FC2ブログ

2014-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年初夏のバスター技イラスト特集

 当初の予定よりも大幅に遅延してしまいましたが、約10ヶ月ぶりとなるイラスト特集です!
 5月の大型連休を利用する筈が諸事情から一週間延び、二週間延び、とうとう6月末になってしまいました……。
 迫力ある力作イラストを寄稿して下さった皆様には深くお詫び申し上げます。

 今回も「バスター技イラスト特集」として、恥ずかしいポーズを強制された美闘士が恥辱と苦痛に悶絶するイラストを多くの絵師様から頂戴しました。
 寄稿者は全7名、寄稿作品数は合計21枚(差分含む)です。
 やられ役は定番のリリだけでなく、エリザ(「鉄拳Revolution」より)、イングリッド(「CAPCOM FIGHTNG JAM」より)、マリー・ローズ(「DOA5U」より)も加わりました。
 これまでのイラスト特集同様、粒選りの名作が揃い、ジメジメした憂鬱な梅雨を忘れさせるに相応しい企画になったと自負しております。
 眼福イラストの数々、心行くまでお楽しみ下さい!
 なお、作者名はpixivでのハンドルネームを記し、五十音順で掲載させていただきました。


【1】
イラスト:kumikouj氏
(C)kumikouj
≪勝手に寸評≫
 豪快な股裂きポーズを強制させられたエリザのポーズはゲーム本編と瓜二つです! 下着の食い込みや表情を見せるアレンジが加わっており、単なる模写に終わらないセンスの良さが感じられました。赤いアイシャドーがワンポイントアクセントとして苦悶顔の色気を強めています。「ボイン」という表現がピッタリな大きめのバストは眼福です。

【2】
イラスト:lamp氏
(C)lamp
≪勝手に寸評≫
 背骨と腰骨へのダメージを伺わせるリリのポージングが見事です。プリプリした尻肉の描写が発育途上である少女の色気を醸し出していました。グロッキーなリリの表情と可愛らしいキングのマスク、この対比も面白いです。控えめな開脚描写をスラリと伸びたリリの美しい足がカバーしています。

【3】
イラスト:ORUYA氏 イラスト:ORUYA氏
(C)ORUYA
≪勝手に寸評≫
 肉感的な美少女を描く事に定評があるORUYA氏らしい、大迫力の技イラストに仕上がっています。背骨へのダメージを重視した技のフォームはゲーム本編とは異なるエリョナ技の魅力がありました。飛び散る汗や秘部にグイッと食い込んだ下着描写も股裂き拷問技の威力を余すところなく見る者へ伝えています。

【4】
イラスト:tenteco氏イラスト:tenteco氏イラスト:tenteco氏
(C)tenteco
≪勝手に寸評≫
 十年以上も待ち望んでいたイングリッドの股裂きやられポーズが見られ、それだけで大満足です。さらにtentec氏は生足差分まで用意され、ストッキング好きと生足好きの両方に対応したサービス精神も見せてくれました。体の曲がり具合と開脚角度から、イングリッドが股関節へ深刻なダメージを受けた事が伺えます!

【5】
イラスト:あるマン氏イラスト:あるマン氏イラスト:あるマン氏
(C)あるマン
≪勝手に寸評≫
 複雑なデザインのコスチュームを簡略化しながら、エリザが漂わせるゴスロリ娘のエロスを再現するセンスに拍手を送りたいです。下着をTバックのようなデザインにアレンジし、陰影という手段で激しい秘部への食い込みを描く発想も見事でした。股裂きの痛みと重力による肉体への負荷に歯を食いしばりながら耐える表情が素晴らしいです。

【6】
イラスト:あるマン氏イラスト:あるマン氏イラスト:あるマン氏
(C)あるマン
≪勝手に寸評≫
 イラストを見た瞬間、リリの股下描写の細かさに見とれてしまいました。汗で湿ったであろう純白のパンティを透かし、その下に隠された大切な部分が微妙に見えています。ぼかしの手法を用いた露骨すぎないエロチシズムの演出、実によく計算されています。

【7】
イラスト:あるマン氏イラスト:あるマン氏
(C)あるマン
≪勝手に寸評≫
 ゲーム本編のポージングを再現しつつ、イラストとしての見栄えを重視した巧みなアレンジはkumikouj氏の作品と共通していました。股関節、腰骨、足首へのダメージを衝撃エフェクト(と言えばよいのでしょか)でビジュアル的に表現するアイディアもシンプルながら効果的です。脱臼&骨折の効果音とマリー・ローズの悲鳴が描き込まれた差分イラストの用意、とてもサービス精神満点に富んでいます。

【8】
イラスト:めえそん氏イラスト:めえそん氏
(C)めえそん
≪勝手に寸評≫
 キャラクター設定を忠実に再現したせいかバストの描写は控えめになっていますが、その寂しさをムチムチした太腿と鋭い切り込みのレオタードで補っています。強引な開脚に激しく羞恥するマリー・ローズのセリフもGJです! モッコリ膨らんだ恥丘と珠のような脂汗、この組み合わせを股間部分に同居させるセンスにハートキャッチされました……。

【9】
イラスト:耳山貴一氏イラスト:耳山貴一氏
イラスト:耳山貴一氏イラスト:耳山貴一氏
(C)耳山貴一
≪勝手に寸評≫
 年頃の少女が最も見られたくない部分を強調した開脚描写は迫力満点。描くアングルは異なれど、ガバリと『ハ』の字に開かれたリリとエリザの両足、古い例えですが「セクシーダイナマイト」と言いたくなりました。精根尽きたようなポージングも妙にセクシーです。油絵を思わせる独特な着色方法は比較的大きく描かれたイラストの魅力を見事に引き立てています。


 以上が寄稿イラストの全てとなります。いずれ劣らぬハイクオリティな作品ばかり。
 御多忙にも関わらず、素晴らしいイラストを描いて下さった皆様には心から御礼申し上げます。
 kumikouj様、lamp様、ORUYA様、tenteco様、あるマン様、めえそん様、耳山貴一様。本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
[PR]

「DOA5U」のエリョナ対戦(フェーズ4&新コスチューム編)

 先週の土曜日、二週連続となる「DOA5U」のオンライン対戦を行いました。対戦にお付き合いいただいたのはRPK氏です。
 午後9時過ぎに二人ともログインし、午後10時半頃から約一時間ばかり対戦をしました。
 いつも週末の貴重な時間を対戦に当て、詳細なレポートまで書いて下さるRPK氏には厚く御礼申し上げます。

 数日前にフェーズ4や新コスチュームが配信されており、今回はフェーズ4と美少女三名(あやね,マリー・ローズ,紅葉)をターゲットにしました。
 対戦前のチャットにて、RPK氏から「あやねのサロペットコスチュームは水濡れするとパンティが透けて見える」と教えていただき、ソフト立ち上げ直後に即行でDL購入。新たなエリョナ衣裳を増やせて大満足ですw

 打ち合わせの結果、バースのファイブポイント・デストロイヤーとティナ&ミラのタッグ技+αが攻め技に決まりました。
 対戦内容の詳細は下記の通りです。今回はRPK氏に攻め役をお願いしました。
 最初に1ラウンド設定のシングル戦、次に2ランド設定のタッグ戦へ切り替え、合計6試合を消化しました。
 今回もベストショットを数多く撮れたのでアルバムから厳選抽出した画像を添付します。


【シングル戦】 ☆対戦ステージ:FLOW
 1.フェーズ4(水着)VSバース
 2.あやね(サロペット)VSバース
 3.マリー・ローズ(サロペット)VSバース
 4.紅葉(サロペット)VSバース

ファイブポイント・デストロイヤー(空中キャッチ) ファイブポイント・デストロイヤー(着弾ダメージ)
(C)撮影:新京史朗/撮影協力:RPK

【タッグ戦】 ☆対戦ステージ:SAKURA
 1.フェーズ4(水着)&あやね(サロペット)VSバース
 2.マリー・ローズ(サロペット)&紅葉(水着:YAIBAコラボVer)VSバース

ミラ&ティナのタッグ攻撃(股裂き関節技) ロデオホールドによる肩関節ダメージ&大股開きの尻もちポーズ
ロメロスペシャル ティナ&ミラのタッグ攻撃(ツープラトンのロメロスペシャル)
(C)撮影:新京史朗/撮影協力:RPK


 ファイブポイント・デストロイヤーのKOショットですが、リプレイ保存時のエラー(対戦ではオブジェクト破壊されていながら、リプレイ時は破壊されておらず、ファイブポイント・デストロイヤーが通常投げになっており、そのまま筏の上でタイムアップ)により、フェーズ4のセクシーショット画像を用意できませんでした。



【付記】
 6月22日の日計アクセス数が220件を記録しました。2014年6月15日の日計アクセスと同数です。歴代第3位のタイ記録になりました。御訪問下さった皆様に厚く御礼申し上げます。

同人誌即売会「サンシャインクリエイション64」

 昨夜からの雨が残る微妙な悪天候の中、池袋のサンシャインシティで「サンシャインクリエイション64」が開催されました。
 覚えている限りでは、2011年10月に開催された「サンシャインクリエイソン53」以来の同イベント参加となります。
 pixivで交流のあるスガレオン/SC64・H16a氏(以下、「スガレオン氏」と表記)とOGW氏が参加表明されており、新刊も発売されるそうなので久しぶりのイベント参加を決めました。

 2月に参加した同人誌即売会(2月23日開催の「りょなけっと」。参加報告記はこちら)での反省点を活かし、今回は時間に余裕を持った行動を心掛けました。
 早めの行動でJR池袋駅へ降り立ったものの、逆に到着時間が早すぎてしまい、あちこち歩き回って時間を潰しましたが……慣れない場所のせいで振り出し地点=JR池袋駅へ戻ったのが午前10時半を過ぎてしまったのですから皮肉なものです。
 いかにも「サンクリ参加者だろう」と予想できる人の流れについてサンシャインシティまでスムーズに移動でき、やや迷いながらも会場まで辿り着いたのは午前11時間近の事でした。
 参加証となるカタログを買ってから開場待ちの列へ並ぼうと思いましたが、列に並ぶ方の大半が「艦隊娘これくしょん」関係の同人誌狙いだと推測し、屋根の下で雨を避けながら行列の入場が終わるのを待って入場。
 最優先チェックするサークルのスペース情報はメモしてあったので効率良く動き廻れ、氏とOGW氏の新刊を無事に入手できました!

 スガレオン氏と初対面の挨拶を済ませてから、厚かましくも色紙にイラストをお願いし、会場内をブラブラと歩きながら気になった同人誌を何冊か買いました。
 そうこうしているうち、気がついたら2時間近く経っていました。楽しい時間はアッと言う間に過ぎるものです。
 午後2時までに上野へ行かなければならず、色紙はスガレオン氏に預かっていただき、会場を出て次の目的地へ向かいました。

 なんとも慌ただしいイベント参加となりましたが、久しぶりの熱気に満ちた同人誌即売会は楽しかったです。
 次の参加予定イベントは二週間後の「HARA☆Pa!6」(7月6日開催。合同イベント)となり、これに備えて当時のスケジュールも空けておきました。
 商業出版物と違い、基本的に同人誌との出会いは一期一会なので、次回参加の「HARA☆Pa!6」も悔いを残さないよう、しっかりと事前準備をしておきます。


【イベント詳細】 ※カタログの情報を参照しました
 名 称:サンシャインクリエイション64
 会 場:サンシャインシティ・ワールドインポートワールド(A1ホール、A23ホール)
 日 時:2014年6月22日(日)
 時 間:午前11時~午後3時半(即売会) ※終了後、色紙プレゼント抽選会と全体反省会を開催
 ≪その他≫
 一般参加はカタログ購入制(カタログ代:800円)
 ≪プチイベント≫
  ・艦隊これくしょんプチオンリーイベント「艦くり」
  ・ロードオブヴァーミリオンプチオンリーイベント「LoVけっと」

6月の更新スケジュール

 5月は突発的アクシデントによる更新休止があり、予定していたイラスト特集やコラボ企画の公開を実現できませんでした。
 貴重な時間を削ってイラストを仕上げて下さった執筆者の皆様、膨大な労力を費やして3D作品の制作にあたって下さった某国のクリエイター様、それぞれに深くお詫び申し上げます。
 お預かりしている作品を最良の形で紹介するため、改めてスケジュールを組み直した結果、下記のような更新予定となりました。


 6月22日(日):同人誌即売会「サンシャインクリエーション64」参加報告記
 6月23日(月):オンライン対戦レポート
 6月24日(火):バスター技イラスト特集
 6月27日(金):3Dエリョナ作品紹介(1)


 よほどの事がない限り、このような日程と内容で6月はブログ記事をアップします。
 当初の予定では「バスター技イラスト特集」の紹介を今週末に行い、そのために準備も進めておりましたが、同人誌即売会やオンライン対戦レポートをアップした場合、一日で過去記事となってしまうため、少し先送りにいたしました。
 27日の「3Dエリョナ作品紹介」は第二弾も用意もあり、詳細を煮詰めているところです。

 スケジュール告知だけでは味気ないと思い、最後に「DOA5U」のエリョナ画像を貼ります。
 やられ役はかすみ。コスチュームはパラダイスパックの水着です。

VSマリポーサ【連続パンチ攻撃(PPP)】
おまけ画像1
(C)撮影:新京史朗

VSマリポーサ【バタフライスープレックス(右向き時:相手の背後から4+T)】
おまけ画像3
(C)撮影:新京史朗

VSマリポーサ【レッグシザース(右向き時:壁を背にして4+T)】
おまけ画像2
(C)撮影:新京史朗



【付記】
 6月19日に「DOA5U」の公式サイトにてアップデート不具合の報告が報告されました。『Xbox360:Ver1.07アップデートにおける不具合のお知らせ』と題し、以下のようなバグを告知しています。「6/18に配信されましたXbox360 Ver1.07タイトルアップデート にて、一部の方におきまして「コスチュームカタログNo14」をDL後、メニュー画面の項目がすべて選択できくなりゲームが進められない現象が生じております。現在、原因の調査をしております。ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。なお、不具合が発生している方につきましては、「 コスチュームカタログ No04,No09,No11,No14」を再度ダウンロードすることで状況が改善される可能性があります。」。2014年6月21日午後11時現在、このバグが改善されたという情報は確認できていません。

一つの道を極めんとする漢の生き様

 厳しい勝負の世界に身を置き、麻雀の道を極めんとする一人の男。その名は黒沢。
 月刊漫画雑誌『別冊漫画ゴラク』で好評連載中の「麻雀覇道伝説 天牌外伝」(原作=来賀友志/劇画=嶺岸信名)は彼を主人公にした麻雀漫画ですが、麻雀の基本ルールを知らない素人でも読めるため、卓上に交錯する人間ドラマの面白さにスッカリ魅了されてしまいました。
 卓越した技量から「麻雀職人」と呼ばれ、人生の酸いも甘いも噛み分けた最強雀士は、眠らない街で命ある限り麻雀を打ち続ける事でしょう。

 定期購読を始めた「別冊漫画ゴラク』のバックナンバーが約半年分揃い、同誌へ長期連載されている「麻雀覇道伝説 天牌外伝」も一気読みできました。
 その面白い事と言ったら、大袈裟ではなく時間が経つのも忘れて読み耽ってしまう程です。
 マイブーム漫画を唐突に紹介できるのもブログ運営者の特権であり、当初の予定だった「DOA5U」エリョナ画像掲載を取り止め、2013年12月号から2014年6月号までの「麻雀覇道伝説 天牌外伝」連載分からの選り抜き名言集へ切り替えました。
 この名言集から、一人でも多くの黒沢ファン、または「麻雀覇道伝説 天牌外伝」ファンが増えれば、新規愛読者としては嬉しい限りです。
 なお、話数表記は掲載誌に準じました(ナンバリングのダブリや減数がある理由はわかりません)。


第187話「切なる想い」(2013年12月号掲載)
 あれほど 喜んでんだ 勝った金以上に 謝礼取ったら それこそ会長に 嫌われちまいそうだものな
 【体が不自由な企業会長の代打で勝利を掴み、その謝礼金額について会長秘書に言ったセリフ】

第158話「見定め」(2014年1月号掲載)
 でも俺が何を 感じようと 最後は自分で 決めることだぜ
 【黒沢の人間観察眼を信頼し、婚約を申し込んできた相手の見定めを頼んできた飲み屋のママに言ったセリフ】

第187話「道義」(2014年2月号掲載)
 なぜ泣く 必要がある お前はこの決勝戦で 一番すげぇ麻雀を打った 事実は それだけだ
 【麻雀大会の決勝で同じ麻雀団体に所属する三人を相手にして負けた『後輩』に言ったセリフ】

第187話「何かがいる」(2014年3月号掲載)
 あぁ 己の生き方 己の麻雀は 常に誰かに 見られている だから 気を抜いちゃならない ってのが俺に課した 大切な戒めだ
 【幽霊が出るというアパートで麻雀を打ちながら一座のメンバーに言ったセリフ】

第192話「受けた恩義」(2014年4月号掲載)
 受けた恩義は 大切にする 玄さんに貰ったこの言葉 俺は生きている限り 200%の恩義を 玄さんに返し続ける つもりでいる
 【競馬の予想屋を引退した恩人に向かって心の中で言ったセリフ】

第193話「矛と盾」(2014年5月号掲載)
 お前がこの5年の間 どんな思いで麻雀を打って来たかが 数局で分かった 頑張ったな
 【勢いに乗り過ぎて破産しながらも復帰を果たした『友』に言ったセリフ】

第194話「卓上の51対49」(2014年6月号掲載)
 お宅らが何かを 学んだのなら 今日の負けなんか お安いもんだな
 【血気盛んな若者に麻雀の奥深さと雀士らしい振る舞いを実践で見せた後に言ったセリフ】

注目の連載漫画(2014年上半期購入分)

 確実に美本の最新号が手に入るというメリットから、約十年ぶりに漫画雑誌の定期購読を始めました。
 入荷冊数の少ないタイトルは美本が残っているとも限りませんし、発売日を忘れて買い逃すという大失敗をしでかす恐れもあるからです。
 定期購読の場合、最新号が発売されるたびに注文店へ出向かなければなりませんが、月刊誌であるうえ、ゲーム雑誌や文芸書の新刊チェックで頻繁に本屋へ足を運ぶので手間は感じません。
 ネットショッピングが普及している現代、雑誌を受け取りに本屋まで出掛けるとは、我ながらアナログ人間だと改めて思いました……。

 定期購読を始めた雑誌は中閉じ本の合計4タイトル(青年誌が3タイトル、成人向け雑誌が1タイトル)です。
 買い始めたキッカケは雑誌によって異なりますが、いずれも「エロスとフェチシズムの魅力に満ち溢れた作品」目当てという共通点があります。
 唐突ではありますが、これら定期購読を始めた雑誌に連載されている一押し作品をご紹介したく、よろしけばお付き合い下さい。


 1.鳴海丈(原作)/花小路ゆみ(作画)「美女斬り御免!! ~大江戸だるま剣~
 ・『プレイコミック』連載中(2013年9月号連載開始)。鳴海丈氏の官能時代小説を花小路ゆみ先生が漫画化。江戸にはびこる悪を討つ……という作品ですが、一話に一回はヌード場面が描かれ、漫画版でも官能要素を色濃く再現しています。鳴海ワールド独特の官能美は花小路先生の画風にマッチしており、相性ピッタリのコンビネーションぶりを発揮していました。剣術に秀でたメインヒロインの真紗美が強敵と戦い窮地に陥る場面が皆無なので、ヒロピン好きとしては少し物足りませんが、それを補うヌードシーンは良い目の保養となります。

 2.井上よしひさ「上野カンナの発情研究室」
 ・『ヤングコミック』連載中(2013年10月号連載開始。隔月掲載)。「フェミニズム論」の若手ホープと称される上野カンナ准教授が主催する発情研究ゼミを舞台にしたエロチックコメディ。フェチシズムの要素もあり、様々な趣向の読者ニーズにバッチリ応えてくれます。刺激的な場面でも決して筆を暴走させず、冷静に話を進めて行く手際の良さはベテラン漫画家の面目躍如と言えます(女体エロスの魅力を存分に描きながらも暴走しない冷静さは、十年以上前に刊行された『ゼロゼロななこ』の頃から健在でした)。

 3.英丸「ハッスル! 団地妻」
 ・『アクションピザッツ』連載中(2013年11月号連載開始?)。団地内を転々としながら、そこに住む人妻と同棲・性交する青年の話。一話完結形式なので途中から読んでも問題なく、魅力的な美しい(またはワイルドな)人妻が快楽に悶える痴態を楽しめます。問答無用の面白さで、現実には「あり得そうもない」設定を違和感なく受け入れさせてくれました。

 4.環望「ウチのムスメに手を出すな! -母娘ヒロイン奮闘す-
 ・『ヤングコミック』連載中(2014年1月号連載開始)。アメコミのスーパーヒロイン物をイメージした漫画。キャラクター造形が見事なうえ、エロチックな戦闘シーンだけに頼らないスリリングなストーリー展開も好印象です。変身したヒロイン母娘のデザインは近作のSupergirl(New52版)を元ネタにしているのでしょうが、単なる模倣ではなく、掲載誌の読者が好みそうな容姿へ絶妙にアレンジされている点も高く評価しています。

 5.松波留美「おしかけフィアンセ」
 ・『アクションピザッツ』連載中(2014年2月号連載開始?)。同じ屋根の下に同居する男女が織り成すエロチックなラブコメディ。モテない主人公の前に現れた二人の美人が「どちらも親同士が決めた許嫁(いいなずけ)」という奇抜な設定を上手く活かし、揺れ動く男女の機微を丁寧に描いています。性交に至る流れも無理がなく、恋愛物としても読める不思議な作品です。

 6.高遠るい「はぐれアイドル地獄変」
 ・『別冊漫画ゴラク』連載中(2014年6月号連載開始)。アイドル志望の少女が主役の格闘漫画。現在は「芸能界デビュー」か「AV出演」かの選択を賭けた百人組手の真っ最中。連載が始まったばかりおせいか、読者を興奮させるヒロインのピンチシーンはなく、今後の試合描写に期待しています(次の対戦相手は「鬼畜レズ女王(クイーン)」らしく、派手なキャットファイトが見られそうな予感です)。

「DOA5U」Ver1.07導入完了

 健全な生活を送る人ならば床に就いている午前2時頃、遅ればせながら(?)、PlayStation3をオンライン接続して「DOA5U」のアップデートを済ませました。
 PlayStation3版のアップデート配信は6月17日開始と告知されており、日付が変わった直後に最新パッチを導入する予定でしたが、新キャラクター使用権や追加コスチュームの購入費用に充てるウォレット残額がなかったため、一日遅れのVersionUpとなってしまったのです(アップデートに併せてサーバーメンテナンスが行われたようなので、17日午前零時にネット接続してもアップデートできたかは分かりませんが……)。
 余談ながら、帰宅前に某大型電機店でプレイステーションストアカード(3,000円)を買った際、外装デザインが一新されていた事に少し驚きました……。

 購入したDLC(ダウンロードコンテンツ)は以下の5点です。総額2,162円の出費でした。
 プレイヤーを飽きさせないため、定期的にアップデートや追加要素の導入を行ってくれるのは嬉しいのですが、それに伴う出費も決して安くないのが悩みどころです。

 ・紅葉 『YAIBA』コラボレーションコスチューム(税込み:206円)
 ・「フェーズ4使用権」+「デビューコス」セット(税込み:1,338円)
 ・マリー・ローズ どきどきサロペットコスチューム(税込み:206円)
 ・フェーズ4 どきどきサロペットコスチューム(税込み:206円)
 ・紅葉 どきどきサロペットコスチューム(税込み:206円)

 フェーズ4ですが、かすみのモデルを使い廻したコンパーチブルという印象が強く、新キャラクターとしての新鮮味も足りません。
 技のモーションにもデータ流用があるかは確認できていませんが、基本的にはコスチュームと各種エフェクトが違うだけの使い廻しキャラクターと感じました。
 もう少し時期をズラしてでも、女天狗と同時配信して欲しかったです。

 購入コスチュームは、紅葉の「『YAIBA』コラボレーションコスチューム」だけがアタリでした。
 合計10キャラクターに追加された「どきどきサロペット」コスチュームはボーイッシュなデザインが多く、その中でもマリー・ローズは特に色気のないデザインでガッカリです……。
 マリー・ローズ、紅葉、フェーズ4はコスチュームをコンプリートするために買いましたが、かすみあやねこころ、レイファンについては、購入するかを現在も検討しています。



【付記】
 これまでフェーズ4の名前表記は「フェーズ4(PHASE-4)」でしたが、今回から「フェーズ4」に統一します。

「DOA5U」のエリョナ対戦(こころ&かすみ編)

 去る6月14日の土曜日、午後10時半頃からRPK氏と「DOA5U」のオンライン対戦を行いました。
 前回の「DOA5U」対戦は5月末だったので、約三週間ぶりのエリョナ対戦となります。
 お疲れであるにも関わらず、貴重な休みの夜を使って対戦にお付き合いいただき、改めてRPK氏には御礼申し上げます。

 二週間ぶりのオンライン対戦でもあったので、リハビリ(?)がてら、今回は全6試合を消化するに留めました。
 対戦前のチャットで少し長めの会話をしており、時間的にも丁度よい試合数でした(私が余談となる話題を振り、それに長々と付き合わせてしまい、RPK氏には申し訳なくおもっております……)。
 6月14日の対戦メニューは下記の通りです。コマンド表記は1Pキャラ用コマンドで記しました。


【第一試合】 ☆対戦ラウンド数:2ラウンド ☆対戦ステージ:LORELEI
 こころ(ハロウィンコスチューム)VSバース
 かすみ(アイドルコスチューム)VSバース
 ◎ダイブボマー(41236+Tタメ~23698+T~82+T)がメイン。

VSバース(1) VSバース(2)
(C)撮影:新京史朗/撮影協力:RPK

【第二試合】 ☆対戦ラウンド数:2ラウンド ☆対戦ステージ:LORELEI
 こころ(ハロウィンコスチューム)VSマリポーサ
 かすみ(アイドルコスチューム)VSマリポーサ
 ◎レッグシザース(壁を背にして4+T)、バタフライクラッチ(相手の背後から6+T)、バタフライスープレックス(背向け中に相手の背後から4+T)。

VSマリポーサ(1)
VSマリポーサ(3) VSマリポーサ(2)
VSマリポーサ(4)
(C)撮影:新京史朗/撮影協力:RPK

【第三試合】 ☆対戦ラウンド数:1ラウンド ☆対戦ステージ:LORELEI
 こころ(ハロウィンコスチューム)VSあやね
 かすみ(アイドルコスチューム)VSあやね
 ◎雪崩車(66+T)&氷柱落とし(雪崩車中にT)。

VSあやね(4) VSあやね(1)
VSあやね(2) VSあやね(5)
VSあやね(3)
(C)撮影:新京史朗/撮影協力:RPK


 対戦の途中、原因不明の音ワレ現象に見舞われました(RPK氏はBGMをオフにしているそうで、この現象が両者に発生していたのかは不詳)が、ゲームの進行には支障はありませんでした。
 先々週の「鉄拳Revolution」対戦時は同期エラーやフリーズに悩まされましたが、今回は特に回線関係の致命的なエラーは発生せずホッとしています。
 対戦終了後にリプレイ映像を検証したところ、最初の「こころVSバース」のみ映像保存ができておらずガッカリしましたorz

 画像編集が間に合わず、現時点ではテキストのみの対戦レポートとなりますが、近日中に厳選したスクリーンショットを掲載いたします。
 できるだけビジュアル面を充実させた記事にすべく、画像選択と編集を頑張りますので御期待下さい!



【追記】キャプション画像の編集作業が終わったのでアップしました。本文中にも書きましたが、第一戦目となる「こころVSバース」はリプレイ保存に失敗してたので画像がありません。(2014年6月18日・記)

180,000HIT達成の御礼

 2014年6月15日の夜、当ブログへのアクセス数が180,000Hitに達しました。カウンターの時間別アクセス数から推測するに午後8時前後の事と思われます。
 前回のキリ番報告は4月18日の170,000Hit達成時。それから約二ヶ月で10,000アクセスがあった事に驚きを隠せません。
 5月中旬から半月以上の更新停止期間があったにも関わらず、定期的にアクセスして下さった方々のおかげと感謝しております。
 常連の皆様や検索サイトから辿りついた方々を含む全ての訪問者に心より御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

 5月の連休中に予定していた「バスター技イラスト特集」は遅延しておりますが、大勢の方からイラストを頂戴しているので企画倒れにはいたしません。
 今週末の公開をメドに諸々の準備を進めているところです。いずれ劣らぬ力作揃いなので、どうぞご期待下さい!

 今回のキリ番達成イラストはpixivで交流のある、あるマン氏から作品を御提供頂きました。
 タイトルは「リリ(鉄拳)にマッスルバスター!!」。
 水着コスチュームのリリがマッスルバスターで大ダメージを受けるイラストです。

 大股開きの恥ずかしいポーズを強いられるリリ。華奢な少女の体を軽々と担いだ状態で着地するキング。
 腰骨と股関節を痛めつけられたうえ、着弾の衝撃で股裂きまでされてしまい、リリの胸中は痛みと恥じらいが入り混じった複雑な感情に支配されている事でしょう。
 脱臼音(骨折音?)が文字として描かれており、技の威力をビジュアル的に伝える演出も見事です。
 あるマン氏は関節技イラストを得意とするリョナ絵師ですが、その面目躍如たる一枚だと思います。

180,000Hit記念画像
(C)あるマン

 肌寒い雨の日が続いたかと思うと、真夏のような暑い日になるのが6月です。
 全国的な祝日のない憂鬱な一ヶ月ですが、体調を崩されませんよう、皆様もお体に気を付けてお過ごし下さい。



【付記】
 6月15日の日計アクセス数が220件を記録しました。2014年6月7日に記録した日計アクセス数227件に続く、歴代第3位の日計アクセス数です。御訪問下さった皆様に厚く御礼申し上げます。

「DOA5U」フォトSSの素材画像

 エリョナ系「DOA5U」二次創作SSの第三弾を書き進めていましたが、情けなくも序盤で挫折しました。
 テーマは「マリー・ローズVSバース」と決まっており、挿絵代わりの画像も17枚用意しておきながら、なんとも締まらない話です……。
 文才のない者が知恵を絞ったところで書き続けられる筈もなく、とても公開できるような内容に仕上がらないと判断したので打ち切りました。

 とは言ったものの、それなりの時間をかけて撮影&編集した画像が無駄なるのも惜しいと思い、用意した全17枚の画像を以下に掲載します。
 バランスの悪い画像配置ですが、SSを書く際の使用予定順に並べてみました。
 全ての撮影は新京史朗が行っておりますが、キャラクターを含むゲームに関する全著作権はコーエーテクモゲームスが有しますので、転載の際は著作権の扱いに注意して下さい。


Marie vs Bass(01) Marie vs Bass(02) Marie vs Bass(03)

Marie vs Bass(04) Marie vs Bass(05) Marie vs Bass(06)

Marie vs Bass(12) Marie vs Bass(07) Marie vs Bass(08)

Marie vs Bass(09) Marie vs Bass(10) Marie vs Bass(11)

Marie vs Bass(13) Marie vs Bass(14)

Marie vs Bass(15) Marie vs Bass(16) Marie vs Bass(17)


 前記の注意喚起とは矛盾して恐縮ですが、これらの画像(一部でも構いません)を使い、マリー・ローズとバースの対戦SSを書いて下さる方がいらっしゃいましたら、是非とも御執筆下さい!
 その際は、完成後、投稿先をコメントにてお知らせいただけますと幸いです。

「DOA5U」エリョナ画像アルバム(ロデオホールドの悶絶ショット特集)

 約一ヶ月ぶりの「DOA5U」エリョナ画像特集です。今回はロデオホールドをテーマにしてみました。
 この技はティナの投げ技(1P立位置のコマンドは66+T)で、相手の背に乗り、両足を内側から絡ませてロックすると同時に両腕を捉えて肩関節を痛めつけます。
 この技を極められた相手はガニ股状態で胸を突き出したポーズを強制されるため、巨乳の女性キャラクターにとっては精神的ダメージも大きい羞恥技と言えるでしょう。

 女性キャラクターのやられポーズにばかり目がいってしまうロデオホールドですが、実は撮影モードで真価を発揮するエリョナ技なのです!
 ティナが技を解除した瞬間にリプレイ映像を一時停止し、カメラの焦点をティナに併せてからアングル調整してズームアップをすると、やられ役の悶絶顔が限界ギリギリのアップで見られます。
 ギュッと閉じられた瞳。長い睫毛。苦しそうに開かれた口。桃色の美しい唇。
 技の痛みに苦しむ美少女の悶え顔は色気があり、特にマリー・ローズとこころは作り込みが緻密なせいか、静止画からも苦痛の悲鳴が聞こえてきそうな表情を見せてくれましたw
 論より証拠。まずは以下の画像を御覧下さい。

ダメージ顔のアップ(ロデオホールド)
(C)撮影:新京史朗/著作権:コーエーテクモゲームス

 限界ギリギリまでズームアップすれば、このような美少女達の悶絶ショットが撮影できます。
 さらに、縦長画面での撮影に切り替えてズーム調整をすれば、こんもりと膨らんだ股下部分まで同じ画像内収められるのです!

ダメージ顔のアップと股間のチラ見え(ロデオホールド)
(C)撮影:新京史朗/著作権:コーエーテクモゲームス

 一時停止するタイミングさえ合えば、このような撮影は誰でも簡単に行えます。
 ティナが技が解いて間もなく(相手の体を前方へ押し出した時)、リプレイ動画の一時停止したら、撮影モードにしてカメラの焦点をティナに合わせて下さい。
 正面アングルまでカメラを移動させると、かなり近い距離からティナの股下を見る形になるので、そのまま限界までズームアップさせてからカメラの位置を少し下へ降ろすと、やられ役の顔がアップでフレーム内に出てきます。
 文字だけの説明では複雑そうに感じられるかと思いますが、慣れてしまえば簡単です。

 参考として、一時停止をかける目安モーションの画像を以下に掲載します。
 ティナの股下アップ画像と併せ、エリョナ撮影へのチャレンジ精神を奮い立たせる一助として、ご活用下さい! 

一時停止の目安モーション
(C)撮影:新京史朗/著作権:コーエーテクモゲームス
ティナの股下アップ
(C)撮影:新京史朗/著作権:コーエーテクモゲームス

 確認できるエリョナ技を撮り尽くし、再び、撮影のネタがマンネリ化してきました……。
 今回もエリョナ撮影ネタを募集しようと思いますので、撮影希望技やシチュエーションに関するご意見を頂戴できれば幸いです。
 リクエスト締切は6月30日午後23時59分まで。やられ役は以下の6名に限られて下さい。
 なお、諸事情からコスチュームについては要望にお応えできない場合があり、技のリクエストにも100%対応できかねる事、あらかじめ申し上げます。

【やられ役一覧】
 ◎マリー・ローズ(コスチューム全9種揃い:2014年6月13日時点のコスチューム)
 ◎エレナ(一部、未入手コスチュームあり)
 ◎紅葉(同上)
 ◎かすみ(一部、未入手コスチュームあり)
 ◎あやね(未入手コスチューム多々あり)
 ◎レイファン(未入手コスチューム多々あり)

「DOA5U」Ver1.07へのアップデート配信決定!

 久しぶりに「DOA5U」の大型アップデートが実施されるそうです。
 公式サイトでは6月中の実施と告知されていますが、DOA専門情報系ブログ「むげん道場Blog -DOA最新情報-」にはコンシューマー版の配信開始予定日が発表されていました。
 同ブログによれば、PlayStation3版は6月17日、X-BOX360版は6月18日からフェーズ4(PHASE-4)の配信が始まるとの事。同時にVer1.07の配信も行われるそうです。

 アーケード版の日程は確定していないようです(2014年6月8日午後11時現在)が、6月6日からロケテストが始まりました。時期的に今月中旬のアップデート実施と思われます。
 ロケテストにおけるレビューはこちらで詳しく報告されているので、興味のある方はリンク先を参照して下さい。

 以下、Ver1.07における修正・変更点と追加要素を記します。
 紹介文は「DOA5U」の公式サイトから引用(引用するにあたり、ブログ仕様に若干のアレンジを施しています)し、バランス調整の詳細については略しました。


■PlayStation®3版のバージョン表記について
 今回のアップデートは、PlayStation®3/Xbox 360®/アーケードすべて共通でバージョン番号が 1.07 となります。PlayStation®3版のアップデート確認の画面では「バージョン 1.06」と表示されますが(欧州地域向けのダウンロード版のみ「バージョン 1.05」と表示されます)、アップデート後のタイトル画面の右下に「Ver. 1.07」と表示されていれば、正常にアップデートが完了しています。


【変更点】(特記なき項目はPlayStation3版とX-BOX360版の変更点です)
 ・新キャラクター「フェーズ4」を追加。キャラクター使用権を購入すると使用可能になります(キャラクターBGMおよびシステムボイスの追加はありません)。
 ・フェーズ4に関連する称号を19個追加。
 ・ムービーシアターに「フェーズ4 勝利①」「フェーズ4 勝利②」「フェーズ4 勝利③」「フェーズ4 敗北」を追加。各種修正にあわせて、リプレイデータの保存方式を更新。Ver.1.07で保存したリプレイデータは、Ver.1.05以前では再生できません。
 ・アーケード版に新キャラクター「女天狗」を追加。 ※アーケード版のみ。
 ・アーケード版に新コスチュームを追加。コスチュームパネルを集めると使用可能になります。 ※アーケード版のみ。


【不具合修正点】 ※PlayStatin3=PS3/X-BOX360=360/ARCADE=AC
 ・PS3版で、Facebookへの写真アップロードが失敗してしまう不具合を修正。 ※PS3
 ・基本無料版で全キャラクターのコマンドトレーニングをクリアすると、その後で製品版にアップグレードしてもトロフィー「エクササイズ初心者」が取得できなくなる不具合を修正。 ※PS3
 ・Xbox 360版で、オンラインモードプレイ中に一部のBGMが再生されなくなることがある不具合を修正。 ※360
 ・Ver.1.05で、Alpha-152のコマンドトレーニングをクリアしてもシステムボイス「ドノヴァン」がアンロックされない不具合を修正。 ※PS3,360
 ・マリー・ローズ使用時のみ、ファイトログの「その他」ページの各項目が二重にカウントされている不具合を修正。 ※PS3,360
 ・フリートレーニングでAlpha-152をCOMキャラクターとして選び、COMの行動をレベル1~8のいずれかに設定したときに、COMキャラクターがまったく動かなくなることがある不具合を修正。 ※PS3,360
 ・フェーズ4のパワーブロー演出中に水滴エフェクトが表示されない不具合を修正。 ※PS3,360,AC
 ・「SKY CITY TOKYO」ステージで、壁際でパワーブローがヒットしても壁吹っ飛びが発生しないことがある不具合を修正。 ※PS3,360,AC
 ・「SKY CITY TOKYO」ステージにおいて、フェーズ4のスペシャルパワーブローのダメージが他のキャラクターと比べて少なくなっている不具合を修正(現在Arcade版のみ修正済み。家庭用は次回修正予定) 。 ※AC



【付記】
 6月7日の日計アクセス数が227件を記録しました。2014年5月5日に記録した日計最高アクセス数234件に続く、歴代第2位の日計アクセス数です。御訪問下さった皆様に厚く御礼申し上げます。

更新停止中の「鉄拳Revolution」日記

 ブログ更新停滞中の簡易日記第二弾です。今回は「鉄拳Revolution」に関する日記となります。
 活発なアップデートを行う「DOA5U」に比べ、残念ながら「鉄拳Revolution」はVersionアップ状況が芳しくないらしく、RPK氏のお話では5月の連休明け頃からアップデートや大きなオンラインイベントが行われておらず、新コンテンツの追加もない(2014年5月31日のチャットより。文責筆者)との事でした。
 来週はロサンゼルスで「E3 2014」(現地時間2014年6月10日~12日。会場はロサンゼルス・コンベンションセンター)が開催されるので、望み薄ではあるものの、そこで「鉄拳Revolutin」に関するアップデート情報かシリーズ新作情報が公開される事を期待しています。



【5月31日】
 久しぶりに「鉄拳Revolution」の関節技リョナ対戦を楽しみました。例によって一時間無料のプレミア対戦です。
 相手の足をキャッチして大股開きの格好で転ばせたり、腕関節を痛めつけたりする、ドラグノフのカウンター技(相手の攻撃に対して2+□×)で三人の美少女ファイターを悶えさせましたw
 やられ役は鉄壁の三人娘。エリザ、リリ(制服)、シャオユウ(スクール水着)の順番でドラグノフと戦ってもらいました。
 初っ端から雨の工場ステージだったので幸先が悪いスタートと思われたものの、高確率でベストショットのりプレイが見られ、痛みに悶えながら開脚する少女達の股下をアップで拝める目福ショットが連発して嬉しかったです!
 残り20分頃にはニーナやアリサも参戦させ、より過激なエリョナバトルとなりました。
 今回の収穫と言えば、ドラグノフのカウンター技はダメージ量が微妙なのでKOさせる直前のみに使用し、それ以外は通常の投げ技やコマンド投げで相手の体力を減らしつつ、痛みに悶える姿を楽しむのがベストだと分かった事です。
 若干のラグはありましたが操作に支障をきたすレベルではなく、ステージやアングルにも恵まれ、対戦前後のチャットも含め、充実した土曜日の夜となりました。


【6月1日】
 土日連続となる「鉄拳Revolution」エリョナ対戦の第二夜目はマッスルバスター祭り……となる筈でした。
 しかし、原因不明のネットワーク接続不備に悩まされ、対戦ルームの設置から30分以上も対戦できない状態が続き、やや物足りない対戦となってしまったのですorz
 同期の失敗が続いたうえ、私のPlayStation3はフリーズによる強制終了&通信エラーでPSNへの接続すらままならず、ようやく対戦環境が整った時には残りの無料対戦時間が30分程度となっていました。
 本来ならば、エリザ、リリ、シャオユウをループ登板させたバスター祭りとなる筈でしたが、やられ役をエリザのみにして30分弱、ひたすらエリザをバスター技でKOし続けました。
 エリザ限定のエリョナバトル提案を受けて入れて下さったRPK氏には、この場を借りて、改めて御礼申し上げます。どうもありがとうございましたm(_ _)m
 最初からミソがついた当日は運に見放されていたらしく、ステージにもKOアングルにも恵まれませんでした(そうは言いながらも、エリザの大股開きを正面からガン見できるベストショットが2~3回ありましたw)。
 RPK氏と休日の予定が合えば、近いうちにバスター祭りのリベンジをしたいと思います。

更新停止中の「DOA5U」日記

 諸事情により三週間近い更新停止となってしまいました。
 イラスト特集や3Dリョナ作品クリエイター(?)さんとのコラボ企画も予告なしの遅延となり、作品寄稿者の皆様には深くお詫び申し上げます。
 作品をお預かりしている以上、それらは最良の形で活用させていただきますので御安心下さい。

 また、予告なしの更新停止にも関わらず、当ブログを定期的に訪問して下さった皆様には厚く御礼申し上げます。
 休止中もサブPCでアクセスカウンターはチェックしておりましたが、平均アクセス数が150件前後あり、カウンターの数字を見るたび、弱小ブログを見捨てずにお越し下さる閲覧者の方々へ感謝の気持ちが湧いていました。
 どうにか更新再開のメドが立ちましたので、引き続いて今後とも御贔屓に願えますと幸いです。

 今日と明日は更新停滞中の「DOA5U」と「鉄拳Revolution」に関する簡単な日記をアップいたします。
 いずれもオンライン対戦報告記がメインとなりますが、対戦画像の準備も間に合わず、簡単でシンプルな記事となります事、お許し下さい。



【5月20日】
 就寝前に少しだけ「DOA5U」をプレイしようとゲームを起動させたところ、メニュー画面のインフォメーションで新コスチューム配信を告知しており、大急ぎでPlayStationStoreへ移動しました。
 ウォレット残額が2,242円あったので、マリー・ローズの「運動会ジャージブルマコスチューム」、エレナの「運動会コスチューム」、紅葉の「運動会チアガールコスチューム」と「運動会コスチューム」の合計4点(各206円)を購入。そのままゲームへ戻り、ジャージブルマのマリー・ローズでエリョナプレイを楽しみました。
 おかげで寝る時間も遅くなり、翌日が大変だったのは言うまでもありません……。


【5月21日】
 ジャージブルマのマリー・ローズでエリョナショットを撮影するため、帰宅後にPlayStationNetworkへログイン。
 偶然、TKP氏もログインされていたのでメッセージ交換をしました。
 上手く言葉にはできませんが、これまで事前の打ち合わせなしにPSNフレンドとログイン時間が重なる事は皆無だったので、TKP氏とログイン時間が重なって嬉しかったです。


【5月25日】
 RPK氏にお付き合いいただき、恒例の週末オンライン対戦を行いました。午後9時少し前から午後10時半前まで、約90分の対戦です。
 テーマは「運動会コスチュームのエリョナ対戦」。言うまでもなく、運動会コスチュームを着た女性キャラクターの痴態を拝む対戦内容ですw
 安定のファイブポイント・デストロイヤーから始まり、マリポーサやバイマンの関節技でも美少女達を苦しめました。

 第一試合:バースVSマリー・ローズ(運動会ジャージブルマコスチューム) ※SCRAMBLE
 第二試合:バースVSエレナ(運動会コスチューム) ※SCRAMBLE
 第三試合:ミラ&ティナVSマリー・ローズ(運動会ジャージブルマコスチューム)&紅葉(運動会チアガールコスチューム) ※ARRIVAL
 第四試合:ミラ&ティナVSエレナ(運動会コスチューム)&あやね(運動会コスチューム) ※ARRIVAL
 第五試合:バイマン&リサVSマリー・ローズ(運動会ジャージブルマコスチューム)&紅葉(運動会チアガールコスチューム) ※ARRIVAL
 第六試合:バイマン&リサVSあやね(運動会コスチューム)&エレナ(運動会コスチューム) ※ARRIVAL
 第七試合:リサ&バースVSマリー・ローズ(運動会ジャージブルマコスチューム)&紅葉(運動会チアガールコスチューム) ※ARRIVAL
 第八試合:リサ&バースVSエレナ(運動会コスチューム)&あやね(運動会コスチューム) ※ARRIVAL

 序盤のファイブポイント・デストロイヤー対戦ではRPK氏が責め役、それ以外は私が責め役を担当しましたが、神のタイミングでタイムアップ判定を狙うRPK氏に比べ、私は技を暴発させてばかり……。
 全八試合を消化した後、私のワガママで追加対戦(バースのダイブボマーをメインにした対戦)も行いましたが、ベストショットとなる技を極めらずに汗顔の至りです(>_<;
 ミスの連発でRPK氏にとっては退屈だったかも知れませんが、私としては楽しく充実した対戦が楽しめました。


【6月4日】
 馴染みの書店には『WEEKLYファミ通』の最新号(2014年6月19日号)が一日早く入荷するため、いつものように表紙で新着記事情報をチェックしていたところ、「真・三国無双7 Empires」の文字が見えたので購入。
 ある方から「PS4版の「真・三国無双7 猛将伝」では、呂玲綺の下着にクロッチが追加されている」と聞いており、もしかしたらPlayStation3版「真・三国無双7 Empires」の呂玲綺にもクロッチ追加があると勝手に妄想してしまい、発売日確認のために買ったのですが……同誌にて「DOA5U」の思わぬ新情報を得られました。
 かねてから噂のあったアーケード版の新キャラクター情報が解禁されていたのです(もっとも、ネット上では『WEEKLYファミ通』よりも先に情報公開されていたかも知れません)。
 気になる新キャラクターの正体は女性の天狗でした。多くの方が予想していたであろう万骨坊ではなく、そのままズバリ、女天狗というキャラクターです。
 彼女が使用可能となるアーケード版のVersionアップは6月下旬予定との事。同時期に家庭用もVersionアップするらしく、こちらではPHASE4が使用可能と同記事は報じていました。
 女天狗の家庭用ソフト配信や新コスチューム配信など、コンシューマー版「DOA5U」の新着DLC(ダウンロードコンテンツ)には今後も期待できそうです。

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (86)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (16)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (43)
鉄拳・スト鉄 (92)
漫画・絵物語 (107)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (35)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (134)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。