FC2ブログ

2017-04

秋葉原フィギュア店巡り

 先週の土曜日(4月22日)、Twitterで交流のあるフィギュア愛好者のRyo-ya(‏@Ryoya460828)氏、Ryo-ya氏のお知り合いであるポリタンク改二(@Mutsu_Ashigara)氏と秋葉原のフィギュア店を廻ってきました。
 Ryo-ya氏とは年明け早々にもフィギュア店巡りに同行させていただき(「午後の秋葉原でフィギュア店巡り」参照)、今回のショップ散策は2度目です。

 溜まっていた事務的な雑務を済ませるため、土曜日出勤しており、お二人とは午後から合流しました。
 Ryo-ya氏は定期的に土曜日の秋葉原へ出掛けておられるようで、ちょうど私も午後から夕方まで予定が空いていたので二人の予定が合い、今回の秋葉原フィギュア店巡りが実現したのです。

 午後2時にラジオ会館前で待ち合わせましたが、ビルの前でフィギュアの露店販売(?)をしていたせいか人が多く、すぐ近くにいたRyo-ya氏に気付かないまま携帯メールで到着通知を送ってしまいました……。
 合流後、自作ドールの素材を購入されるRyo-ya氏の後についてラジオ会館8階の「ボークスドールポイント秋葉原」へ向かい、とても手が出せない(技術的にも、金額的にも)ドール用素材を見ているうち、ポリタンク改二氏も到着され、そのまま三人で同階の「ボークスホビースクエア秋葉原」、7階の「アゾンレーベルショップ」、6階の「イエローサブマリン 秋葉原本店★ミント」と階を降りながらショップ散策を続け、私は6階でリュウと春麗のフィギュア(「SFiguarts」)を買いました。

 ラジオ会館を出た後、ブラブラしながら上野方面へ歩き、途中の自動販売機で古い家庭用ゲーム機をネタにした雑談をしながら一服していると雨が降り出し、だんだんと本降りになって来たので近くになった喫茶店「エクセシオール」や「サイゼリア」へ駈け込んだものの、誰しも同じ事を思うのか雨宿りと思われる人々でどこも満席。仕方なく、中央通りの向かい側にある「駿河屋」へ向かいました。
 かれこれ2時間近く店内を見ていたでしょうか、午後6時過ぎから別の仕事が入っていたのでRyo-ya氏とポリタンク改二氏と店内で別れ、まだ少しポツポツと小雨が降る悪天候の下、地下鉄銀座線目指して足を急がせました(^-^;

 僅か4時間のショップ散策でしたが、なかなか充実した密度の濃い時間を過ごせました!
 やっぱり一人より、同じ趣味を持つ方との秋葉原巡りは楽しいです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

ブログ開設7周年

 おかげさまで「黄昏タイムス Twilight Times」も2017年4月18日で開設7周年を迎えました!
 これも、常連閲覧者の皆様、定期的にお越し下さる方々、pixivTwitterで交流のある皆様、相互リンクサイト運営者の皆様から、モチベーション維持の刺激をいただいているおかげです。
 思い返せば2010年4月18日、ちょうど転職活動の真っ最中だったにも関わらず、多くの同志が運営しているブログやホームページに刺激を受け、自分でもブログを開設してみようと思い立ち、いろいろと調べた結果、FC2ブログにて「黄昏タイムス」を開設しました。
 2017年も年明けから更新ペースがスローモーとなっていますが、これからも当ブログをよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

 開設7周年記念にあたり、pixivやTwitterで交流のある7人の絵師様から素敵な記念イラストを頂戴しました。今回も全て描き下ろしの新作です!
 これまで記念イラストのテーマは基本的に『バスター技』としていましたが、さすがに同じテーマだけで続けるのは悪い意味でマンネリ化してしまうと思い、ブログ開設7周年記念イラストは『足関節技』(ブルーマリーのクラブクラッチ、セルゲイ・ドラグノフのタランチュラツイスト)という項目も加えました。
 技受けキャラクター候補として挙げたのは、呉カルラ(「ケンガンアシュラ」より)、女天狗、ほのか、マリー・ローズ(いずれも「DOA5LR」より)です。
 貴重な時間を削って珠玉の作品をご執筆下さった絵師の皆様には記して感謝いたします。

 作品は作者様の五十音順に掲載しました。画像アップロード容量制限の都合により、Wi--氏のイラスト2点は作品鑑賞に支障がないと判断できるサイズへ縮小しておりますが、この点、なにとぞ御了承願います。
 イラストのタイトルは、pixiv投稿時のタイトルをお借りました。タイトル()記載の作品は直送でご提供いただいたイラストです。

 当ブログをご訪問下さる方々には改めて言う必要はありませんが、新作イラスをご提供下さった絵師様の中にはリクエストを受けておられない方もいらっしゃり、その絵師様からは特別の御好意による例外として作品をご提供いただきました。
 リクエストを受け付けておられない絵師様への強引なリクエスト依頼はお控え下さいますよう、今回も僭越ながら一筆書き添えさせていただきます。
 それでは、ハイクオリティな極上のイラスト群、た~っぷりとお楽しみ下さいませ~(^0^)


1.Wi--
 ●呉カルラ&マリー・ローズ バスター+首絞め:イラスト左)
 ●マリー・ローズ&呉カルラ バスター+鼻フック:イラスト右)
wi--氏(呉カルラ&マリー・ローズ) wi--氏(マリー・ローズ&呉カルラ)
(C)Wi--
【鑑賞】
 バスター技に+αの要素を加えていますが、ベルトのような物を使った首絞め追加攻撃は見事な発想です。鼻フックも羞恥技に羞恥責めという組み合わせが面白いものの、バスター技の抱え込みが甘くなってしまい、全体的にアンバランスになってしまっているのが惜しまれます(偉そうな物言いで恐縮です……)。Wi--氏によれば「過去作と比べて、迫力をなくして、コミカルに互いを攻めるようにしましたが、、にしてもディホルメにしては雑になってしまいました」との事ですが、過去作品と比べてもイラストの構図や仕上がりに『雑』な点はなく、自身の作画スタイルを守りながら器用にデフォルメ化されているように感じます!


2.きてぃさん
 ●(マリー・ローズVSカブキノイド)
きてぃさん氏(pixivメッセージ・大)
(C)きてぃさん
【鑑賞】
 きてぃさん氏の自作解説によると、「歌舞伎ノイドの投げをくらって、バイオガマに飲み込まれるマリー」との事。丸呑み技とバスター技やられのポーズを一緒に描く発想は斬新なうえ、「股裂きシチュエーション」を長い舌による強制開脚という方法で無理なく見せる対応が見事です。マリー・ローズの下半身に見られる、汗とも粘液とも受け取れる謎の濡れ描写が大変よろしい演出です(^-^) マリー・ローズのバトルスーツも原作のテカテカ感がしっかり再現されており、大股開きの格好でパックンされた際の股間描写がヨダレの出そうなくらいエロチックでした(^-^)


3.倉井
 ●ふんどしバスター
倉井氏(ふんどしバスター)
(C)倉井
【鑑賞】
 以前に倉井氏が描かれた褌コスチュームのマリー・ローズ(「ケツれんしゅう」をご参照下さい)のイラストに書いたコメントを覚えていて下さり、ゲーム本編では見られないセクシーコスチュームでのバスター技イラストを仕上げて下さいました。倉井氏は「上から見た図的な感じでひとつ。ツインテが短くしか見えないのが最大のガッカリポイント」と自作を厳しく見ておられますが、もともと、バスター技を「大股開きのポーズとダメージ表情を同時に見せる」ショットをイラストとして再現する際は、どうしても『(2次元的な)嘘』と『(構図的な)無理』が生じてしまうため、イラストのアングル、マリー・ローズの描写、どちらも見る者を興奮させる良い仕上がりになっていると思います!


4.シグナル・グリーン
 ●(ほのかVSマリー・ローズ)
シグナルグリーン氏(pixivメッセージ・大)
(C)シグナル・グリーン
【鑑賞】
 緻密な描き込みと迫力ある構図、シグナル・グリーン氏の持ち味が存分に発揮された足関節技イラストです。痛みに喘ぐほのかの表情、捲れたスカートから覗くパンティの紐(と言うのでしょうか)のエロス、余裕を見せながらもガッシリと関節技を極めるマリー・ローズ、私が一目惚れたイラスト(「キャットファイト」をご参照下さい)に勝るとも劣らぬ密度の濃さです。シグナル・グリーン氏は「関節技絵は初めて描きましたが難しいものですね。もっと精進しなければ」と謙遜されていましたが、足首を極めながら股関節も痛めつけるクラブクラッチの魅力を熟知した完成度から、とても初の関節技イラストとは思えませんでした(^_^)b


5.Shororo
 ●マリーバスター
Shororo氏(マリーバスター)
(C)Shororo
【鑑賞】
 絵柄について、Shororo氏は「今回ポップな絵柄になるように意識して描いてみたのですが、どうも上手くいかず。。。あまり完成度の高くないものとなってしまいました」と自信なく語っておられましたが、どこか幼さの残るマリー・ローズはポップな絵柄が似合い、Shororo氏の試みは成功していると思います。大股開きの下半身を強調して描き、バスター技の特徴である「股裂き要素」を前面に押し出した構図も良く、おかげで多感な年頃の女子としては最も見られたくないポーズ&部分を集中してガン見できました。もう少しマリー・ローズの体全体が技掛け役に近づいて描かれていれば、綺麗な技フォームになっていたと思います。ただ、股間アップをジックリ見せたい場合は技フォームを崩す事になり、綺麗な技フォームを見せたい場合は股間のズームアップを抑えなければならず、そのあたりのバランス調整がバスター技イラストの難しい所とも言えます!

 
6.闇夜乃鴉
 ●(足関節技を極められた女天狗)
闇夜乃鴉氏(Twitter経由)
(C)闇夜乃鴉
【鑑賞】
 熱烈な女天狗愛好者として知られる闇夜乃鴉氏だけあり、セクシーな肉体美と艶めかしいダメージ表情の描写(口元の黒子(ほくろ)も忘れずに描かれています!)には隙がありません。イラスト執筆前は「技かけは苦手」と仰っていましたが、アキレス腱ホールドと股裂きを同時に極める技の掛け方もバッチリです。技掛け役の体を透明にして、技を掛けられた女天狗の全身を少しも隠さず見せる発想は、さすが女天狗愛好者の面目躍如と言えるでしょう。エロチックな赤いパンティの急所周辺部分がジットリと染みているようにも見え(実際、染みているのでしょう!)、恥ずかしいポーズを取らされながらも、痛みと同時に『見られている』事への性的興奮を感じてしまう痴女っぷりも脳内妄想で楽しめるイラストです(^-^)


7.夕-gray
 ●(タランチュラツイストに悶絶するマリー・ローズ)
夕-gray氏(pixivメッセージ・大-01)夕-gray氏(pixivメッセージ・大-02)夕-gray氏(pixivメッセージ・大-03)夕-gray氏(pixivメッセージ・大-04)
夕-gray氏(pixivメッセージ・大-05)夕-gray氏(pixivメッセージ・大-06)夕-gray氏(pixivメッセージ・大-07)夕-gray氏(pixivメッセージ・大-08)
(C)夕-gray
【鑑賞】
 差分(ドラグノフ描写の有無、インナー違い)を含む全8枚の大作。関節技イラストを得意とする夕-gray氏だけに、ゲームのキャプション画像を参照に描かれたタランチュラツイストの再現度の高さは流石と言えます。イラストについて「自分絵なので、オリジナルと相違があると思います」と仰っていましたが、どうしてどうして、原作ゲーム(「鉄拳5 DARK RESURRECTION」他)のモーションと見比べても違和感がありません。ドラグノフに踏みつけられるマリー・ローズの右足描写が特に上手く、ガニ股っぽいポージングにムラムラさせられます(女子キャラクターのガニ股ポーズが好きなので……)。股裂きの羞恥と肉体的な痛みに悶絶するマリー・ローズの表情も気に入っています(^-^)

340,000HIT達成の御礼

 2017年4月2日の午前3時頃、当ブログへのアクセス数が340,000Hitに達しました。
 常連の閲覧者様。検索エンジンからアクセスされた方々。定期巡回で訪問して下さる方々。pixivTwitterの繋がりで訪問下さった皆様。当ブログへお越しいただき、どうもありがとうございます。
 新年度になってから少しは仕事が楽になる筈でしたが、予期せぬトラブル続きで年度末以上の忙しさになってしまい、せっかくのキリ番達成時から一週間以上も経ってからの報告となってしまいました。
 キリ番達成日時はアクセスカウンターの統計を遡って調べましたので間違いないと思います。

 今回のキリ番達成イラストは、pixivで交流のあるWho-Lie坊氏から作品を御提供頂きました。
 内容は、らすP氏の創作されたウルトラヒロイン、ウルトラレディ・ジェニスのピンチシーン2枚です!
 柔らかい線と大胆な構図は本家イラストを彷彿とさせ、清楚な大和撫子ヒロインが屈辱的な責めに苦しめられるお色気要素が遺憾なく存分に発揮されています。
 守るべき人々に痴態を晒すジェニス。恥ずかしい衣裳で磔にされるジェニス。
 自分の身を犠牲にしてまで地球の平和を守るために戦う高貴なウルトラ戦姫が危機に陥る瞬間、じっくりとご覧下さい!
 なお、磔刑ピンチのイラストは、3月3日更新記事のウルトラ戦姫ピンチイラスト特集「桃の節句にウルトラ戦姫が大ピンチ……」でご紹介する筈でしたが、こちらのミスでイラストを掲載できず、340,000Hit達成記念用イラストとして転載許可をいただきました。

340,000Hit達成記念イラスト 340,000Hit達成記念イラスト
(C)Who-Lie坊

 満開の桜も散り始め、そろそろ葉桜の季節を迎えようとしています。
 新学期、新生活、新し職場。生活の変化を体験される方も多い4月、皆様も新しい生活リズムに一日も早く慣れますよう、お体ご自愛下さいませ~(^0^)ノシ

「コミックマーケット91」フル参加の思い出

 今さらですが、2016年12月29日から31日にかけて参加してきた「コミックマーケット91」について、簡単なレポートを書きたいと思います。
 昨冬のコミックマーケットはpixivTwitterで交流のある方々とリアルでお会いできたうえ、関西方面から上京されたマイピクさんと「コミックマーケット91」にフル参加してきました(正確には、マイピクさんとのフル参加は二日目以降ですが)。

 イベント初日の12月29日は昼過ぎに東京駅で関西上京組の方々と待ち合せる事になっており、行きつけの喫茶店で軽食を済ませてから、この日だけは「コミックマーケット91」に一人で参加してきました。
 あるマン氏、闇夜乃鴉氏と合流後、上野のホテルへ荷物を置いてきてから再び東京駅に戻り、午後5時過ぎに到着されたYOSHITORA氏と合流しました。
 待ち合わせ場所が分かり辛かったため、闇夜乃鴉氏やYOSHITORA氏とはスレ違いが起こってしまい、配慮が足りなかったと反省しています(あるマン氏は昨秋に上京されており、その時と同じ待ち合わせ場所だったのでスムーズに合流できました)。
 この日は午後7時から都内近郊在住のマイピクさんもお誘いしての忘年会も企画しており、午後6時に待ち合わせ場所であるJR秋葉原駅の改札口へ向かいましたが予想以上の混雑であり、面識のない方々との待ち合わせには不向きだと思ったのですが後の祭りでした……。
 小まめに連絡をいただいたおかげで、大混雑の改札口でも忘年会参加メンバーの爆音丸氏、エスのヒト氏、虚人氏と予定時間より少しの遅れで合流。爆音丸氏とは面識がありましたが、エスのヒト氏と虚人氏は初対面でしたが、無事に合流できてホッとしました。
 同人誌ショップを巡りをした後、秋葉原UDX内の居酒屋などを何軒か見て廻りましたがどこも満席で7人で入れる店がなく、紆余曲折の末、サイゼリヤ秋葉原中央通り店へ入りました。
 約15分ほど待ってから大人数席へ案内され、それぞれが好きな食べ物を注文し、オフ会を兼ねた忘年会を始めました。
 1時間半ほど店に居座った後、同じビルの真下にあるエクセシオールカフェへ移動し、閉店時間の午後10時まで二次会を楽しみました。
 帰宅される都内近郊組と店の前で別れ、私と関西上京組はホテルに帰館。各人の宿泊部屋に戻った後、あるマン氏と私は闇夜乃鴉氏の部屋へ遊びに行き、「FINAL FANTASY 15」や「NieR:Automata」などの話題で1時間ほど盛り上がりました。
 部屋に戻る前、闇夜乃鴉氏が描かれた女天狗イラストを頂戴できたのは嬉しかったです(^-^)

 12月30日はイベント2日目。午前10時にホテルのロビーへ集合し、全員揃って東京駅まで移動して八重洲地下街で軽い朝食を済ませてから、循環バスに載って東京ビックサイトへ行きました。
 入場後、待ち合わせ時間と場所を決めて一時解散、各自、行きたいブースを廻ってきました。
 午後1時半に待ち合わせへ全員集合し、バス乗り場で少し並んで東京駅八重洲口直行バスへ乗り込み、午後2時過ぎに再び東京駅に戻ってきました。
 車中、RPK氏から東京駅到着のメールが届いており、終点到着後、急いで東京駅八重洲中央口改札へ向かいました。
 RPK氏は仕事の都合で関東を離れてしまわれたのですが、今回、慌ただしい年末にも関わらず、時間を作って冬コミ参加ツアーに来て下さったのです。
 メール連絡でお互いの位置を小まめに通知し合い、お互いに初対面ながら無事に合流できました。
 5人揃ったところで30日のプチイベント(?)「中野ブロードウェー散策ツアー」開始! JR中央線に乗って中野へ向かい、ポスト秋葉原とも言える中野ブロードウェーへ足を踏み入れました。
 ミリタリー専門店、フィギュアショップ、トレーディングカード専門店、アニメセル画販売店……等々、カオスな店舗が揃う中野ブロードウェーの魅力を堪能した後、再び秋葉原へと戻り、デニーズ秋葉原店で夕食をとる事になりました。
 午後7時という時間、5人という人数、そして年末の混雑が重なり、15分くらい待ってから席へ案内され、ようやく夕食にありつけました。
 雑談をしながらの楽しい食事を済ませ、すぐ近くにあるカプセルホテル内の『アキバの湯』(YOSHITORA氏の推薦だけあり、安くて、ゆっくりできて、アメニティも充実した温泉施設でした!)で汗を流し終わったら、早くも時刻は午後10時過ぎ。
 ご友人宅へ宿泊されるRPK氏と『アキバの湯』の前で別れ、我々4人は夜の街中を上野まで歩き、前日と同じホテルへと散歩がてら歩いて帰りました。
 年末の混雑でシングルループの連泊ができず、この日はツインルームの宿泊でした。私とYOSHITORA氏、あるマン氏と闇夜乃鴉氏が同室なり、この晩も例によって闇夜乃鴉氏の部屋へ遊びに行き、午前様まで雑談に加えさせていただきました。

 イベント最終日の12月31日は、空が暗いうちに起きました。
 サークル参加されるYOSHITORA氏が、ご友人との待ち合わせのため始発で上野を出発するため、JR上野駅までお見送りしようと頑張って早起きしました。
 ところが……午前7時少し前、うっかりベッドに入ってテレビを見ながら二度寝してしまい、フロントからのモーニングコールで起こされるという大失態を演じてしまい、あるマン氏と闇夜乃鴉氏をロビーで10分くらい待たせてしまいました。
 アクシデントはあったものの、午前10時少し過ぎにホテルを出て東京駅へ向かい、前日同様、八重洲地下街にある古き良き雰囲気を残す喫茶店で軽い朝食を済ませてから、東京ビックサイト直通バスへ乗り込みました。
 待ち合わせ場所と時間を決め、2日目と同じく会場内では個別行動となり、私もYOSHITORA氏のサークルを始め、事前チェックしていたサークルを可能な限り見て廻りました。
 合流後、直通バスで東京駅に戻ってから秋葉原へ向かい、ボークス秋葉原ホビー天国や同人誌ショップで各人の買物をすませた後、台湾まぜそばの店(麺屋はるか)で早めの夕食を済ませたら、日はすっかり落ちて黄昏時になっていました。
 名残惜しいですが別れの時間になってしまい、またの再会を願いながらJR上野駅で解散し、あるマン氏と闇夜乃鴉氏は新幹線に乗るため東京駅へ、私は電車到着を待つ時間潰しとしてヨドバシカメラに立ち寄り、PS4版「ブレイブルー セントラルフィクション」を購入。
 3日分の着替えを含む大荷物にゲームソフト1本を加え、買物しすぎて重くなった鞄や紙袋に「フゥフゥ」言いながら、私も帰路へつきました。

 楽しくもアッと言う間に過ぎ去った年末の3日間、とても楽しい日々でした! こんなに充実した年末は久しぶりです。
 当時の事を思い出しながら、つい、余計な事まで書いてしまったかも知れませんが、キーを打ちながら、楽しかった3日間が鮮明に脳裏へ思い浮かんできました。
 今年も夏と冬のコミックマーケットはフル参加する予定なので、昨年と同じくらい楽しいイベント参加になる事を願っています。

「DOA5LR」オンライン対戦レポート&ほのかのお誕生日記念

 去る3月17日の金曜日、Twitterpixivで交流のあるえふでぃ~(@kazuyuki_mizo)氏と「DOA5LR」でオンライン対戦を行いました。
 今回の対戦テーマはバスター技KOショット撮影、それと足関節技やられの撮影。もちろん、やられ役は女性キャラクター限定です!
 3月14日には新しいコスチューム配信「『アークシステムワークス』コラボコス」が配信されており、女性キャラクターには、この最新コスチュームを着用してもらいました。
 当初、オンライン対戦は18日を予定していましたが、その日は先約があるのを忘れており、無理を言って週末の金曜日に前倒ししていただきました。ご無理を聞いていただき、えふでぃ~氏には感謝いたします。

 当日は午後11時頃から午後1時過ぎまで約2時間、20試合を超える対戦を行いました。
 ボイスチャットで会話しながらの対戦は楽しく時間が経つのを忘れてしまうため、リプレイ保存の都合もあって20試合程度で対戦を終了予定でしたが、結局、予定を上回る試合をしてしまいました。
 残念ながら未だに全部のリプレイ対戦を再生できておらず、対戦時のスクリーンショットが用意できなかったため、今回は画像掲載がありません……。
 バスター技やられのスクリーンショットだけでも皆さんにお見せしたく、準備ができ次第、別途記事にて一挙公開する予定です。

 3月配信のDLC(ダウンロードコンテンツ)「『アークシステムワークス』コラボコス」の詳細は下記の通りです。商品内容紹介については、公式サイトダウンロードコンテンツ紹介ページを参照しました。


●『アークシステムワークス』コラボコス(全16着)

【価格】
 ・PlayStation4
  コスチューム全セット(16着):3,175円+税
  コスチューム単品:各286円+税
 ・Xbox One
  コスチューム全セット(16着):3,200円+税
  コスチューム単品:各300円+税
 ・Steam
  コスチューム全セット(16着):3,334円+税
  コスチューム単品:単独販売なし?(単品価格未確認)

【対応キャラクター】
 かすみ/ノエル=ヴァーミリオン(「ブレイブルー」シリーズより)
 あやね/イノ(「ギルティギア」シリーズより)
 マリー・ローズ/プラチナ=ザ=トリニティ(「ブレイブルー」シリーズより)
 ほのか/エルフェルト=ヴァレンタイン(「ギルティギア」シリーズより)
 こころ/セリカ=マーキュリー(「ブレイブルー」シリーズより)
 ヒトミ/ツバキ=ヤヨイ(「ブレイブルー」シリーズより)
 レイファン/蔵土縁紗夢(「ギルティギア」シリーズより)
 ティナ/バレット(「ブレイブルー」シリーズより)
 リサ/ラムレザル=ヴァレンタイン(「ギルティギア」シリーズより)
 エレナ/ナイン(「ブレイブルー」シリーズより)
 クリスティ/ジャック・オー(「ギルティギア」シリーズより)
 ミラ/マコト=ナナヤ(「ブレイブルー」シリーズより)
 紅葉/梅喧(「ギルティギア」シリーズより)
 レイチェル/ミリア=レイジ(「ギルティギア」シリーズより)
 フェーズ4/μ-12(「ブレイブルー」シリーズより)
 女天狗/ディズィー(「ギルティギア」シリーズより)


 どん(@yakotagedo)氏やs1syamo‏(@s1syamon)氏のツイートで知ったのですが、3月24日は「DOA5LR」に初登場した絶対秘密のスクールガールこと、ほのかの誕生日でもあるそうです。
 Twitterでは誕生日を祝うバースデー画像やバースデー動画が数多く数投稿されています。
 ささやかではありますが、当日ブログでもほのかちゃんの誕生日を祝い、ちょっとした小芝居をつけた画像をアプしてみました。

マリー「ほのか。お、お誕生日おめでとう。これ、私からの……プ、プ、プレゼントよ」
ほのか「うわ~、どうもありがとうございます、マリーさん。ほのか、大感激ですぅ」
マリー「か、勘違いしないでよ。別に、あなたの事なんて興味ないけど……い、いつもタッグを組んでくれるから、ちょ、ちょっとした御礼の気持ちよ」
ほのかのお誕生日
(C)撮影:新京史朗/著作権:コーエーテクモゲームス

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (84)
アニメ (33)
ゲーム (31)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (15)
DOA・無双 (114)
イラスト企画 (40)
鉄拳・スト鉄 (87)
漫画・絵物語 (106)
イラスト・挿絵 (51)
映画・イベント (34)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (127)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR