FC2ブログ

2016-09

不知火舞限定トーナメント“不知火杯”参加

 9月になって二回目の祝日の夜、いるむら・ボガード(BBAの会)氏(Twitterの相互フォロワーさん。以下「いるむら・ボガード」と表記)が主催される「DOA5LR」のオンライン大会「不知火舞限定トーナメント“不知火杯”」に参加しました。
 これまで多人数によるオンライン対戦イベントへ参加した事はなく、こうしたイベントへの参加は初めてです。
 こうした対戦形式は初めてなので不明点も多かったのですが、いるむら・ボガード氏のサポートもあり、無事にイベント参加できました!

 開催日時は9月22日の午後9時(トーナメント終了は午後11時過ぎ)。基本的には事前エントリー制でしたが、開始30分程前までならば当日参加枠も受付用意されました。
 トーナメント参加者は全11名。対戦形式は1ランド60秒設定の3ランド先取制です。
 参加人数の関係により、「4人登録の1ブロックを3つ用意し、各ブロックの勝者が総当たりして最終勝利ポイントを競う」という形式が採られました。
 大会の様子はYouTubeニコニコ動画でも配信されています。

 私に割り当てられたのはAブロック。しかも第一試合です!
 このブロックには、メロンゼリー氏、おかず台氏、どん氏が参加され、私はおかず台氏と対戦しました。
 おかず台氏はデフォルト衣裳の舞、私は青い忍者衣裳(2Pコスチューム)の舞を使用。
 2ラウンドを先取された後、超必殺忍蜂のヒットやゴリ押し攻めで運よく2ラウンドを取り返したものの、最後はワンパターンな攻撃を先読みされ、おかず台氏が上段パンチホールドを見事に決めて勝利を収められました。

 その後も順調にトーナメントは進行し、決勝としてAブロック勝者・メロンゼリー氏、Bブロック勝者・アル氏、Cブロック勝者・あこ助氏の三名による総当たり戦が行われました。
 熱戦の末に「不知火舞限定トーナメント“不知火杯”」を制覇したのは、前大会覇者(3月19日開催「DOA5LR井伊直虎限定トーナメント『最速で最強決めとく!直虎杯 ~井伊家家訓!戦場にやりこみは不要!~』」)のあこ助氏でした。
 第2位はアル氏、第3位はメロンゼリー氏です。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

初の関西遠征で「こみっく☆トレジャー28」に参加しました!

  pixivTwitterで交流のある十八番(おはこ)氏が初となる同人誌販売をされるという事だったので、御挨拶と買物を兼ね、大阪で開催される同人誌即売会「こみっく☆トレジャー28」へ参加してきました!
 都内近郊で開催される同人誌即売会へは6年くらい前から頻繁に出没・参加していますが、関西方面での同人誌即売会参加は生まれて初めてです!
 イベント詳細は下記の通り。公式サイト掲載の「開催概要」を参照しました。


「こみっく☆トレジャー28」開催概要
 【日時】2016年0月18日(11:00~15:00)
 【内 容】オールジャンル
 【会 場】インテックス大阪 《1・2号館》
 【入 場】完全入場無料・カタログ購入必須(1部800円)
 【その他】一般・サークル、ともに コスプレ有(当日登録制・有料)


 私の住む辺鄙な地方都市から大阪までの道のりは遠く、午前4時過ぎの始発電車での出発となりました。
 乗り換えミスが許されない移動だったので東京駅まで約一時間、緊張感を維持したまま頑張りました!
 遅延もなく無事に東京へ着き、余裕を持って指定席チケットを取った「のぞみ151」へ乗車。新大阪駅まで約二時半の旅路の始まりです。
 生憎の曇り空なので車窓から見える景色はドンヨリした感じでしたが、普段の通勤では縁のない場所を通るため、新幹線ホームの売店で買ったチョコレートとカフェオレを口にしながら過ぎ去る新鮮な景色を目で追っていました。 
 静岡県に入った頃まで意識はありましたが、寝過ごせない緊張感で満足に睡眠を取っていなかったせいか瞼が徐々に降り始め、いつの間にか京都まで夢の世界を旅していたようです……。

 新大阪駅へは定刻通りに到着。ここから会場最寄り駅までは地下鉄を利用しての移動となり、うまく乗り換えできるか不安でしたが……案ずるより産むがやすしとはよく言ったものです。
 乗り換え案内が非常に丁寧なうえ、二度の路線乗り換えがありながら一枚の切符で済み、知らない土地ながらスムーズな移動ができました(^0^)
 イベント会場のインテックス大阪は大阪国際見本市といい、中ふ頭駅(南港ポートタウン線)から徒歩5分程度の場所にあります。駅から近い事もあって迷わずに着けたのですが……一般入場開始より1時間半も早く現地へ辿りつけたのは嬉しい誤算でした。
 他にもイベントが開催(「大阪キャンピングカーフェアー2016」及び「Pet博2016大阪」)されていましたが、それらを見るには時間的余裕がなく、結局、入場券代わりのカタログを買い求め、小雨を避けながら会場周辺をブラブラと散策して時間を潰しました。

 どうにか開場時間まで暇を潰し、ようやく午前11時の開場時間! 入場待ちの行列が動き始めた頃合いを見計らい、私も列に並んで会場入りしました。
 建物内にある二つのホールを使うで会場は左右に分かれており、まずは入り口右手側の2号館へ入りました。こちらの開場では「レッスルエンジェル」絵師の蒼井雷氏が出展をされており、御挨拶と新刊購入をするためです。
 一般入場開始直後で混雑する中、(私が人見知りな性格という事もあり)簡単な会話しかできなかったものの、初めての御挨拶は叶いました!
 後で知ったのですが……同じ2号館にはプルツー愛好者の隼鷹丸氏も出展されていたそうです。今回は事前に参加サークルをチェックしておらず、視野の狭さが裏目に出ました。
 コスプレ撮影コーナーがある会場の一番奥まで巡回してから、十八番氏が出展されている1号館へ移動。
 会場をザッと廻った後、十八番氏のブース前へ行き、勇気を出して「初めまして……」と御挨拶させていただきました。いつでもそうですが、ネット上では頻繁に会話している方でもリアルでお会いする時は緊張します!
 十八番氏とは10分くらい雑談をさせていただきましたが、その間、ずっとブース前のスペースを戦慮してしまい、十八番氏だけでなく両脇のブースの方にも迷惑をかけてしまいました。ご迷惑をおかけした方々、申し訳ありませんm(_ _)m

 こちらが十八番氏の同人誌第一弾『会長と❤』の書影となります。
 発行サークル名は緋緋金金。発行は2016年9月18日。
 トレーニングを終えたクレア会長。その汗蒸れするセクシーな肉体に興奮を抑えきれなくなったハヤトは、欲望の赴くまま、色気ムンムンなクレア会長の体を弄ぶ。このような内容です。

『会長と❤』(十八番・作)
(C)十八番

 御挨拶と雑談を終えて間もなく、やはりTwitterで交流のあるデナン氏より会場到着のメールが届き、十八番氏のブース前で合流しました。
 ブラブラと二人で会場内を巡回した後、地下系女子プロレス作品を中心に創作活動をされている魔龍氏のブースで(慌ただしいながらも)御挨拶をさせていただき、一通りの買物と予定していた挨拶廻りを終えたので会場を後にしました。
 同じ施設内にあるレストラン「ニューミュンヘン」で遅めの昼食をとりながら雑談させていただき、午後2時過ぎ、会場へ再入場されるデナン氏と別れました。
 往路と同じ乗り換えルートなので迷う事もなく新大阪駅へ戻れましたが、ここで重大な問題が発生! 17時(=午後5時)台発の新幹線チケットと思いきや、実は19時(=午後7時)10分発の「のぞみ408号」だったのです。新大阪駅に戻ってきたのが午後3時半頃だったので発車時刻まで4時間近い余裕が……。
 別の新幹線に乗り換える手続きをしようとしたところ、すでに乗車変更していた(当初は別用もあって大阪宿泊する予定でしたが、用事のキャンセルで日帰りとなったので乗車変更していました!)ので二度目の変更はできず、新幹線の時間まで駅構内で時間を潰す事になりました。
 結局、喫茶店(ドトール・コーヒー)で単行本を読み終えるまで長居し、書店(リブロ)で立ち読みしながら『週刊漫画ゴラク』一冊を買い、家族と職場へのお土産を買い、どうにか4時間近くを過ごせました(汗)

 帰りの新幹線車中は窓の外から景色が見えない事もあり、始発から終点まで乗る安心感も手伝って熟睡モード。三連休中日にも関わらず往復路とも車内は思っていたほど混雑しておらず、隣の席に人が来なかったので気兼ねなく眠れました!
 新大阪が始発の「のぞみ408号」は定時の午後9時43分に東京駅へ到着し、そこから山手線経由で上野に向かい、大阪行きの直前に無理して予約を入れてもらった定宿のホテルへ午後10時過ぎにチェックイン。
 近くのコンビニで買ってきた夕食を済ませ、戦利品(!)を読み漁った後、日が変わるのを待たずして冷房がギンギンに効いた部屋のベッドへ潜りこみました。
 徹夜に近い状態で出発だった事、初の関西イベント参加という緊張感から解放された事、この両方で普段より早めの時間ながらグッスリと眠れました。

 地理的な条件から気軽には参加できない関西の同人誌即売会。初参加ながら、とても楽しい思い出となりました!

「DOA5LR」の週末ネット対戦

 不知火舞が「DOA5LR」へゲスト参戦を果たしてから3日経った9月16日、Twitterpixivで交流のある闇夜乃鴉氏と同作のオンライン対戦をおこないました。
 もちろん、ガチな対戦ではありません。ニューカマーである不知火舞を『おかず』にしたエリョナ対戦です!
 午後10時過ぎに対戦ルームを設置し、原因不明のフリーズ現象でゲームが強制終了した午前0時近くまで、シングル戦とタッグ戦を存分に楽しみました。
 一週間の疲れがピークに達する週末の平日にも関わらず、突然の対戦申し出を受けて下さった闇夜乃鴉氏には感謝いたします。

 今回も私が攻めキャラの操作役となり、不知火舞の他、女天狗、あやねほのか、マリー・ローズも『おかず』にしながら、バイマンやマリポーサ、ティナで関節技やら強制開脚技を掛けまくりました!
 確実に勝ち星が拾える攻めキャラ操作の担当を任せていただき、いつも勝率が稼げる役得を与えられ、闇夜乃鴉氏には申し訳なく思います……。

 試合回数が多かった事もあり、対戦内容の報告やスクリーンショットの掲載は控えますが、闇夜乃鴉氏の熱烈な女天狗愛が伺える画像を2枚ばかり貼らせていただきます。
 最大2つセットできる称号にご注目を!

不知火舞 あやね&女天狗のタッグ
(C)撮影:新京史朗/撮影協力:闇夜乃鴉/著作権:コーエーテクモゲームス

追加キャラクター「不知火舞」と「『THE KING OF FIGHTERS』コラボコス」購入!

 かつて世の男性ゲーマーを虜にした不知火舞。遂に彼女が「DOA5LR」への参戦を果たしました!
 コーエーテクモゲームスとSNKプレイモアによる夢のコラボレーションの賜物です!
 追加キャラクターの配信開始は2016年9月13日。
 SNKプレイモアとのコラボ企画による新たな追加コスチュームも同時に配信されました。今回の新コスチュームに対応しているのは全6名です。
 最新のDLC(ダウンロードコンテンツ)に関する商品詳細は下記の通り。商品内容紹介については、公式サイトダウンロードコンテンツ紹介ページで公開されている情報を参照しました。


●『THE KING OF FIGHTERS』コラボコス(全6着)
【価格】
 ・PlayStation 4
  コスチューム全セット(6着):1,400円+税
  コスチューム単品:各286円+税
 ・Xbox One
  コスチューム全セット(6着):1,400円+税
  コスチューム単品:各300円+税
 ・Steam
  コスチューム全セット(6着):1,482円+税
  コスチューム単品:単独販売なし?(単品価格未確認)

【対応キャラクター】
 かすみ(コラボ:藤堂香澄)/こころ(コラボ:藤堂香澄)/あやね(コラボ:ユリ・サカザキ)/ヒトミ(コラボ:ユリ・サカザキ)/マリー・ローズ(コラボ:四条雛子)/ほのか(コラボ:四条雛子)

【備考】
 1.こちらのコスチュームは、破壊可能なコスチュームとなっております(マリー・ローズ、ほのかを除く)
 2.Steam コスチューム破壊の機能は備わっておりませんので、予めご了承下さい
 3.別途販売しております「シーズンパス 5 / New Costume Pass 5」をご購入された方は本コンテンツを無料でダウンロードできます


●『不知火 舞』デビューコスチューム 5着セット
【価格】
 ・PlayStation 4:1,000円+税
 ・Xbox One:1,000円+税
 ・Steam:1,019円+税

【内容】
サンタコスチューム/チアガールコスチューム/ナースコスチューム/天使すぎるメイドコスチューム/うさぴょんコスチューム

【備考】
 1.別途販売しております「シーズンパス 5 / New Costume Pass 5」をご購入された方は本コンテンツを無料でダウンロードできます
 2.単品価格は、PlayStation4が286円+税,Xbox Oneが300円+税(Steamは単品販売なし?)


●「不知火 舞」使用権
【価格】
 ・PlayStation 4: 800円+税
 ・Xbox One: 800円+税
 ・Steam:834円+税
※ 別途販売しております「シーズンパス 5 / New Costume Pass 5」をご購入された方は本コンテンツを無料でダウンロードできます


●「不知火 舞」使用権+デビューコスセット
【価格】
 ・PlayStation 4: 1,600円+税
 ・Xbox One: 1,600円+税
 ・Steam:1,667円+税
※※ 別途販売しております「シーズンパス 5 / New Costume Pass 5」をご購入された方は本コンテンツを無料でダウンロードできます。

【セット内容】
 「不知火 舞」使用権/不知火 舞 サンタコスチューム/不知火 舞 チアガールコスチューム/不知火 舞 ナースコスチューム/不知火 舞 天使すぎるメイドコスチューム/不知火 舞 うさぴょんコスチューム


●『THE KING OF FIGHTERS』コラボDLC 全セット
【価格】
 ・PlayStation 4: 2,760円+税
 ・Xbox One: 2,780円+税
 ・Steam:2,867円+税

【セット内容】
 「不知火 舞」使用権/不知火 舞 サンタコスチューム/不知火 舞 チアガールコスチューム/不知火 舞 ナースコスチューム/不知火 舞 天使すぎるメイドコスチューム/不知火 舞 うさぴょんコスチューム/『THE KING OF FIGHTERS』コラボコスチューム 全6着

【備考】
 1.別途販売しております「シーズンパス 5 / New Costume Pass 5」をご購入された方は本コンテンツを無料でダウンロードできます
 2.【『THE KING OF FIGHTERS』コラボコスチューム 全6着】は、破壊可能なコスチュームとなっております。(マリー・ローズ、ほのかを除く)
 3.Steam コスチューム破壊の機能は備わっておりませんので、予めご了承下さい


 不知火舞には「DOA5LR」参戦を記念して、ミラ&ティナの名タッグによる股裂き技とバースによる股間晒しの洗礼を受けてもらいましたw
 また、新しいコスチュームを配信された六人の美少女にも破廉恥ショットのモデルになってもらったので、股裂きショットと股間晒しポーズを披露します(^-^)


DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913221025DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913222530
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913221214DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913222801
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913221431DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913222624
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913221857DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913222841
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913222021DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913222949
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913222155DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913223027
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913220615DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913222417
(C)撮影:新京史朗/著作権:コーエーテクモゲームス

DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913221047 DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913221244 DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913221456 DEAD OR ALIVE 5 Last Round_20160913221620
(C)撮影:新京史朗/著作権:コーエーテクモゲームス



【付記】
 3Dモデリングの不知火舞について、ブログ記事「DOAに参戦した不知火舞。胸が小さくなっていると話題に!?デッドオアアライブ5 アルティメット【海外の反応】」(「格ゲーブログ(仮)」2016年9月7日更新記事)で面白い意見が紹介されています!

「JKプロレス技画展」参加レポート

 マイピク・あるマン氏からお誘いがあり、中野ブロードウェイ内の画廊で開催される「JKプロレス技画展」を見てきました。
 8月26日に発売された『師走の翁×JKプロレスイラストレーションズ 技画 GIGA』(笠倉出版・発行)の原画展示会であり、10日には師走の翁氏によるサイン会も行われます。
 会期は2016年9月3日から14日。イベント会場は「墓場の画廊」(中野ブロードウェイ3階)です。

 原画展示会の前日、週末を利用して上京されるあるマン氏と東京駅八重洲中央口で合流し、そのまま地下のレストラン街で食事をした後、旅装を解いてもらうため、私が深夜勤務やイベントの際に利用するホテルへご案内し、一息ついてから夜の秋葉原へ繰り出し、午後10時過ぎまでゲームセンターや同人誌ショップを廻りました!
 出向く先が「夜の歌舞伎町」や「夜のゴールデン街」でないあたり、両者の属性がモロバレですね(^_^;

 ゲームセンター「Taito Hey!」でガラ空きの「鉄拳7」台があったので三島一美ママを使ってプレイ(「鉄拳7」のプレイ自体が数回目ですが、一美ママを使うのは初めてです!)したところ、ビギナーズラックか無事に全クリできました。
 一美ママの衣装は巫女のような袴姿だと思っていましたが、どういう構造なのか白いパンティがモロ見えするポーズを確認できたので、いずれ人気(ひとけ)のない時間を狙い、技掛けやコンボの練習用と思われる『練習モード』でドラグノフや二ーナ、またはキングを使い、一美ママのパンモロをガッツリと確認したいと思います(ただし、それを実行する勇気があるかどうか……)。
 同人誌ショップ「メロンブックス」では、店舗限定特典(B4サイズの【サソリ固め】イラストカード)目当てに『師走の翁×JKプロレスイラストレーションズ 技画 GIGA』を二冊買いました。同書は発売直後に別の店でも買っており、手持ち本は合計三冊となりましたが、あるマン氏の五冊所持に比べれば……大した数ではありません。
 ホテルへ戻った後、あるマン氏の部屋で軽い夜食をしながら雑談し、お互いに旅の疲れや仕事の疲れもあるので午前1時過ぎに解散して眠りにつきました(少なくとも、私は午前1時過ぎに本を読みながら寝オチしました)。
 
 翌日は午前9時のロビー集合となっていましたが、目覚ましをセットしながら午前8時まで寝過ごしてしまい、慌てて支度を済ませながら5分の遅刻。余裕を持って行動できない性格が情けないです(>_<)
 常連という事もあり、チェックアウト後ながらロビーで荷物を預かってもらい、二人とも軽装のまま出掛けられました。こういう時、つくづく常連の役得というものが実感できます!
 早めの行動を心掛けたので午前10時には中野へ着き、中野ブロードウェイへ通じるアーケードにあるロッテリアで朝食をする余裕があり、午前11時頃までノンビリしてから中野ブロードウェイへ向かったところ、すでに入口は開放されており、余裕を持った行動をして良かったと思いながら3階のギャラリーへ直行。
 すでに熱心なファンの方が列を作っており、あるマン氏は9番目、私は10番目に並びました。その後にも何人か我々の後ろへ並びましたが、正午のギャラリー時間までには20人程が並んだだけで、思ったよりスタートダッシュ組は少なかったように思います(師走先生のファンが初日から長蛇の列を作ると覚悟していたので)。
 列の前方に並ぶ猛者の方々はイベント慣れしているのか、長い列が通行人や近隣店舗関係者の邪魔にならないよう配慮の声掛けをしたり、あるマン氏の問い合わせへ親切に回答してくれたり、細かな配慮のできる方が多かったのは幸いでした。

 通常の開場時間より5分過ぎてギャラリーはオープンしましたが……正直、スタッフの対応がザルすぎ、ただでさえ狭い開場内は混乱状態になりました。
 グッズを買いたい人、サイン会整理券の封入された画集購入者、原画目当てのファン。それぞれが、どう並べいいのか、どういう順番になっているのか、全くわからないまま、結局は参加者が互いに譲り合う状態になっていたように思えます。
 原画購入もオープン前に並んでいた順番と言いながら割り込みを許したり、列作りの誘導が悪かったり不備だらけ。おかげで狙っていた原画が手に入らずガッカリしました(ただ、後から冷静に考えてみれば、そのおかげで「股間晒しと苦悶顔」が同時に見える技イラストの原画を購入できたので結果オーライでしたが……)。
 会場内に設置された500円ガチャ(内容は技イラストの缶バッチ)も、500円玉オンリーなのにレジで両替してくれず、両替機設置もなし。おかげで釣銭で貰った500円玉で1回しかできませんでした。
 ヤル気の感じられない原画展初日対応にガッカリしつつ20分程でギャラリーを出た後、二人で中野ブロードウェイ内のマニアショップを見て回りましたが、正直、原画展よりマニアショップ巡りの方が楽しかったです!

 秋葉原まで戻り、前日に廻れなかった中古系ショップを覗きながら、あるマン氏の希望で台湾まぜそばを食べ、サバイバルグッズショップと御徒町のブックオフへ寄ってからホテルへ戻りました。
 お互いに預けてあった荷物を受け取り、JR上野駅で別れましたが、実に楽しい2日間を過ごせました!
 仕事帰りに一人で秋葉原をブラブラする事はあっても、同志と秋葉原をブラブラする事はめったになく、今回の秋葉原は巡りはとても楽しかったです(^-^)b



【追記】あるマン氏より「サイン会当日、新しい原画販売もあるらしい」との連絡をいただき、9月10日の土曜日、頼まれていた買物がてら、改めて画廊へ行ってきました。午前10時35分に画廊前へ到着した時、すでに行列ができており、8人目として最後尾へ並びました。、午前11時に原画購入希望者は入場案内されましたが、今回はスタッフ対応も改善されており、無事に狙っていた原画を購入でき、頼まれていた買物も済ませられました。(2016年9月11日・記)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

プロフィール

新 京史朗

Author:新 京史朗
好きな技(1):バスター技
好きな技(2):股裂き関節技
好きなシチュエーション:リョナ

最新記事

カテゴリ

小説 (83)
アニメ (28)
ゲーム (28)
アメコミ (23)
フィギュア (5)
映像・写真 (14)
DOA・無双 (108)
イラスト企画 (37)
鉄拳・スト鉄 (82)
漫画・絵物語 (102)
イラスト・挿絵 (49)
映画・イベント (30)
ウルトラヒロイン (12)
MUGEN・ドット絵 (2)
オリジナルヒロイン (8)
御挨拶・お知らせ・交流 (114)
魔法少女まどか☆マギカ (59)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR