FC2ブログ

2017-05

魅惑の女子高生ファイター 菅木美弥香(その2)

 2日前の更新記事で御紹介した菅木美弥香。彼女の喋り方について、キャラクター原案者のDai*氏より御連絡を頂きました。
 Dai*氏のお話によれば、美弥香は「名古屋弁で喋らせたいなー」と思っておられるそうです。
 美少女+方言のギャップは珍しくないかも知れませんが、あどけなさの残る容姿と大人の色気を漂わせる肉体美を兼ね備えた女子高生ファイターと名古屋弁の組み合わせ、個人的にはツボにはまりました。

 美弥香の出典である2D対戦格闘ゲーム「-艶ict-格ゲー(仮称)はDai*氏が個人で製作している為、まだ完成には至らず、現時点ではキャラクターヴォイスが搭載されていません。
 将来的には美弥香のキャラクターヴォイスが録音・搭載されると思いますが、その時、どのような喋りを聞かせてくれるのか、今から楽しみです。

 お目汚しにかるかも知れませんが、菅木美弥香の公式イラストを摸写した一枚絵をアップしました。
 同時に「対戦前、こんな喋り方をするのではないか」と妄想した対戦前セリフも付けましたので、併せて御笑覧頂ければ幸いです。
 美麗な公式イラストの摸写を快く承知して下さったDai*氏には記して感謝致します。

菅木美弥香(摸写)
(C)Dai*/新京史朗


【対戦前セリフ:VS北条那由他】
 菅木美弥香が相手になるがや。
【対戦前セリフ:VS菅木美弥香(同キャラ)】
 可愛い見た目はマネできても、美弥香は一人いれば充分なの。
【対戦前セリフ:VS黄泉】
 でら、すごい格好。恥ずかしくないのぉ?
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

魅惑の女子高生ファイター 菅木美弥香

 ぱっつん前髪。黒髪のツインテール。肉感的なボディ。むっちりしたヒップ。チラリズムのエロスが溢れる純白のパンエィ。ヘソ出しセーラー服。
 これらの条件を完璧に満たしながら、あざとさを微塵も感じさせない奇跡の美少女キャラクターが登場しました。
 彼女の名は菅木美弥香(すがき みやか)Dai*氏が製作している2D対戦格闘ゲーム「-艶ict-格ゲー(仮称)」に登場する女子高生ファイターです。

菅木美弥香
(C)Dai*

 著作権の関係から転載イラストにはモザイク処理を施しておりますが、加工なしの美麗イラストはゲームの公式HPにて御覧頂けます(サイトへのリンクはこちらです)。
 小悪魔的な微笑をうかべ、パンチラなんて関係ない決めポーズを見せる美弥香。女子高生ファイターのセクシー&キュートな姿をジックリと御堪能下さい!

 Dai*氏による菅木美弥香のキャラクター設定は下記の通り。
 見た通りの設定や意外なギャップを感じさせる設定もあり、なかなか面白い設定が施されています。
 美少女だけど言葉に訛りがあるという点、個人的には萌えポイントの一つでした……。

 氏 名:菅木美弥香
 身 長:158cm
 体 重:50kg
 イメージカラー:水色
 一人称:みやか
 所 属:橘高市内の女子高
 得意科目:家政科全般。頭はあまり良くない
 能 力:体の硬質化
 好きなもの:ラーメンとソフトクリーム
 性 格:自分で自分が可愛いと思っているが、あざとくて逆にモテない
 備 考:現在は消失している東海の地方で育った親の影響で言葉が少し訛っている

女学園バトルの漫画同人誌『武神女学園 RETTA』

 当ブログ開設時からお世話になっているYOSHITORA氏(旧名・モンコレ氏)の新作同人誌を即売会イベントで入手しました。
 タイトルは『武神女学園 RETTA』。YOSHITORA氏がpixivで展開されている「武神女学園」の新設定作品です。
 8月10日から12日まで東京ビッグサイトで開催された【第82回コミケマーケット】の3日目に販売されました。

『武神女学園 RETTA』の表紙と裏表紙
(C)YOSHITORA

 本作の主人公はサバット学科中等部に在籍するレッタ。公式戦に出場できないレッタは場外決闘で対戦相手と試合を行う事によって勝率を稼いでいます。
 第1巻では、総合功夫科に在籍する山命華(シャン メイファ)との激しいバトルが描かれました。
 功夫の達人である山命華にレッタは千手必勝のバトルスタイルで挑みます。

レッタVS山命華
(C)YOSHITORA

 緻密なバトル描写はリョナ系の技絵に定評があるYOSHITORA氏らしく、特に勝負を決めたレッタの一撃が山命華に炸裂するシーンは迫力満点。技の威力がイラスト全体から伝わってきました。
 美しい武闘生のサービスショットもあり、そっち面への配慮も忘れておらず、至る所にYOSHITORA氏の芸の細かさが垣間見えます。

 本作は近いうちにダウンロード販売されるそうなので、夏コミへ参加できなかった方も手軽にお買い求め頂けます(購入方法や販売開始日時については、詳細が決まり次第、YOSHITORA氏からの報告があるそうです。これらの情報については、YOSHITORA氏のブログ「RYONA'S STATION」かpixivの管理ページにて御確認下さい)。
 年内には続編(=第2巻)が発行されるそうなので、YOSHITORA氏のファンは期待して待ちましょう。

 最後になりましたが、スキャン画像の掲載を御快諾下さったYOSHITORA氏に厚く御礼申し上げます。

華麗な美少女巨大ヒロイン フールゥ

 子供の頃から「帰ってきたウルトラマン」や「ウルトラマンA」の再放送を見るたび、怪獣の攻撃に苦しむヒーローの姿を頭の中で女性に置き換えては「脳内変換したヒロピン場面」を妄想していました。
 地球の平和を守る為、その身が傷つく事も顧みない高潔な正義のヒロイン。
 自己犠牲の精神で怖ろしい怪獣や宇宙人との戦いに傷つき苦しむヒロインの姿を想像するだけで何とも言えない興奮を感じていましたが、今にして思えば、この頃(あえて何歳の頃とは書きませんが)からヒロピンやリョナの嗜好に目覚めていたようです……。

 近年、ブロードバンド通信の普及によって美麗なイラストを描いた大容量画像データの送受信が可能となり、様々なヒロピン作品をインターネット上で見る事ができるようになりました。
 らすP氏の「ウルトラレディ」シリーズを始め、美しく可憐な巨大ヒロインが襲い来る強敵との戦いに苦戦させられピンチに陥るイラストが次々と個人ブログやPixivへアップされるようになり、絵心のないヒロピン好きにとっては夢のようです。
 大容量データ―通信技術の進歩は、このような所にまで恩恵を与えてくれました。

 前書きが長くなりましたが、今回もブロードバンド通信の恩恵によって巡り合えたオリジナル巨大ヒロインを紹介しようと思います。
 このヒロインの名前はフールゥ。作者はdimwin氏です。
 まだ細かい設定は決まっていないそうですが、dimwin氏によれば「体の模様はコスチュームのようなもので、ダメージを受けると剥がれてしまう」との事。
 昨年12月にpixivへ発表されたイラスト「鉄球」を第1作に、早くも5枚のピンチイラストが発表されました(2011年4月27日現在)

 凶悪怪獣や極悪宇宙人に臆せず立ち向かうフールゥですが、力及ばず強烈な反撃を受けてしまいます。
 ここでは全5点のイラストから2点を選び、dimwin氏より転載許可を得て掲載しました。
 新しく誕生した巨大美少女ヒロインのピンチぶり、存分に堪能して下さい。

両腕を封じられたフールゥの腹部を襲う鋼鉄の弾丸(「鉄球」より) M字開脚ポーズで股間を攻撃される(「ぐりぐり。その2」より)
(C)dimwin

 これら以外の作品もpixivにて公開されており、誰でも見る事ができます(アクセスからこちらから)。
 腹パン、乳責め、緊縛。華奢な体を痛めつけられるフールゥの姿、どうぞ御覧下さい。やさしいタッチの絵なので、グロテスク要素は全く感じられません。
 なお、pixiv掲載作品を閲覧するにはサイトへの登録が必要となる為、未登録の方はトップページの案内に従って登録をして下さい。



【追記】残念ながらdimwin氏は2014年1月で創作活動を終了されました。pixivのIDも同月末に抹消され、管理ページへのアクセスは不能です。(2014年2月23日・記)

美しき正義のヒロイン BH(ブレイブハート)ガーネット

 今年の2月、新たな巨大変身ヒロインが誕生しました。
 彼女の名前はブレイブハート・ガーネット。
 無限の力を生み出す宝石核を身体に宿した戦士として地球を狙う怪獣達と戦います。
 作者はpixivで活躍されている絵師のOGW氏。念願だったと言う変身ヒロインが満を持しての登場となりました。

ガーネット設定画 ガーネット設定画(説明文あり) 必殺技のイメージ
(C)OGW

 地球上では紅音優美(アカネ ユミ)と名乗っており、OGW氏によれば「ガーネット本人が地球で生活するにあたって取っている仮の姿(人間態)。愛する地球を守るため防衛チームに所属しています」との事。
 名前の由来についても解説されており、紅音は「モチーフのガーネットの和名が柘榴石→柘榴は紅一点の紅を表すことから」名付けられ、優美は「柘榴の花言葉「優美」」から採用されたそうです。

紅音優美設定画 紅音優美設定画(説明文あり)
(C)OGW

 この気高く美しいヒロインが地球を狙う侵略者や怪獣達と死闘を繰り広げ、様々な攻撃によって苦しめられる姿。ヒロピン好きの方には想像しただけでも堪らないでしょう。
 嬉しい事にOGW氏は「色々なシチュエーション(主に窮地)を描いていければいいなと思います」と言うメッセージを発信(出典はこちら)しており、積極的にピンチ場面を描くと宣言されました。
 現時点(2011年3月29日)では第3話まで公開されていますが、いずれもガーネットが敵怪獣の触手攻撃によって苦戦するシーンを描いたイラストとなっています。
 怪しく蠢く触手に悪戦苦闘する美しいヒロイン。この素晴らしいショットに興奮を隠しきれないのは私一人ではないでしょう。

バトルイメージ
(C)OGW
触手に首を絞められグロッキーなガーネット(Episode1「妖花咲く」より) 活動時間の限界が近づき点滅するコア(Episode2「飛来する悪意」より) 股間と乳房を襲う触手に快楽を感じ戸惑うガーネット(Episode3「海原に潜むもの」より)
(C)OGW

 前記の通り、この「ブレイブハート・ガーネット」は第3話までが公開されています。
 詳しい内容は公式ブログ「B級河川」にて確認できる為、ここではラフ画や線画の紹介だけに留めようと思います。
 完成版の作品を御覧になりたい方は「B級河川」へアクセスし、作者様御自身が書かれたストーリーと併せて連作イラストをお楽しみ下さい。
 なお、pixivでは差分を含めたイラストのみが公開されており、OGW氏の管理ページで閲覧できます(閲覧するにはサイトへの登録が必要となります)。


【Episode1】妖花咲く
 公開:2011年3月9日(B級河川)/2011年3月10日(pixiv)
ガーネットに迫る死の花の脅威!. 巨大植物の触手がガーネットに迫る
(C)OGW

【Episode2】飛来する悪意 ※「B級河川」では2回分載。
 公開:2011年3月18日,20日(B級河川)/2011年3月20日(pixiv)
宇宙怪獣出現! ブレイブハートのエネルギーコアに魔の手が迫る!.
(C)OGW

【Episode3】海原に潜むもの
 公開:2011年3月26日(B級河川/pixiv)
海中の死闘! 蛸怪獣の触手がガーネットに絡みつく……
(C)OGW


 ハイクオリティな作画でありながら、僅か1ヶ月程度で早くも第3話まで発表された「ブレイブハート・ガーネット」。
 OGW氏も気合を入れて続編執筆に励んでいるようですので今後の新作にも大いに期待がもてます。
 新たなヒロインの登場を祝いつつ、彼女の末永い活躍を願ってやみません。

 ラフ画を含めたイラスト掲載については、OGW氏よりブログからの転載許可を頂けた事で実現しました。最後になりましたが、イラストの転載を快諾して下さったOGW氏に厚く御礼申し上げます。

スク水戦士クルミィ

 スクール水着は学校を卒業してしまうと目にする機会が激減するせいか、その形状も含めてエロティシズムを感じる男性が多数いらっしゃいます。
 シンプルで飾り気はないものの、成長期の少女が黒を基本色にした水着で水中を泳ぎ、濡れた布越しに乳房の膨らみや乳首の突起を見せる姿に興奮した少年時代の淡い思い出も含め、地味なデザインの水着に色気を感じるのかも知れません。

 2年前の10月、そんな男性心理を刺激させるヒロインがpixivに登場しました。
 るー氏によって描かれた美少女・水津城くるみです。
 作者の弁によれば、「定期更新ゲーム仲間でマイピクの某氏が、「ぽっちゃり小学生女子は素晴らしい」 と熱弁するのを聞いてるうちに思いついたネタ」から誕生したキャラクターとの事でした。
 スクール水着をコスチュームに用いた肉感的な美少女。まずは、その勇姿を御覧下さい。

「スク水戦士 クルミー仮面」 「スク水戦士 クルミィ」
「スク水戦士 クルミィ(水津城 くるみ)」
(C)るー

 上段左側は「スク水戦士 クルミー仮面」。細かい設定が書き込まれており、目の周辺を隠すマスクを着用しています(辛うじて股間を覆い隠す丈の短いスクール水着には大人びた色気を感じました)。全体的な見た目が「スク水戦士 クルミィ」と異なるので、彼女のパイロット版キャラクターと言えるのではないでしょうか。
 上段右側は「スク水戦士 クルミィ」。より洗礼されたデザインとなっており、マフラーと帽子、ランドセルが追加されました。髪の色が黒くなり、表情も少し大人びています。再び作者の弁を引かせて頂くと、「2クール目(?)に入り新デザインとなったスク水戦士」との事でした。
 下段は「スク水戦士 クルミィ(水津城 くるみ)」。所属クラスが「6-1」から「6-2」に替わり、本名が設定されました。本名が明らかになった事で、より身近なヒロインに感じられます。

 クラスの平和を守るスク水仮面クルミィにはライバルも用意されており、その面子も公開されています。

 クルミィを狙う5人の強敵
 (C)るー

 絶対的権力を握る優等生の級長・高嶺沢を頂点に、かんちょうのプロ・いちぢー、電気あんまマシーン・ドカ田、くすぐりの天才・コチョ沢、虫はかせ・かな文。
 闇級長と悪の男子四天王が、クラスの平和を守るクルミィの前に立ちはだかります。
 5人の強敵を1人で相手にすれば苦戦は必至。さすがのクルミィも、そう簡単に平和を守り通す事は難しいようです。
 実際、気弱なクラスメイトの女子を人質にとられ、無抵抗を余儀なくされたクルミィが男子生徒の攻撃に苦しめられる場面も描かれています。

両手両足の自由を奪われ、敏感な乳首と股間を責められるクルミィ
(C)るー

 床の上へ強制的に寝かされ、手も足も出せないクルミィ。卑劣な罠に懸り、絶体絶命の危機を迎えました。
 正義感の強い少女が陰惨な責めに苦悶する場面、これこそリョナの美学です。
 スクール水着の美少女とリョナ。人によっては、最強の組み合わせと言えるでしょう。

 最後になりましたが、9月初旬に発表された新作1点、当ブログでの作品紹介用に描いて下さったストーリー漫画1点を御紹介します。
 どちらも、るー氏の御厚意によってフルサイズでの転載が叶いました。
 勇ましくも活発な姿のクルミィ、股裂き+股間攻撃に半死半生のクルミィ。正反対のシチュエーションを描いたイラスト、存分にお楽しみ下さい。

躍動感あふれるポーズのクルミィ 気弱なクラスメートをかばうクルミィに対し、容赦ない攻撃を仕掛ける男子
(C)るー

 るー氏は、クルミィの他にも数多くの美少女戦士を創作されました。
 美しきヒロイン達の姿はpixivにて公開されているので、そちらでクルミィ以外のヒロインを御覧になれます(アクセスからこちらから)。
 作品を閲覧するにはサイトへの登録が必要となる為、未登録の方はトップページの案内に従って登録をして下さい。

美少女戦士、ロックマンレディ

 1987年に登場した横スクロールのアクションゲーム「ロックマン」は、今でも多くのファンを持つ長寿ゲームです。
 派生シリーズも数多く作られ、2008年には「ロックマン9 野望の復活!!」がwii専用ソフトとして配信されました。
 第1作の登場から20年を過ぎても新作が発売される事は特筆すべき事であり、「ロックマン」シリーズの人気の高さが伺えます。

 激しいアクション、数々の罠、強力なボスとの死闘。「ロックマン」シリーズにはリョナ的なシチュエーションが豊富なので、主人公をグラマラスな女性に置換すれば、いろいろなリョナ場面を楽しむ事が出来ます。
 昨日、相互リンクを貼らせて頂いた「ミステイクアクション」は、そんな空想的な夢を叶えてくれるブログです。
 凶悪無残な敵に苦戦を強いられ、痛めつけられるロックマンレディのイラストが不定期更新ながら何点も発表されており、極少数の特殊なロックマンファンの期待に応えてくれました。
 加えて、あのブルースも魅力的な女性として描かれ、徹底した『通』ぶりが発揮されています。

 oreo氏が運営するブログ「ミステイクアクション」で活躍(?)する、女体化したロックマンとブルースは以下のように描かれています。
 なお、oreo氏御自身もブログのトップページで注意書きとして記しておられますが、女体化や性的パロディが苦手な方は閲覧を御遠慮下さい。

女体化したロックマンとブルース(部分)
(C)oreo

 この二人が、カットマンやハードマン、その他のボスキャラクター達と激しい戦いを繰り広げます。
 華奢な美少女が強敵に苦しめられる瞬間を描いたイラストは見応え満点。どれもが傑作揃いです。
 いつものように部分掲載となりますが、ロックマンレディとブルースレディの苦悶する様子を御覧下さい。

VSカットマン(部分)
(C)oreo
VSハードマン(部分)
(C)oreo
VSイエロー・デビル(部分)
(C)oreo

 イラストの全体図はoreo氏のブログ「ミステイクアクション」にて公開中ですので、そちらで御覧下さい。
 この他にも、女体化物の好きなリョナラー必見のイラストが数多く揃っています。

「少女剣士の敗北」好評連載中

 WEB上で不定期連載されている「少女剣士の敗北」は、気高い美少女剣士・マリアが不気味な怪物と戦う内容のグロテスク系リョナ漫画です。
 最初は投稿掲示板「リョナ絵2号掲示板」への掲載でしたが、現在は作者であるkedo氏がブログ「kedoblog倉庫」を開設されたので、そちらで読む事ができるようになりました(現在も「リョナ絵2号掲示板」へのアップは継続されており、kedo氏のブログと同時期に掲示板でも漫画を読む事は可能です)。
 趣味として描かれる漫画のため不定期連載となっていますが、それゆえ、新作がアップされた時の喜びも大きいです。

 7月24日の時点では、物語は30ページ分まで進んでいます。
 最新エピソードは、体の自由を奪われたマリアが怪物に幼い体を犯され、激しい痛みに悶絶する場面で終わりました。
 帰宅中の女子学生を助けた際、マリアは体内に恐ろしい寄生虫の卵を産みつけられてしまい、それを吐きだす事で体力を大量に消耗しており、加えて乳首や股間にも大ダメージを追っています。
 最悪なコンディションでの戦いとなり、絶体絶命の危機に陥ったマリア。今後、どのような展開が待ち受けているのか気になって仕方がありません。

 深手を負い、辱められながらも、強大な敵と必死に戦うマリアには独特の美しさが見られます。
 強大な敵に凛として立ち向かう姿、敗北の屈辱に泣く姿、華奢な体を弄ばれる姿。
 今後も、kedo氏には様々なマリアを描いて頂きたいです。

少女剣士・マリア
(C)kedo
傷つけられ、凌辱され、それでもマリアは戦い続けます
(C)kedo 

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (84)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (15)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (40)
鉄拳・スト鉄 (87)
漫画・絵物語 (106)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (34)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (129)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR