、ブースへお邪魔できなかった事を悔やんでいます。
 ちなみにお会いできなかったマイピクさんは、二日目に参加されたYOSHITORAさん、三日目に参加された夢路キリコ先生、スガレオンさんの御三方です。

 今日は天気にも恵まれ、自宅を出る前から幸先の良さを感じました。
 たまに雲が太陽を隠す程度の日差し、涼しい風。猛暑でも雨でもない快適な日中は嬉しかったですw

 東京駅八重洲口から発車するコミケ会場直通のシャトルバスは着席できなかったものの、運転手さんの軽快なトークが乗客全員を終点まで楽しませてくれたので立ち乗りも苦ではありませんでした。
 客席(?)からのツッコミや笑いに当意即妙な対応を見せるトークの技術、騒ぐだけの話下手な雛段芸人とは比べ物になりません。
 会場に着くまでの楽しい30分を提供して下さった運転手のN氏(都営バスの巣鴨営業所に勤務されているとの事)には改めて拍手を送らせていただいます。

 正午過ぎの入場とはいえ、まだまだ会場内は大混雑。人の流れに沿って東館へ移動し、巡回サークル一覧を片手に広大な即売会場へ乗り込みました!
 夢路先生のブース、お目当てのコスプレさんがグッズ販売しているブース(どうも屋外だったようです)、スガレオンさんのブース(チェックリスト中、唯一の西館設置ブースでした)以外、リストアップしていたブースは全てチェックできました。
 途中、売り子をしていたレイヤーさんのジャージブルマ姿がセクシーだったブースに行き当たり、そこに売られていた「閃乱カグラ」のコスプレDVD(雲雀が触手に襲われているショットがありました!)をタッチの差で買い逃したものの、購入予定本は全てGET! さらに予想外の収穫までありました。

 会場の電子時計を見ると午後2時前だったので、東京駅直行バスを待つ長い行列が出来る前に撤収しようとシャトルバスの発着所へ向かったところ、見事にヨミが的中。
 まだ長い行列は出来ておらず、10分程度の待ち時間でスンナリとバスに乗れました。
 帰りの運転手は寡黙でしたが、疲れ切った乗客のテンションが低い事を考え、静かな車内にしてくれたのでしょう。TPOをわきまえています。

 往路と同じく約30分程度で東京駅八重洲口へ到着し、水分補給をした後、すぐに次なる戦場へ向かって出発しました。
 次なる戦場は秋葉原です!
 転売や同人誌購入が目的ではなく、御無沙汰していたアメコミショップへ新刊をチェックしに行きました。
 嬉しい事に高額で購入を躊躇っていた『ストリートファイター×鉄拳』の海外版アートブックが30%OFFで売っており、何冊か追加本を買い、ここでも大量の収穫を得て店を出ました。

 喫茶店で休憩し、何かと話題の某丼物屋で早めの夕食を済ませ、重たいバックとアメコミが詰まった袋を持って帰宅しました。
 帰りの電車は乗車駅から座れたせいか、クライマックスまで進んだ読みかけ本を読了後、熟睡してしまいました。
 下車駅の少し前で目が覚めたので、乗り越しせずに済んで良かったです(>_<)

 そんなこんなで楽しくも慌ただしい一日が終わりました。明日は仕事が休みなので、今夜は熟睡できそうです。
 今年の夏コミに参加された皆様、お疲れ様&御苦労様でした。

2014年、初夏の共作(その2)

 先月末に第一弾をアップしたM氏との共作ですが、その後、半月(はんつき)近くも中断してしまいました。
 ようやくアップが叶った第二弾は「物語のダイジェスト紹介」をイメージし、実験というわけではありませんが、台詞のない状況説明のみで成り立たせています。
 最初は一話完結形式のSSとして書き進めていましたが、リリと対戦相手の顔合わせから始める導入部が長過ぎるうえ、細かい部分の辻褄合わせに拘り過ぎ、自分で読んでも「冗長だなぁ」と思い、このように路線変更をしてみました。
 初めての試みが成功しているか自信はないものの、それなりに新境地を開拓できた手応えはあったつもりです……。


【激ファイト! 砂漠の死闘】
 画像作成:M
 キャラクター原案:バンダイナムコゲームス
 文章執筆:新 京史朗

 カツハーラ王のピラミッドに隠された『王家の財宝』を調査・発掘する大規模プロジェクトが発足し、モナコのロシュフォール財団もスポンサーとして莫大な資金を調査団に提供していた。
 ある日、現地スタッフや撮影隊を含めた調査団全員が謎の失踪を遂げ、そのニュースは一夜にして世界各国に知れわたった。
 失踪した人々の中には、偵察の名目で現地入りしていたロシュフォール氏の名前もあり、父の安否を心配する娘のエミリ(=リリ)は執事のセバスチャンと共にエジプトへ赴く。
 乾いた地面と灼熱の太陽。
 そこで二人を待ちうけていたのは『砂漠の使者』と名乗る六人の男女だった。
 ピラミッドの上に佇む六人のうち、筋骨隆々な褐色の肌をした豹頭の怪人とモヒカン頭のロボットがピラミッドの頂上から飛び降り、ひび割れた大地に降り立った。
 セバスチャンは黒い燕尾服のまま平常通りの冷静な態度でモヒカンロボットを迎え撃ち、リリは防暑服の上着を脱ぎ捨てた身軽な格好で豹頭の怪人を迎え撃つ。

 スピードで対戦相手を撹乱する得意の戦法で優位に試合を展開させるリリだが、鋼のような肉体を持つ怪人キングは次々と繰り出される技に耐え、虎視眈眈と反撃の隙を狙っていた。
 そして遂に、キングの太く逞しい両腕が美しい少女のしなやかな体を捉え、形勢は一気に逆転する。
 リリの体を軽々と担ぎ上げたキングは、強引に股を開かせた格好をさせて宙高く上昇。常識を超えたジャンプ力で地上20メートルの位置まで飛び上がり、そのまま重力の助けを借りて落下した。
 ものすごい地響きと砂ぼこり。
 体を『くの字』に曲げた股裂きポーズを強制されたリリは、脂汗を流しながら全身を駆け巡る激痛に苦悶する。
苦痛に悶絶するリリKO 腰骨と股関節へ深刻なダメージが…… 全関節を痛めつける大技が炸裂!
(C)CG作成:M/キャラクター著作権:バンダイナムコゲームス(リリ)

 下半身を襲う激痛に耐えながらも華麗なる足技による十連コンボでキングを倒したリリ。苦戦の末に勝利を掴んだ彼女だが、直後、ピラミッドの頂上から第二陣が襲来する。
 次の相手は二人。特殊工作員を思わせるコスチュームの金髪女性とチャイナドレスを身にまとったブルネットヘアーの女性である。
 冷酷な微笑を浮かべながら、金髪女性はニーナ、ブルネットヘアーの女性はアンアと名乗り、息が合った姉妹のコンビネーションによる関節技で地獄の苦しみを味あわせると告げた。
 その予告通り、二人は多彩な関節技でリリの関節という関節を痛め続け、少しずつだが確実に体の自由を奪っていく。
 満身創痍の体を辛うじて立ち上がらせ、最後の力を振り絞ったコンビネーション蹴りで反撃を試みるものの、ウィリアム姉妹に難なくかわされてしまう。
 股裂き技による股間の痛みに耐えながら繰り出したリリのハイキックを左手で受け止めたニーナは、そのまま足首を掴みながら足払いでリリを転ばせ、そのまま左足に抱きつく形でレッグスプリットに移行した。
 180度に股を開かされる痛みに悶え苦しむリリだが、そこへアンナも加わり、二人掛かりのツープラトン股裂き技を極められてしまう。
苦痛と屈辱の股裂きダメージ サディスティック姉妹のツープラトン炸裂!
(C)CG作成:M/キャラクター著作権:バンダイナムコゲームス(リリ)

 遠のく意識の中、リリは愛する父の安否を気にかけながら、股が秘部から縦に裂かれるような錯覚に陥っていた。
 調査団失踪に関わっているであろう謎の一団『砂漠の使者』とは何者なのか、その謎すら解けないまま、戦いの幕が静かに下ろされようとしている。

水着エリザの激写バトル(第3回)

 南日本は豪雨、関東地方はグズついた空模様。8月9日の土曜日は全国的に不安定な天気でした。
 猛暑にも参りますが、こうした極端な悪天候にも困ります。
 こうした天気にも関わらず、先週末も「鉄拳Revolution」のオンライン対戦を行いました。お付き合い下さったのはRPK氏です。
 週明け早々に面倒な案件が出てしまい憂鬱な気分だったので、この日の対戦は鬱憤晴らしにもなりました。

 今回はRPK氏がホスト役となり、対戦ルームを設置して下さいました。
 自分でも部屋立てを経験して分かりましたが、設定する項目が決まっている流れ作業とは言え、設置作業にはひと手間かかります。
 こうした苦労を少しも口にせず、これまで黙々と設置作業をこなされた皆様(RPK氏、SVYNT氏、TKP氏)には改めて御礼を申し上げます。

 今回の対戦では、ジャック6のメルトダウンから始まり、アーマーキングの投げ技各種を消化し、その後でドラグノフのタランチュラツイスト、アリサの投げ技各種、キングのゴールデンヘッドバッドで水着エリザをKOし続けましたw
 アーマーキングの投げ技は種類が多く、全部消化できれば御(おん)の字(じ)と思っていましたがアングルに恵まれたため、急遽、ドラグノフ以降の追加キャラクターを投入しました。

 上記の通り、この日はKO時のリプレイでベストアングルが連発し、効率よく対戦をこなせて大満足の結果です。
 その中でも ドラグノフのタランチュラツイストは右アングルからのリプレイがあり、エリザの苦悶顔とガニ股、そして股間を踏みつぶされているような眼福ポーズが同時に拝めました。
 終盤に夕方の三島高専と洞窟ステージが立て続けに選ばれ、その時はガッカリしましたが、ステージ運も総合的に見れば恵まれたと言えます。

 詳しい対戦報告はRPK氏のブログ「蒐集記録」でも公開されると思いますので、詳細が気になる方は小マメにRPK氏のブログをチェックしてみて下さい!
 水着エリザのエリョナ画像を惜しまずに紹介する、なんとも男気(おとこぎ)に溢れたブログです。

美少女吸血鬼のレアショット放出!(第2弾)

【はじめに】
 今回も水着エリザのセクシーショットが見られる素敵な画像を大公開します。
 週末開催の「鉄拳Revolution」オンライン対戦を全て動画保存されているRPK氏の御厚意により、関節技や打撃技に悶絶するエリザの画像が新たに200枚近くも手に入りました。
 好意の範疇を超えた細かすぎる希望に応じ、大変な労力と時間をかけ、見られる事自体が貴重なエリザのセクシーショットをキャプチャーして下さったRPK氏には心より感謝いたします。
 先に試してみた「対談形式による画像紹介」という新趣向が意外と面白く、今回も同じテを使ってみました。
 高画質&ベストショットで送る「美少女吸血鬼のレアショット放出!」の第二弾、お楽しみいただければ幸いです。


 司 会「こんばんは。今週の「黄昏通信」は時間を変えてお送りしております。司会のキョウ・シロウです。前回の対談が好評でしたので、引き続き、「蒐集記録」管理人のRPKさんにお越しいただきました。RPKさん、本日もよろしくお願いいたします」
 RPK「二度もお声掛けいただき、どうもありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願いします」

 司 会「まずはお詫びとなりますが、実は前回、冒頭で大変な失敗をしておりました……」
 RPK「失敗ですか?」
 司 会「はい。RPKさんのブログを紹介しながら、誘導リンクを貼り忘れていたのです。大変失礼いたしました」
 RPK「ああ、そんな事ですか。いえいえ、お気になさらず」

 司 会「ありがとうございます。今回は間違いなくリンクを貼らせていただきました」
 RPK「お手数をおかけします」

 司 会「先週の対談は大好評でした。水着エリザのセクシーショットが見られただけでなく、そうした画像を惜しまず公開される懐の広さに対し、絶賛の声が多数ありました」
 RPK「そうなのですか。大勢の方に喜んでいただだけたのならば、私も嬉しいです」

 司 会「現在もエリザの画像収集は続けておられるようですね」
 RPK「はい。マイフレさんとの対戦で画像集めも順調に進み、代表的なエリョナ技のやられ姿はほぼ撮影できました」

 司 会「代表的なエリョナ技と申しますと?」
 RPK「異論は出ると思いますが、キングのマッスルバスター、ニーナの関節技コンボ、ドラグノフの関節技、ロウのドラゴンスタンプジャッキアップ、ジャック6のメルトダウン、アーマーキングの投げ技、JCのローリングボム、これらです」

 司 会「豪華なラインナップですね(笑)。代表的なエリョナ技と言われて納得する技ばかりじゃないですか。ロウのジャッキアップなんて、玄人の選択眼でないと選ばれませんよ」
 RPK「ありがとうございます(笑)。実を言いますと、ロウのジャッキアップはマイフレさんの希望だったのです」

 司 会「なるほど。その方も相当な技マニアのようですね(笑)」
 RPK「画像の用意は間に合いませんでしたが、リーのニードライブやニーナの裏裸絞め、アーマーキングのグリーンミストといった技も試しています。これらの技は対戦で見るまで忘れていました。技に関する知識が豊富で、私も勉強になります(笑)」

 司 会「うわ~、どれもマニアックな技ばかりですね(笑)」
 RPK「はい(笑)」

 司 会「ここまで網羅していれば、「鉄拳Revolution」に登場するキャラクターのエリョナ技は画像をコンプリートしたと言えますね」
 RPK「どうですかね。コマンドが難しくて見られない技もありますし、我々の知らない技もあるでしょうから、コンプリートしたとは断言できませんね(笑)」

 司 会「なんとも謙虚ですね。ですが、そうした飽くなき探求心があるからこそ、水着エリザのセクシーショットを求める同志からの支持も厚いのでしょうね(笑)」
 RPK「そうだといいのですが(笑)」

 司 会「コマンドが難しい技について、よろしければ聞かせていただけますか?」
 RPK「キングのコンボ技ですね。メキシカン・マグマ・ドライヴ2は難易度が高いせいか、マイフレさんでも見られていないそうです」

 司 会「なるほど。このコンボは難しいですからね」
 RPK「見られていないコンボや技は、それだけだと思います。ワンダフルメキシカンコンボからのマッスルバスターも見られましたし、ニーナのアキレス腱コンボも掌握コンボも見ていますから」

 司 会「いやはや、エリョナ対戦を極めていらっしゃいますね」
 RPK「おそれいります。私が存じている同志の方では、SVYNTさんとTKPさんが積極的に「鉄拳」ネタのエリョナ画像をブログで公開されていますし、私のブログと相互リンクしているブログ運営者さんもバスター技の画像を積極的に公開されています。この分野には強豪選手が多いので、その末端にでも加えていただければ嬉しいです」

 司 会「ご謙遜を。末端どころか最先端を走っておりますよ」
 RPK「そう言っていただけると光栄です。謙遜してばかりなのはイヤミですから、そのお言葉、ありがたく頂戴します」

 司 会「おっと、余談のトークが長くなってしまいましたね。申し訳ありません」
 RPK「いえいえ」

 司 会「それでは、画像を拝見させていただけますでしょか」
 RPK「わかりました。突然のオファーでしたので7枚しか用意できませんでしたが、お許し下さい」

 司 会「とんでもありません。こちらこそ急な申し出となり、失礼いたしました。それだけご用意いただければ大満足ですよ」
 RPK「今回もベストショットを厳選したつもりですので、お楽しみいただければ幸いです」

 司 会「どの画像から始められますか?」
 RPK「やはり一発目は、定番にして鉄壁なマッスルバスターからですね。これです」

 マッスルバスター(C)RPK

 司 会「背後からのショットとは珍しいですね」
 RPK「私のブログでも紹介している画像ですが、あまりにも見事なバックショットが撮れたので持ってきました」
 司 会「ビキニの紐を緩めたい衝動に駆られます(笑)」
 RPK「同感です(笑)」
 司 会「あれッ。よ~く見るとヒップの部分が……」
 RPK「それ以上は言わぬが花ですよ(笑)」
 司 会「そのようですね(笑)。皆さん、この画像はエリザの可愛いお尻に注目して御覧下さい!」
 RPK「うまいボカし方ですね(笑)」

 司 会「お次は?」
 RPK「次は二枚まとめて紹介させて下さい。こちらです」

股裂き技 踏みつけ技(C)RPK

 司 会「この技は……なんでしょか? 不勉強で申し訳ありません」
 RPK「二枚目はロウのジャッキアップ、キックボタン二つ同時押しの通常投げです。三枚目はリーのリーハラスメント、左サイド投げです」
 司 会「ああ、これがジャッキアップリーハラスメントですか。先程のお話でも名前が挙がりましたね。久しぶりだったので初見の技に見えました」
 RPK「よくある事ですよ(笑)」

 司 会「ジャッキアップは相手の左足を捉えてジャンプし、バランスを崩した相手を股裂きにする屈辱技ですね」
 RPK「よくご存じですね。その通りです。豪快な股裂きショットも画像はあるのですが、諸事情あって公開できないのです。申し訳ありません」
 司 会「いえいえ、画像公開についてはRPKさんの意向もあるでしょうから、こちらは責めるような事を言いませんよ。むしろ、水着エリザの太腿とヒップが拝めるだけでも大満足です」
 RPK「ありがとうございます」

 司 会「三枚目は少し暴力描写が強いですね。もっとも、格闘ゲームですから暴力描写は当然ですが」
 RPK「エリョナの路線からは外れる事は承知ですが、ヒップを高く掲げたポーズが気に入っているので撮影しました」
 司 会「おやッ、ここもヒップが……」
 RPK「それも言わぬが花ですよ(笑)」

 司 会「同じネタの使い回し、失礼いたしました(笑)」
 RPK「残り四枚は刺激的なショットを選んでみました。まずは……こちらです」

足関節技 股裂き技(C)RPK

 司 会「な、なんというエロチックなポーズ。強制開脚一歩手前と股裂き炸裂の決定的瞬間じゃないですか」
 RPK「どちらもニーナの膝十字固めです。最初のショットは左サイド投げ、次がアキレス腱固めの派生です」

 司 会「同じ技でもフォームが全く違いますね。アキレス腱コンボの方がエロさアップですよ」
 RPK「そうですね。左サイド投げは、股裂きポーズを極めた瞬間よりも強制開脚させようとする途中ポーズが気に入っています。リプレイ時のカメラアングルによっては、関節ダメージに痛がるエリザの苦悶顔が見られるのも良いです」
 司 会「この画像を見ると、ニーナが『無駄な抵抗はよしな』と言いながらエリザの股を開かせようとし、それに対してエリザは『くッ。人間ごときに負けるわけがない』と言っているようです」
 RPK「なるほど。言われてみれば、そういうシーンに見えますね」

 司 会「アキレス腱コンボからの膝十字固めは字幕が邪魔ですね」
 RPK「まったくです。これがなければベストショットなのですが……」
 司 会「ビキニだけに羞恥心もハンパなさそうです」
 RPK「ええ。激しい動きで股下部分がズレてでもいたら、大変な事になりますよ(笑)」
 司 会「この試合がネット配信やTV中継されていたら、放送事故レベルの危ないショットになる可能性が高いですね(笑)」
 RPK「ビキニの紐がポロリ、という可能性もありますしね(笑)」
 司 会「180度開かされた股下、敏感な部分への刺激やダメージは量り知れません。漫画ならば「ビキッ」とか「ビリッ」とか、擬音が描かれそうです」
 RPK「後者の擬音、意味深ですね(笑)」

 司 会「ご想像にお任せします(笑)。それでは次の画像をお願いできますか」
 RPK「これでラストになります。七枚目と八枚目です」

足関節技 足関節技(C)RPK

 司 会「ドラグノフのリバースビルトクラッチですね。この技は大好きなのです。しかも、足首を極められて悶絶するエリザの表情がバッチリ拝めるベストアングルじゃないですか! これは嬉しい画像です」
 RPK「気に入っていただけましたか。それは良かったです」
 司 会「痛みに喘ぐ苦悶顔というより、痛み耐えながら呻いているような表情ですね」
 RPK「なかなか細かい考察ですね。言われてみると、そう見えます」
 司 会「これはこれでエロチックな表情ですね。関節技地獄から脱出しようと力を振り絞っても抜けられず、『うくッ。は、外せない』と言っているようです」
 RPK「自分なりにシチュエーションを想像してみるのも面白いですね」
 司 会「おそれいります」
 RPK「持参した画像は以上となります」

 司 会「今回も貴重な画像を見せていただき、どうもありがとうございました」
 RPK「おそまつ様でした」

 司 会「もっとエリョナ談義を楽しみたいところですが、時間も押してまいりました。名残惜しいのですが、そろそろお別れの時間のようです」
 RPK「そうですか。アッと言う間ですね」

 司 会「まったくです! 今後も御要望が多ければゲストとしてお越しいただきたく、その際はよろしくお願い申しあげます」
 RPK「おそれいります。時間の都合がつくようならば参上しますので、是非ともお声掛け下さい」

 司 会「はい、どうもありがとうございます。本日のゲストはRPKさんでした。それでは皆様、明日からの一週間、元気にお過ごし下さい」


【あとがき】
 RPK氏から頂戴した「鉄拳Revolution」の画像紹介でした。今回も対談形式を採りましたが、いかがでしたか。
 架空対談として一人二役で会話を成立させる書き方は難しいのですが、それだけに挑み甲斐もあります。
 話し言葉で会話文を書くのにも慣れ、前回よりはスムーズに記事を書けたつもりです。
 私一人での作業ではなく、RPK氏への御負担も大きいので確約はできませんが、「この技と水着エリザの組み合わせが見たい」という意見がありましたら、コメントにてお知らせ下さい。

190,000HIT達成の御礼

 2014年8月9日の午後、当ブログへのアクセス数が190,000Hitに達しました。カウンターの時間別アクセス数から推測するに午後3時過ぎと思われます。
 前回のキリ番報告は6月16日の180,000Hit達成時。それから約二ヶ月も経たないうちに次の(10,000アクセス単位の)キリ番報告ができました。
 テキストが中心の地味なブログにも関わらず、当ブログへアクセスして下さった訪問者の皆様には心より御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

 今回のキリ番達成イラストはpixivで交流のあるBHM2氏より、マッスルバスターをくらってしまったエリザのイラストを拝借しました。
 初出はBHM2氏のブログ「☣BHM MONSTER LAB☣」です(イラスト掲載記事はこちらよりアクセス可能。リンク有効確認は2014年8月9日午後7時30分現在)。
 BHM2氏はベアハッグイラストのマエストロですが、バスター技を描く腕前も相当なレベルです。
 両足の開き具合や股下描写、全身の骨と関節にダメージを受けた痛みと恥ずかしいポーズを見せる痴態に対する複雑な心境の表情、艶めかしい色白な肌。
 恥ずかしいポーズを強制させられ、苦痛に喘ぐ美少女が見せるエロチシズムは見る者を魅了します。
 イラスト転載を御快諾下さったBMH2氏には改めて御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

190,000Hit記念画像
(C)BHM2

 現時点では詳しく書けませんが、当ブログらしい内容の企画を幾つか用意しております。
 M氏や③氏との合作が終わった後、年内に最低でも2点の企画を実行したく、少しずつですが水面下で動いているところです。
 アイディアばかりで作業が追い付かず、協力者の方々にご迷惑をかける事のないよう、マイペースで進めていきますので、どうか御期待下さい!
 なお、RPK氏と共同作業で作業を進めている「素敵なサプライズ」もありますが……こちらについての情報は(出し惜しみするのではなく)今後の更新で徐々に明かしていきたいと思います。



【追記】8月9日は「ハグの日」でした。もちろん、由来は「8(ハ)月9(グ)日」の語呂合わせです。これまた小規模な記念日ですが、ベアハッグや鯖折りが好きなリョナラーにとっては記念すべき日と言えるでしょう。この日を祝した素敵なイラストが「☣BHM MONSTER LAB☣」にて多数公開されていますので、ベアハッグ愛好者はBHM2氏のブログへLet's Goです!(2014年8月10日・記)

エロスとバイオレンスの首吊り技

 短い時間でのプレイで勝手に自己評価を決めてしまった「ウルトラストリートファイター4」ですが、あまりに早すぎた事を猛反しています。
 ザンギエフのスクリューパイルドライバーとセスの丹田ストームを見ただけで、エリョナゲームとしての評価を決めたのは軽率でした……。
 本作について素敵なアドバイスを下さったゼロ氏にも余計な気遣いをさせてしまい、申し訳なく思っています。

 改めて技の検証をしてみたところ、実に素晴らしいリョナ技が見つかりました!
 ロレントの【ウルトラコンボⅡ】に設定されているテイクノープリズナーです。
 コレクターズ・パックに同梱されている特典映像ディスクのPVを見ていたところ、この技の存在を思い出しました。
 最初に「見つかった」と書きながら、次に「思い出した」と書くのは矛盾していますが、こう書いたのは以下のような理由によるものです。

 この技の存在自体は「ストリートファイターZERO2」にロレントが参戦した時から知っていました。
 地中に隠したワイヤーを相手を首に絡ませ、そのまま(屋内外を問わず)天井に設定されたフックに引っかけて相手を首吊り状態にする恐ろしい技です。
 セガサターン版「ストリートファイターZERO2」では、この技をローズにかけまくっては首吊り状態で悶絶する姿を妄想していました。残念な事に首吊り専用のダメージグラフィックが存在せず、のけぞりダメージの流用だったため、妄想補完するしかなかったのです……。
 こうした経験があり、技の存在自体は知っていたものの、すっかり忘れていました。
 しかし、PVの技紹介を見ていたところ、(やられ役はガイでしたが)首に絡まったワイヤーを外そうとする姿や首吊りの恐怖に慄(おのの)く表情がアップで映し出され、「そうだ、この技があったんだ!」と忘却の彼方から技の記憶が蘇ったというわけです。

 画像の準備が間に合わず、技の紹介のみとなりましたが、ポイズン、ジュリ、エレナ、ローズに対するトドメの一撃として使えば素敵なKOショットが見られますw
 技のフィニッシュ時はカメラアングルがロレント寄りになるので、残念ながら宙吊りにされた女性キャラクター(に限りませんが)の首絞め悶絶姿をアップで見られません。
 その点が惜しい以外、この技が持つエロスとバイオレンスの魅力は非常に高いです!

 繰り返しになりますが、ザンギエフとセスの技だけでエリョナゲームとしての評価を低く見てしまった事、反省いたしますorz
 オンライン対戦で「テイクノープリズナーKOバトル」にお付き合い下さる奇特な方がいらっしゃれば、是非、メッセージにて御連絡下さいませ。

PS3版「ウルトラストリートファイター4」を購入

 ゲームソフトのフラゲ報告をブログに書くのは好ましくないかも知れませんが、閲覧者数の少ないブログという事で書かせていただきます。
 今日の夕方、都内某所にて「ウルトラストリートファイター4」(正しいナンバリングはローマ数字の「4」ですが、使用ブラウザによる文字依存の関係でアラビア数字の表記にしています)を正規の発売よりも一日早く入手しました。
 購入したのは、豪華特典満載のコレクターズ・パックです。約5,500円でした。

 最近まで発売日すら忘れていたソフトでしたが、先週発売の『週刊ファミ通』に掲載された特集記事で存在を思い出し、その時点では購入を躊躇っていました。
 本作で追加される新キャラクターに新鮮味がなく、基礎的な部分も「スーパーストリートファイター4」と大差ないと思い、あえて買う必要はないと思ったからです。
 私のような低級ゲーマーにとっては、システム変更とゲームバランスの微調整を繰り返したマイナーアップデート作品という認識に過ぎません。
 しかし、常連閲覧者のゼロ氏による「ウルトラスト4を購入する予定はありますでしょうか?(中略)DLCコスでローズがレオタード(?)のようなコスでしかも生脚!になっている画像が掲載されていました」とのコメントに心動かされ、悩んだ末に費用を緊急工面して購入を決めました……。

 帰宅後、とりあえず試遊のつもりでゲームをプレイしました。
 正式発売前なのでDLCはPlayStationNetworkへアップされていないと思い、オンライン追加項目のチェックは後回しにし、現時点では生足ローズの姿を拝めていません(>_<)

 まずはローズを使ってアーケードモードをクリア。おおよその操作方法を実践で確認し、いよいよ本命のエリョナタイムに突入です。
 トレーニングモードを選び、ザンギエフとセスを使ってポイズンにスクリューパイルドライバー丹田ストームをかけまくりましたが……思った程のダメージグラフィックではありませんでした。
 前者は画面サイズの都合でポイズンの顔が見えず、後者は男性キャラクターに睫毛を描き加えた程度の苦悶顔となっており、「ストリートファイター×鉄拳」のようなエロスや色気が感じられません。
 セスの丹田ストームはエレナでも試しましたが、やはり結果は同様です。

 プレイする前までは、追加キャラクターとしてイングリッドの参戦を熱望していましたが、このレベルのグラフィックでは萌えそうにもなく、彼女の出番がなくてよかったと考えるようになりました。
 一通り遊んだ後、DLCを購入せずに手放そうと思います。

コンシューマー版「DOA5U」へ女天狗が参戦!

 艶やかな容姿で「DPA5U」の男性プレイヤーを魅了する女天狗(にょてんぐ)ですが、いよいよ9月2日にコンシューマー版への参戦が解禁されるそうです!
 アーケード版は6月17日のアップデート(Ver1.07)解禁日から正式参戦しており、コンシューマー版へ参戦するまでのタイムラグは約2ヶ月半となります。

 この嬉しい情報は、迅速で正確な情報配信に定評のある「むげん道場Blog -DOA最新情報-」から得ました。
 同ブログの記事「DOA5U 女天狗配信決定!」では、TeamNinjaのTwitter発信情報として8月5日付の追記にて「日本での配信は2014年9月2日!!」と紹介しています。
 キャラクター選択画面のスペースから察する限り、女天狗が最後の追加キャラクターになりそうです。

 女天狗の華麗な戦いぶりや艶めかしい姿を捉えたスクリーンショットは公式サイトへもアップされましたが、いずれも「ファミ通.com」のバックナンバー(2014年6月17日更新記事)にて閲覧可能な画像であり、残念ながら初公開画像はありませんでした(2014年8月5日現在)。

 最後に女天狗の公式プロフィールとイメージ画像の紹介です。
 紹介文は前掲「ファミ通.com」記事から引用しました。イメージ画像は同記事掲載画像を加工したうえで使用しています。


 女天狗(NYOTENGU)(声:佐藤朱さん)
  ~おてんば天狗姫~

 国籍:不明
 性別:女
 流派:天狗道
 年齢:人間界の1018歳
 誕生日:不明
 血液型:不明
 身長・体重:172センチ/不明
 スリーサイズ:B93 W58 H88
 職業:不明
 好物:まんじゅう
 趣味:不明

 キャラ説明:日本の山岳地帯に伝わる、“女天狗”伝説。その妖美な容姿は各地で言い伝えられ、日本古来から伝説とされてきた。人間界に降臨したのは、ただの気まぐれなのだろうか……?

 格闘スタイル:日本の山岳地帯に古来から言い伝えられている“天狗道”を習得している。妖美な容姿とは裏腹に、凄まじい威力の攻撃を繰り出すだけでなく、翼を用いて人間の常軌を逸した空中攻撃を繰り出すことができる。


女天狗のイメージ画像
(C)コーエーテクモゲームス/Team Ninja/ファミ通.com

水着エリザの激写バトル(第1回、第2回)

 先週末は二夜連続で「鉄拳Revolution」のオンライン対戦を行いました。両日とも、お付き合い下さったのはRPK氏です。
 やられ役を赤いビキニ水着のエリザだけに絞り、関節技と投げ技によるダメージショットを見物(?)する対戦メニューを組み立てました。
 疲れた心身を休められる貴重な週末にも関わらず、予定を空けて夜分の連続対戦に付き合って下さったRPK氏には心より御礼申し上げます。

 スローペースながら確実に進行している計画があり、その絡みで土曜日の対戦から赤いビキニ水着のエリザだけをターゲットに絞り、今後しばらくのオンライン対戦は彼女の一人舞台になります。
 資料不足で明確なヴィジョンが示せない計画に対し、こちらを信用して「水着エリザの激写計画」というテーマの対戦を受け入れたうえ、画像提供まで快諾していただき、RPK氏には感謝しても感謝し足りませんm(_ _)m

 課金制とは知らず、これまで対戦ルームの設置をRPK氏にお願いしてばかりいたので、この週末は私が対戦ルームの設置を行いました。
 過去に「鉄拳タッグトーナメント2」のオンライン対戦で対戦ルーム設置に失敗しており、うまくセッティングできるか不安はありましたが、事前に詳細な解説書と設定画面の動画をいただいており、さすがに不器用な私でも部屋立て作業ができました!
 まったく、一から十までお世話になりっぱなしです……。

 8月2日の土曜日は、州光,ドラグノフ,ニーナを攻め役にしました。
 最初に国光の投げ技を見てから、タランチュラツイストを除くドラグノフの関節技フルコースへ移り、ニーナのコマンド投げで残り時間を消化しました。
 比較的ステージに恵まれ、ドラグノフの関節技もベストショットが多かったです。
 難を言えば、余計な字幕(『KO』表記や3ラウンド終了後の取得ポイント)とダメージエフェクトに邪魔をされ、悶絶するエリザの表情が見え難いショットも多々あった事でしょうか。
 リプレイ時の『KO』字幕をなくし、エフェクトも任意で「ON/OFF」切り替えができるよう、次回作「鉄拳7」では改善される事を強く希望します。

 8月3日の日曜日は、ニーナの続きから始め、デビル仁,マーシャル・ロウ,風間飛鳥,リー・チャオラン,ジャック6を攻め役にしました(デビル仁は勘違いによる登板だったので、タイムロスの一試合となりました……)。
 コマンド入力が難しいニーナの関節技コンボを後回しにしたため、思った以上に時間が節約でき、予想以上のキャラクターを操れたのには驚きですw
 前日と違ってステージ運に見放されたのか、出現してほしくないステージ(雨の工場地帯、夕方の三島高専、洞窟)の出現率が異様に高く、泣かされる事が多々ありました(第22戦目で三島高専が選ばれた後、第23戦目で洞窟ステージが選ばれた時は軽い怒りを覚えました)。
 その代償としてアングル運には恵まれ、ニーナの飛びつき前方回転逆三角絞めによるKOショットでは股裂きポーズで足関節技を極められたエリザの股下をガン見できる神アングルが二回も拝めましたw
 ロウのドラゴンスタンプで股間を強打される屈辱ショット、飛鳥の菫刈で足首を痛めつけられ苦悶する姿、リーのニードライブで吹っ飛ぶ姿、これらもベストアングルが何度かあり、大満足の結果を得ています。

 赤いビキニ水着のエリザだけをターゲットにしたエリョナ対戦は今後も何度か続きます。
 次回はジャック6の続きから始め、アーマーキングとキングの投げ技を見てから、ニーナの腕関節技コンボとドラグノフのタランチュラツイストのベストショットを狙います。
 もちろん、これらを一回のプレミア対戦(60分300円で対戦し放題)で消化する事は不可能ですから、分割せざるを得ないでしょう。
 RPK氏の御負担にならないよう気をつけながら、これらの予定を完了させたいと思います。



【付記】
 8月3日の日計アクセス数が227件を記録しました。2014年6月7日の日計アクセスと同数です。歴代第2位のタイ記録になりました。御訪問下さった皆様に厚く御礼申し上げます。

美少女吸血鬼のレアショット放出!

【はじめに】
 RPK氏の御厚意により、「鉄拳Revolution」のオンライン対戦で見られたベストショットのキャプチャー画像が数多く手に入りました。
 股裂き技に苦悶する姿や関節技で悶絶する姿、打撃技で見せる苦痛の表情。
 水着エリザを中心にした100枚以上の画像は、当日の興奮をよみがえらせるエリョナ度満点の名場面ばかりでした。
 いずれも対戦後、厚かましくも「第*戦目の*ラウンド、リプレイ*アングル目の画像をキャプしてもらえますか」と打診した結果、御提供いただいたものです。
 この喜びを同志の方々と分かち合いたく、RPK氏に画像掲載の可否について問い合わせたところ、ありがたくも許可をいただけましたので、極一部ですが、「鉄拳Revolution」のキャプ画像を当ブログにて紹介いたします。
 ただ画像を貼り付けるだけでは能がないので、少し趣向を凝らしてみました。よろしければ最後までお付き合い下さい。


 司 会「おはようございます。今週も「黄昏通信」の時間がやってまいりました。司会のキョウ・シロウです。本日は人気ブログ「蒐集記録」管理人のRPKさんをゲストにお招きしております。RPKさん、本日はよろしくお願いいたします」
 RPK「よろしくお願いします」

 司 会「RPKさんのブログは毎日チェックしています。画像を多用されたビジュアル重視の構成で見応えがありますね。対戦レポートも当日の臨場感を上手く伝える文章で読み易いです」
 RPK「ありがとうございます。そう言っていただくと恐縮です」

 司 会「願わくば、毎日更新されるとよいのですが」
 RPK「それは勘弁して下さい(苦笑)」

 司 会「最近の記事は水着エリザ関連が多いですね」
 RPK「はい。苦心の末、ようやくビキニ水着のエリザが解放できましたので(笑)」

 司 会「エリザを解放するだけも一苦労ですが、水着コスチュームまで解放されたとはすごいですね。御苦労様でした」
 RPK「ありがとうございます。『血の封印』集めには苦労させられました。次はバストアップのスキル……と言うのでしょうか、それを解放したいのですが、封印ポイントが尋常ではないので大変です(苦笑)」

 司 会「そのようですね(苦笑)。本日はリョナラー垂涎とも言える水着エリザの素敵なショットを披露していただけるそうですが、苦労して解放したキャラクターやコスチュームを広く公開する事に躊躇いはありませんでしたか?」
 RPK「躊躇いと言いますと?」

 司 会「日本では水着エリザを解放したプレイヤーは少数と聞いています。そんなレアキャラの画像、それもリョナラーが喜びそうなベストショットを惜しげもなく公開する。出し惜しみして優越感に浸りたいとは思いませんでしたか?」
 RPK「思いませんでしたね。リョナラーの世界は狭いですから、良い物があれば大勢で共有したいじゃないですか。それは画像に限らず、情報も同じですよ」

 司 会「いいですね、そういう考え方。私も同意見です。変な質問をしてしまって申し訳ありません」
 RPK「いえいえ」

 司 会「早速ですが、ご持参いただいた画像を見ただけますか?」
 RPK「はい。……ええと。これです」

 司 会「おお、こんなに御用意いただいたのですか。ありがとうございます。ええと……全部で13点ありますね」
 RPK「少なくて申し訳ないです。人様にお見せできるショットとなると数が限られてしまって」

 司 会「とんでもない。これだけ用意いただければ充分ですよ。これらの対戦画像は一人プレイで撮影されたのですか?」
 RPK「まさか(笑)。ネット対戦を利用しました。週末を使い、PSNのマイフレさんと試合内容を打ち合わせて対戦しているのです」

 司 会「打ち合わせと言いますと?」
 RPK「事前にチャットで『このキャラを使い、この技で攻めます』と相談し、対戦内容を決めておくのです。60分300円のプレミア対戦を利用するので時間との戦いもありますが、限られた時間で効率良く試合内容を消化できると爽快ですよ(笑)」

 司 会「なるほど、謎が氷解しました(笑)。さて、そろそろ閲覧者の方もシビレをきらす頃と思いますので、画像紹介に移らせて下さい。どの画像を紹介するか、順番はお任せいたします」
 RPK「わかりました。それでは……これを一枚目にしましょう」

マッスルバスター(C)撮影:RPK

 司 会「おお~ッ。一発目から刺激的なショットですねぇ(笑)」
 RPK「いえいえ、これは失敗作なのですよ」
 司 会「えッ? これで失敗なのですか? アングルも距離もベストに見えますが……」
 RPK「ダメージエフェクトがありますよね。これが失敗のワケです。単発のマッスルバスターだと、技をかけた相手の頭部がキングの肩に埋まってしまい、赤いダメージエフェクトが出るのです。ワンダフルメキシカンコンボからの派生技だと埋まらずに済みます」
 司 会「なるほど。ワンダフルメキシカンコンボからの派生技ならば表情も見えるのですね」
 RPK「ええ。ですが、ハッキリとは見えませんし、微妙なアングル調整も必要になるのですよ。まずは2枚目と3枚目を御覧下さい」

マッスルバスターマッスルバスター(C)撮影:RPK

 司 会「す、すごいショットですね。正面に近いアングルじゃないですか。このアングルを見るには苦労されたのではないですか?」
 RPK「はい。カメラアングルが操作できないので、リプレイは完全に運まかせになります。このショットはマイフレさんと根性の協力プレイで見られました」
 司 会「2枚目はいいですねぇ。自分の股間をガン見してるじゃないですか(笑)」
 RPK「吸血鬼といっても年頃ですから、かなりの羞恥心だと思います(笑)。なんとも素晴らしい屈辱ポーズですよね」
 司 会「眠りから目覚めた吸血鬼に刺激が強すぎる技ですね。精神的にも、肉体的にも(笑)」
 RPK「同感です(笑)」
 司 会「汗で蒸れた股間の臭いを強制的に嗅がされる精神的拷問にも見えますね。おっと、余計なコメント、失礼いたしました」
 RPK「いえいえ、そういうネタは嫌いではありませんよ(笑)。さて、これが4枚目です」

マッスルバスター(C)撮影:RPK

 司 会「残念ながら御開帳は拝めませんが、これだとエリザの表情がバッチリ見えていますね」
 RPK「そうなのです。通常コスチュームの場合、モコモコしたドレスの腕部分に邪魔をされます。しかし、ヌードに近い露出度の水着エリザならば表情が見えるのです」
 司 会「バストに顔が当たりそうですね。胸が大きくなってしまったら顔が埋もれてしまい大変そうですね(笑)」
 RPK「ですよね(笑)。バストアップのスキル、なんとか手に入れたいです」
 司 会「私には応援する事しかできませんが、どうか頑張って下さい」
 RPK「はい、頑張ります。さて、5枚目は少し見方を替えたマッスルバスターの画像です」

マッスルバスター(C)撮影:RPK

 司 会「マッスルバスターの体勢に担ぎ上げる瞬間ですね。ムッチリしたヒップが艶っぽいですねぇ。パツンパツンな水着のせいか尻の割れ目がクッキリと見えるような……」
 RPK「ガバッと両足を広げた大股開きのポーズとは違う色気がありますよね」
 司 会「はい。眼福です」
 RPK「それは良かったです。6枚目から8枚目は、もっと刺激的なショットですよ」

タランチュラツイストタランチュラツイストタランチュラツイスト(C)撮影:RPK

 司 会「う~ん、もはや15禁止レベルですね。7枚目なんか股下部分がモッコリと隆起しているに見えますし、なんとも破廉恥な技です(笑)」
 RPK「モッコリ……しているようにも見えますね。女子の股倉を強制的に開くなんてエゲつないですよね(笑)」
 司 会「股裂きも痛そうですが、太腿の踏みつけも痛そうです。女性キャラクターにとっては恐怖の技だなぁ」
 RPK「まったくです」
 司 会「どの画像でも、痛みと恥じらいが入り混じったエリザの表情がバッチリ見えていますね。素晴らしいです。7枚目なんかは手の位置から『いや~、見ないでぇ』と言っているようにも見えます」
 RPK「確かにそう見えますね(笑)。9枚目と10枚目も、股間丸見えポーズの足関節技画像です」

足関節技足関節技(C)撮影:RPK

 司 会「こちらも刺激的ですね。見事なやられっぷりです(笑)」
 RPK「技名は忘れてしまいましたが、ビルトクラッチマンティスヒールだと思います」
 司 会「9枚目はギャラリーに向かって『見ないでぇ』と言ってるようですね(笑)」
 RPK「あるいはカメラを構えたギャラリーに向かって『撮らないでぇ』と言っているようでもあります(笑)」
 司 会「チューリップや風車を撮影しようとカメラを持参したギャラリーは多そうですからね。この瞬間、周囲はフラッシュの光で眩しかった事でしょう」
 RPK「吸血鬼だけにフラッシュの明るい光も苦手そうですよね」
 司 会「10枚目の精根尽きた感じももいいですよね。手で顔を隠し、苦悶の表情を見られないようにしているようです」
 RPK「そこに目をつけましたか。さすがですね。残りの枚数も少くなってきましたが、11枚目にうつります」

ヴォルクラッチ(C)撮影:RPK

 司 会「腕関節技ですか。こちらも地味に痛そうですね」
 RPK「技から逃れようと足をツッパル感じが気に入っています。右手もドラグノフの足クラッチを外そうとしているように見えます」 
 司 会「腕の関節を痛めつけられたエリザの悶え顔はエロイですね。あれッ、よく見たら下半身水着の急所部分が光を反射していますね」
 RPK「ラバー素材なのでしょうか。ここもエロく見えます」
 司 会「同感です」
 RPK「さて、いよいよ最後の2枚です。ラストを飾るに相応しいショットです」

ローリングボムローリングボム(C)撮影:RPK

 司 会「こ、これは……・なんとも危険なショットですね(笑)。マングリ返しポーズじゃないですか」
 RPK「これはJCのローリングボムです。エフェクトが邪魔なんですよねぇ」
 司 会「同意です。せっかくの綺麗なフォームが台無しです(笑)」
 RPK「微妙に内股となっているあたり、なんだか艶っぽくありませんか?」
 司 会「ええ、そうですね。ビーチサンダルが微妙に脱げているあたり、芸が細かいです」
 RPK「見方によってはJCがエリザの股間の臭いをかいでるように見えますね(笑)」
 司 会「まったくです。股間を上からガン見されるなんて、年頃な少女にとっては耐えられない屈辱ですね。気が狂いそうな羞恥で頭の中がいっぱいになっていそうです」
 RPK「私が持参した画像は以上で全部です」

 司 会「素敵な画像、どうもありがとうございました。私も良い目の保養ができました」
 RPK「そう言っていただけて嬉しいです」

 司 会「これらの画像を肴にエリョナ談義を続けたいところですが、そろそろお別れの時間が近づいてまいりました」
 RPK「えッ、もうそんな時間ですか。アッと言う間ですね」

 司 会「まったくです。名残惜しいのですが仕方ありません。本日な貴重な画像を見せていただき、どうもありがとうございました」
 RPK「こちらこそ。お誘いいただきまして、どうもありがとうございます」

 司 会「本日のゲストはRPKさんでした。それでは皆様、良い週末をお過ごし下さい」


【あとがき】
 対談形式で画像を紹介するアイディアはRPK氏とのチャット中に思いつきました。初挑戦となる新趣向、いかがだったでしょうか。
 ここへアップした画像は提供画像の極一部ですが、その中でもベストショットを厳選したつもりです。粒選りの名作画像を存分にお楽しみ下さい。
 最後になりましたが、厚かましい要望に応えて画像を用意して下さったRPK氏には心より御礼申し上げます。併せて、ブログへの出演快諾にも感謝いたします。

小規模記念日「パンツの日」を祝して!

 8月2日は語呂合わせによる「パンツの日」です。
 私自身も最近まで知らず、pixivにアップされている投稿画像から「パンツの日」を知りました。
 同時に「ハニーの日」でもあるらしく、絶賛放送中の「ハピネスチャージプリキュア」よりキュアハニーのイラストが5作アップされています(データは2014年8月2日午後7時22分現在の全体公開作品数より。当ブログ調べ)。

 本来ならば、末端のパンツァーとして下手絵の一枚でも描いてpixivとブログへアップしたかったのですが……二週間前に愛用の複合プリンタが再起不能のエラーを出してしまい、現在はスキャンできる環境にありません。
 6年間も使っていたので愛着はありますが、メーカー保証期間が終わってしまい、修理する事はあきらめました。

 小規模認知とはいえ、一応は「パンツの日」という記念日。
 数年前に撮影したゲーム動画のスクリーンショットを加工し、自分なりに「パンツの日」を祝す画像を用意してみました。
 あまり画質は良くありませんが、よろしければ御笑覧下さい。

「パンツの日」を祝う画像(リリ編) 「パンツの日」を祝う画像(鈴姫編)
(C)撮影:新京史朗

パジャマのマリー・ローズ

 2時間程前、ようやく「DOA5U」の最新コスチュームを入手しました。
 配信開始日は7月29日。ルームウェアやパジャマをテーマにした(と思われる)『ふるゆわリラックスコスチューム』です。
 コスチュームの対応キャラは、あやね、エレナ、こころ、ティナ、ヒトミ、マリー・ローズ、ミラ、レイチェル、レイファン、紅葉の全10名。
 ウォレット残額の都合から購入予定キャラクター全員分は入手できず、最優先すべきマリー・ローズとこころのコスチュームだけを買いました……。
 ちなみに精算金額は412円(個別販売価格は各206円なので、2キャラクターで合計412円)でした。

 平日の夜にオンライン対応させたPlayStation3を起動するのは久しぶりです。
 本当は配信当日に購入予定キャラ(あやね、エレナ、こころ、マリー・ローズ、紅葉)の新コスチュームをGETしたかったのですが、時間的に厳しい状態だったので今日まで延びてしまいました。
 もっとも、前述のような理由でマリー・ローズとこころしか購入できていませんが……(^_^;

 インストール完了後、早速、マリー・ローズのエリョナショットを見ようと1人2役の擬似対戦プレイを開始。可愛らしい新コスチュームを装着したマリー・ローズに股裂き技をかけ、セクシーショットを激写しまくりました。
 残念ながら下半身はズボン系なので生足は拝めませんでしたが、左右に股を開いた際のシワがリアルで色気を感じさせます。
 欲を言い出すとキリがないのを承知で個人的意見を言いますと、全体的に見るとロリ要素が強いデザインだとわかり、エロチック要素が皆無だった点は残念でした。
 胸元を大きく開かせたフリル付きのドレス系パジャマを勝手に期待しており、予想とは180度掛け離れた現実を勝手に失望しているだけとも言えますが……。

 諸事情からアルバム画像のアップが行えず、マリー・ローズの悶絶ショットは非公開とさせていただきます。
 期待している方は皆無と思いますが、画像のない点、なにとぞ御了承ください。



【追記】新コスチュームをDL後、何故か(マリー・ローズ限定か未確認ですが)1Pコスチュームから3Pコスチュームのカーソル内CGが表示されなくなりました。この件について情報を御存知の方がいらっしゃいましたら、コメントをいただけるとありがたいです。(2014年8月3日・記)
【補記】昨夜、ゲームを起動させてシングルプレイで遊ぼうとしたところ、上記のカーソル不具合が解決していました。DLC導入による一時的なバグだったかも知れません。お騒がせいたしました。(2014年8月4日・記)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (85)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (15)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (43)
鉄拳・スト鉄 (90)
漫画・絵物語 (107)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (34)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (129)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR